読んドコ!

世論調査の電話!かかってきたことありますか?

スポンサードリンク


先日、家の電話に知らない番号から
電話がかかってきたんです。

phone-295402_1280-300x293

我が家は、ナンバーディスプレイなので
相手の番号がわかります。

普段は、知らない番号だと、
出ないんだけど、その時は
なんとなく、出ちゃったんですよ。

その電話の相手は、
新聞社で、電話世論調査だったんです。

テレビや新聞では、
世論調査ってよく聞くけど
実際に、電話を受けたのは初めてです。

周りにも、そういう経験の人がいないか
ちょっと聞いてみました。


スポンサードリンク



世論調査とはどういうもの?

わたしは、40年近く生きてきた中で、
世論調査の電話がかかってきた、なんて
初めてのことです。

それまで、全然興味がなかったんですけど
電話をうけて、俄然興味が出てきました。

世論調査とは?

世論の動向を、明らかにする目的で
行われる、統計的社会調査
またはその、調査技法。

無作為に抽出された、一定数の標本に
質問をして回答を集め、統計理論
基づいた標本調査で、標本誤差を伴う。

無作為に抽出、その方法は?

最近の電話調査で多いのは、RDD方式という
コンピューターで、乱数計算をもとに、
電話番号を発生させて、かけるものです。

この方法では、電話帳に登録しているかは
関係なく、選ばれます。

RDDとはRandom Digit Dialingの略です。

RDD方式の問題点は?

固定電話のない世帯や、あっても、
在宅時間が短い場合や、電話を取る人が、
決まってるなど、偏ってしまう。

電話をかける時間帯によっても、
年齢、職業に偏りが、生じる。

朝日新聞では、電話がつながったら、
まず調査の趣旨を説明
世帯の有権者の人数を聞きます。

そこからコンピューターで、
ランダムに人選して、
対象者を選ぶそうです。

最初に電話に出た相手を、対象者に
選ぶと、主婦や高齢者の割合が多くなり
正確な調査に、ならないからです。

でも、スマホネット環境
整っている現代では、固定電話を
持っていない若い世代が、増えています。

そうすると、若い世代の割合
どうしたって、少なくなる気がします。

実際、20代くらいの、若い社員に聞くと
一人暮らしの人は、ほとんど
固定電話を持っていませんでした。

telephone-309066_1280-273x300

実際にかかってきた!例えば?

職場で、世論調査の経験がある人
探したら、意外と多くいました。

一番多いのは、内閣支持率に関する
世論調査でした。
わたしに、かかってきた電話もそうです。

質問には、番号で答えますが
選択肢が多いので、
意外に、覚えるのが大変なんです。

  • 内閣を支持しますか?(選択)
  • その理由について(選択)
  • どの政党を支持しますか?(選択)
  • 集団的自衛権について賛成しますか?(選択)

などなど、最初は2~3分で終わります、
と言われますが、質問が多いので
5分以上はかかった、という人が多かったです。

ほかに多かったのは、選挙前
世論調査でした。

選挙の直前番組で、世論調査の結果
どこの政党のどの候補者が有利、など
やってますよね。

でも電話だと、相手が見えない
なんか怪しい感じがして正直
答えられなかったよ、という人もいました。

そうなんです。
本当に、世論調査を装った詐欺と言うのが
増えてきてるんです。

こういう電話には注意!

75歳のお義母さんの話です。

ある日、NHKの世論調査です、と
電話がかかってきました。

退屈していたお義母さんは、
いい話し相手ができた、と
調査を受けたんです。

でもその内容が、年金に関するもの
年金受給日や、受給額
現在の貯金残高まで、聞かれたそうです。

お義母さんは、おかしいと思って、
途中で電話を切ったのよ、
と言っていました。

こういう電話は、振り込め詐欺グループ
つながってる場合があるので、危険です。

世論調査で、このような
個人情報を聞き出すことは
ありませんので、注意してください。

まとめ

調べてみると、新聞社の世論調査
月に1度の割合で、行われてるんですね。

そんな頻繁にやってるんだったら、
また、電話がかかってくる可能性
あるんじゃないかな?

選挙前の、世論調査の電話
かかってきた、という職場の先輩の話です。

ちょうど、仕事が忙しかったこともあって、
候補者の名前も政策も、全然理解していなくて
恥をかいたな、と思ってたら

別の新聞社から、また同じ世論調査の対象
選ばれてしまって、
2度恥をかいてしまったそうです。

わたしも先輩みたいに、恥をかかないよう
もう少しニュースを観て、政治を学ばなくちゃ。


スポンサードリンク




あわせて読みたい

おすすめカテゴリー記事

倉庫

RETURN TOP