読んドコ!

メロンの食べ頃は?おいしく食べる見分け方とは?

スポンサードリンク




みなさんはメロンはどんなイメージがありますか?

私は高級でなかなか手が出せないイメージがあります。自分で買ってくる時や、誰かに贈りたい時には、できるだけおいしいメロンを選びたいところですね。

しかし、メロンをおいしく食べることができるのはいつごろか知らない人はいると思います。今回は、メロンの食べ頃やおいしく食べるための見分け方を調べてみました。


スポンサードリンク


メロンとは



花が黄色であるメロンは、熟すと緑色になり、果実が甘くなるだけでなく、いい匂いがしてきます。しかし、メロンはいつが食べ頃か?また、どう見分ければ良いか疑問に感じる方もいると思いますので、ポイントをご紹介します

食べ頃とは?

おいしいメロンが食べられる時期は、収穫後1週間くらいたった時が一番おいしく食べることができます。しかし、メロンの収穫日まではほとんどの人が知らないのが実情です。

そのため、いつが食べ頃なのか、見分けがつくポイントは以下の通りです。

  • 香りが広がっているもの
  • つるがしなびてないもの
  • やわらかいもの

まずは、香りがあるものです。食べごろになると、つやつやと輝いているだけでなく、甘い匂いが強くなってきます。これが一つのポイントです。

メロンの皮の一部が少し輝ているだけでなく、色がメロンの奥まで入り込んだように変わってくると、メロンの香りがよりつよくなってきます。

次に頭の部分にあるつるです。つるの水分がなくなり、衰えてきた時、おいしく食べることができるサインが出てきます。見落とす確率が大きいため、メロンを買う時には、つるをよく見ることにしましょう。

最後に柔らかいものを選ぶことです。メロンの底を指で押すことによってメロンのやわらかさがわかってきます。押してやわらかい時が食べ頃なので、買う時には試してみましょう。

食べる前に行うこととは

おいしく食べるためには保存方法も大事です。おいしく食べるための保存方法は以下の通りです。

  • 寝かせる
  • 常温

まずは、寝かせることです。実や種が熟していないときに寝かしておくと、メロンの甘さが増してくると言われています。実がやわらかくなるまで待ってみましょう。

もう一つは常温で保存することです。冷やして食べるとおいしくなるので、すぐに冷蔵庫へ入れてしまいますが、保存するときには20℃から30℃の常温で、新鮮な風が通る場所に保管を行いましょう。

そして、メロンを食べる2時間前に冷蔵庫へ入れると、おいしく食べることができるでしょう。

余った時には

余った時は、タッパーに入れることが大事です。食べきれず余った時に、ラップで包んで冷蔵庫に入れる人もいると思います。これは、メロンには腐らすことができるガスを発生させているため、時間がたった時に溶けてしまうことがあります。

そのため、どうしても食べきれないときは、カットしてタッパーに入れましょう。メロンをカットしてから2から3日程度はおいしく食べることができます。もしたくさんある時には、ジュースなどにして早めに飲んでしまいましょう。

また、メロンは冷凍保存ができます。冷凍すると、2週間くらいは保存ができるでしょう。

おいしく食べるには



メロンは、生で食べるとおいしいですが、変わった食べ方もあります。

  • ケーキのトッピング
  • ゼリーにする
  • シャーベットにする

もし、ゼリーにしたい場合、メロン(半分)と砂糖(小さじ4杯)、ゼラチン(2袋)、カルピスウォーター(100CC)があればできます。

  1. 小さめのボウルにゼラチンと水(大さじ1杯)を入れる
  2. メロンは鍋に移して細かく砕く
  3. 砂糖とカルピスウォーターを入れ、火にかけ、泡だて器やさえばしで混ぜる
  4. 沸騰直前になったら火を止め、1を加えて混ぜる
  5. カップに移し、冷蔵庫で2時間ほど冷やし固める

以上で出来上がります。

また、シャーベットにしたい場合、メロン(500グラム)、砂糖(大さじ2杯)、牛乳(100CC)、ミキサー、フリーザーパックがあればできます。

  1. 冷凍カットメロンをミキサーで少しずつ潰す
  2. 砂糖と牛乳を入れてミキサーにかける
  3. フリーザーパックに入れる
  4. 再び冷凍保存する

以上のような食べ方もあるので試してみましょう。

終わりに

  • メロンは収穫1週間後が食べ頃である
  • 食べる前は常温で置いておく
  • 余った時にはタッパーに入れる

メロンは、最新の注意をすることでおいしく食べることができる果物だということがわかりました。私も注意してみようと思います。


スポンサードリンク




あわせて読みたい

おすすめカテゴリー記事

倉庫

RETURN TOP