読んドコ!

整体の効果の持続性とは?通院のペースの目安はどれぐらい?

スポンサードリンク


少し前から、肩こりを我慢しながら生活していたのですが、やっぱりもう限界です。身体はいつまでたってもだるいし、頭痛もしてくる始末。もう何かが全部おかしいんじゃないかってぐらい辛くなってきました。




人に聞けば、整体で施術してもらうと体の痛みが取れていいと言われますが、ごくたまに、マッサージに行って体をほぐしてもらったことはあっても、実は生まれてこの方、整体に行ったことがありません。

このタイミングで整体に行ってみるのもいいかな・・・と思うようになってきているのですが、整体の効果ってどれぐらい持続性があるんでしょう?気になるので、整体に行く前に調べてみることにしました。


スポンサードリンク




整体ではどんな効果が得られる?


世の中には、様々な体のメンテナンスする方法がありますね。その中でも、整体とはどんな治療法なのかというと、体の中心を支える背骨や、上半身と下半身をつなぐ役割のある骨盤のズレや骨格を矯正し体のバランスを整えることで、不調を改善する治療法です。




骨格の歪みの矯正によって、筋肉を正しい位置に戻し血流を改善させることで、ねん挫などの腫れや痛みが早く改善することもあります。また、自覚症状の出てないズレの部分も調整することで、これから予想される不調を未然に防ぐこともできます。

マッサージのように凝っている筋肉をほぐすのではなく、整体とは骨の歪みを直して筋肉の緊張を改善していく方法なんですね。

そうやって考えると、整体は骨の位置を正しく整える根本的なものだから、1回きりの施術でもスパッと症状が改善されそうなものですが、人間の体とは実はそんな簡単なものではありません。整体でも体の直るメカニズムと併せて治療を続けていくことが完治への近道と言われているんですよ。

整体の効果は持続性があるの?


整体に行って症状がスッキリしたという人が、その後整体に通わずに良い状態を保っているのでしょうか?

実は、不調の出ている体とは長い時間をかけて歪んでいることが多いので、正しい状態に戻してもむしろ歪んでいる状態の方が脳が正しいと認識してしまっているため、また同じように歪んだ状態に戻ろうとします。

1回の整体では、全快の状態まではもっていけません。また、その効果が長く続く訳ではないので、一旦良くなった状態から元に戻ろうとする間に再び通院して施術をします。

2回目の整体は、1回目の状態からさらに良い状態に持ち上げることができます。その次の3回目は2回目よりもさらに良い状態に・・・というように段階的に健康な状態に近づけていきます。

つまり、整体は施術する回数を追うごとに少しづつ全快の状態に近付けながら、歪みの無い体にクセ付けるようにする方法になるんですね。では、具体的にどれぐらいの間隔で整体に通院するといいのか、見ていきましょうね。

整体の効果を持続させるために


整体師の方針や個人の体の状態の違いもあるので、確実にどれぐらいの間隔で施術をすれば完治できる、とは言い難い部分もあります。ただ、いち早い回復のために、体をクセづけるようにする目安とは、大体これぐらいになります。

1~3回目は3~4日間隔で


整体を初めて行ってから3回目までは、まだ歪みが戻りやすいので、短い期間に集中して治療していきます。長い間蓄積された歪みを一気に改善方向に持って行きます。この期間の目安は、大体週に2回のペースぐらいで整体に行くといいですよ。

4~6回目は週1ペースで


4回目になると、大体痛みや症状も治まってくることが多いと言われます。ここで、もう大丈夫と安心せずに、良い状態を確実なものとするために間隔を週1ぐらいあけて、根本的な改善をしていきます。

7~10回目は様子を見て2週に1回で


症状もなくなり、良い状態をさらに安定させるために、体のメンテナンスをする期間になります。状態を見ながら、2週間に1度、さらに良い状態になれば3週間に1度のペースで調整していきます。

大体10回ほど整体に通うと、健康な状態になると言われているんですよ。10回整体に通えば、大体3か月~4か月はかかりますね。その後は、治療を終了してもいいですし、月に1度のメンテナンスに通うのもいいですね。

まとめ


辛い症状を根本から直すためには、根気よく整体に通わないといけませんね。たった1回、整体で治療してもらって良くなったと感じているのは、本の束の間のことなんでしょうね。

長年蓄積された私の骨のクセをしっかり元の場所に戻してもらうには、3か月ぐらいはかかるということなんでしょう。痛みや不調がぶり返すのには、それなりに時間も必要ですね。

でも、今回調べてみて、根本的な治療をしてもらえる整体なら、通ってみてもいいかなと感じました。辛い時だけ頼るのではなく、自分の体の治癒力でしっかり健康な状態に持って行くことができれば、こんなうれしいことはありませんよね!とはありませんよね!


スポンサードリンク




あわせて読みたい

おすすめカテゴリー記事

倉庫

RETURN TOP