読んドコ!

体温を上げると免疫力アップ!健康づくりにおすすめの方法とは?

スポンサードリンク


コロナ禍での毎朝の日課は、家族の体温を把握すること。特に学校が始まってからは、毎日学校体温を報告しなければならなくなりました。

私も息子も平熱は36.6℃、夫は36.5℃、娘だけは35℃台でやけに平熱が低いんです。娘は日頃から「私、冷え性だから」とよく口にするのですが、体温が低いのはあんまりいいことじゃないと言われていますよね。

平熱が高い方が免疫力が高いとか、風邪をひきにくいとか、メリットも多いようなことも聞きます。体温を上げることで体にはどんな影響があるのか、体温を上げるためにはどんな方法があるのか、この機会にしっかり調べてみました。

健康な人の体温とは?

病院などの診察前に平熱を聞かれますが、まずは平熱ってどんな時の体温のことを言うのでしょうか。

人の体温は、1日のバイオリズムの中で0.5~1.0℃ほど変動しています。朝の4時~6時が最も低く、夕方16時~18時にはピークになります。このように1℃の変動があれば、平熱を聞かれた時にいつの体温のことを指して平熱というのか戸惑うことになりますよね。

平熱の正しい出し方とは、数日を掛けて起床時・午前・午後・夜の4回の体温を測ります。それぞれの時間帯での体温のことを平熱として、基準にするとよいと言われています。そのため、体温を測る時間は毎日一緒でないと比べることができません。

それでは、日本人の一般的な平熱とはどれぐらいの数値なのか見ていきましょう。

平熱の平均とは?

日本人の平均的な平熱は、36.20℃と言われています。そして、健康な人の平熱とされているのが36.5~37.1℃なので、37.0℃の体温だから発熱しているのか?と言うと平熱から判断する必要があるんです。

しかも、人によって平熱は異なります。35℃前半の人や37℃後半もいます。

感染症法によれば、37.5℃を発熱としています。例えば、平熱が35.9℃の人が37.0℃の体温であれば、発熱の始まりかもしれないので様子を見たほうがいい、と判断されます。

とはいえ、現代では平熱が低い低体温の人が増加していると言われています。実は体温と免疫細胞とは密接な関りがあります。

低体温と免疫細胞の関係

体温が上がると免疫力が上がると言われている理由は、血流が良くなることで免疫を司る白血球が活発に体を巡るためです。白血球は、血流にのって体のパトロールをして異物を駆除しています。

しかし、体温が下がると血流が悪くなり白血球のめぐりが悪くなるため、免疫力が下がると言われています。細菌やウイルスに打ち勝つことができず、病気になる可能性が増えていきます。

また、健康な人でもがん細胞が1日に5,000個ほどできることもわかっています。免疫力があり健康体であれば、白血球ががん細胞を退治してくれます。低体温だと、体の免疫システムが正常に稼働しないということなんですね。

低体温になる原因とは?

実は、50年前の人の平熱と現代の人の平熱では0.7℃ほど低下している傾向にあります。

現代人の平熱の低下の原因とは、9割がたが筋肉量の低下だと言われています。50年前よりも便利な生活となり、筋肉を使わなくてはいけない日常生活を送る必要が無くなったからなんです。

現代は、エアコンを使って1年中快適な温度で生活できる環境にあります。汗をかきにくくなって、体温調節がしにくくなっていることも関係しています。

体温を上げる方法

体温を上げて免疫力を高めるためには、筋肉量をアップさせること体を温めることが近道になります。

毎日30分歩く

大きな筋肉は下半身に集中しています。筋肉トレーニングなどのハードな運動をせずとも、無理なく効率よく筋肉量を増やすには歩くことがおすすめです。

毎日30分、通学や通勤などで歩くことを続けてみましょう。10分×3回、15分×2回でもよく、1日トータルで30分歩きます。毎日30分歩くことを3か月続ければ成果が現れると言われています。

慣れてきたら、朝にウォーキングの時間を30分設けて続けていくといいですね。

スクワットをする

下半身には大きな筋肉があり、スクワットで太ももやふくらはぎ、お尻など広範囲の筋肉を鍛えることができます。下半身の脂肪が気になる場合には、一石二鳥です。

1日1回入浴する

1日1回、生活サイクルに合わせて入浴します。10分ほど湯船につかれば体温は1℃上昇します。

朝一番に白湯を飲む

朝起きてすぐ水分を取る場合には、白湯を飲みます。白湯とは、沸騰させたお湯のことを言います。寝る前にも少し白湯を飲むと、体が温まるのでおすすめです。

まとめ

たしかに、家の娘はスポーツが嫌いです。高校時代も文化部でしたし、大学生になるまで受験勉強ですっかり体重も増加し、最近は下半身を気にしている様子です。

コロナ禍でのオンライン授業や外出自粛など、動かない生活が日常になってしまったのも一因ですが、さてどうしたものか。朝、少し歩いてみたら?とは言うのですが、面倒くささが先に立ってしまって行動にまで及びません・・・。

じゃあ、一緒にスクワットを毎日やってみようか、と提案。それなら、私の意思がしっかり硬ければ何とかなりそうです。

体温を上げて免疫力アップ!いつまでも健康でいたいですね。


スポンサードリンク




コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめカテゴリー記事

倉庫

RETURN TOP