読んドコ!

主婦の美容!節約ポイントはココ♪

スポンサードリンク


数日前から、いつものまあまあ高い乳液を遠慮しながら使っています。というのも、もうすぐ乳液が終わりそうなんです。気に入って使っていたのですが、今月は美容院にも行ったので、できるだけ節約したいところです。

主婦は結婚したんだし、モテるためにそんなに美容に力を入れなくても、そこそこ小ぎれいにしていればとりあえずいいと思われがちでしょうが、主婦だっていつまでもきれいでいたいですよね。

周りの主婦の友達だって、みんなきれいにしていて私も負けられない、と思ってしまいます。だからと言って、美容代に多くのお金はかけられません

世の主婦は美容代をどうやって節約しているのか、この機会に調べてみましたよ。


スポンサードリンク



美容代の優先順位を決める

美意識って、人によって違います。他人にはわからないこだわりもあったりしますよね。これだけはお金を多く払っても仕方がないという美容代以外は、節約するようにします。

恐らく、多くの人が自分でできないのでプロにお任せするのが、ヘアカットです。また、髪形で大体のおしゃれが決まると言っても過言ではないほど、決定打のある部分です。

また、スキンケアも必要最低限の化粧品は使いたいですよね。普段あまりメイクをしない主婦でも、基本的なケアはしておいた方がいいです。今はよくても、年齢を重ねるうちに悩みとなって表れる場合もありますよ。

私の場合、あまり爪に対しての美意識が高くないのですが、人によってはネイル代やまつげパーマ代、エステ代などなど、美容を極めればかかる費用はたくさんあるものですが、節約を心に決めたならネイルやヘアカラーなど自分でできるものは、セルフケアしてみましょう。

美容院代で節約するコツ

美容代の中でも、特に費用がかかるのが美容院代ですが、なるべく節約するには髪型にも工夫すると効果が大なんですよ。

実はショートカットやボブは、ヘアスタイルをキープするのが難しいので2ヵ月に1度ぐらいは美容院に行かなければなりません。美容代を節約できておしゃれもできるのが、黒髪ストレートのセミロングです。

長さは鎖骨ぐらいで、顔周りにレイヤーが入っていた方がおしゃれに見えます。面白みのないスタンダードヘアスタイルですが、侮るなかれ、です。というのも、このまま半年切らずにいても胸上ぐらいの長さで、決して収拾のつかないような髪形にはなりません。

また、アレンジしやすい長さで、髪をまとめてスッキリさせたりヘアアイロンで巻くことで華やかにもできます。パーマやヘアカラーをしないことで、ヘアケアの悩みも減りますね。

スキンケアはプチプラで悩みに合ったものを

化粧品は、高いものを使わずともシンプルなスキンケアで十分です。ドラッグストアなどで半販売されているスキンケア商品も、成分などが充実しています。

年齢によって肌の状態も変わってきます。若い頃には油分の多いものは肌に合わなかったけれど、年齢を重ねると乳液では間に合わずクリームなどがしっくりくる場合もあります。

シンプルなニベアなどでも十分、という人も知人に居るので、案外値段に関係なく試してみると自分に合っていることを発見できるかもしれませんね。

まとめ

髪や肌の状態をキープするには、体の内側からケアすることも必要です。美容代を節約して美しさを保つのは、生活や栄養の土台があるからこそなんです。是非、今までの生活でこんなことを見直してみましょう。

  • 睡眠を十分にとる
  • バランスの良い食事を心がける
  • 適度な運動をする

以上の3点、とっても基本的なことに思えますよね。健康的な生活を送ることは、美容にもいいことなんです。内面にも目を向けて、節約に励むと尚いいですよね。

私の場合は、白髪が気になる年頃なので美容院でのケアは欠かせません。だったら、スキンケアを見なおしてみようと思います。今までの化粧品にこだわりを捨てて、安くても質の良いものを探してみようと思います。


スポンサードリンク




あわせて読みたい

おすすめカテゴリー記事

倉庫

RETURN TOP