読んドコ!

キムチと納豆と豆腐でダイエット!

スポンサードリンク


また、「ダイエット失敗した~」と
友人が嘆いています。

結構、友人は真面目に取り組んでいるのですが、
結果が現れない」と言っては、
すぐ、次のダイエット法に飛びつくようです。

ダイエットには、エクササイズで減量する方法
がありますが、

全身ヤセを目指すなら、
食事によるダイエットも効果的です。

運動するにしても太りすぎていると、
身体に負担もかかってしまいます

でも、食べ物ダイエットが上手くいかないのは、
栄養のバランスを考えていないこともあります。

一生懸命、ダイエットを頑張っちゃうほど、
結果が見えないと、諦めちゃったりする。

だから、いつもの食事に取り入れられる食材を使うのが、
いいみたいです。

それが、豆腐・納豆・キムチなんです

9e81aa928d0d21aeb7278cac1b2b0399_s-300x200


スポンサードリンク



豆腐・納豆・キムチとは?

豆腐・納豆は、
両方とも、もとは大豆ですが、

豆腐は、大豆を茹でてこしたもの(豆乳)を、
凝固剤で固めて、

切り分けて水に晒すと絹ごし豆腐
水分を抜いただけだと木綿豆腐となります。

納豆は、大豆を茹で納豆菌を混ぜて保温し、
発酵させたものです

キムチは、白菜、アミの塩辛、にんにく、
唐辛子などを混ぜ合わせ、発酵させたものとなります

なぜダイエットにいいの?

まずは、100g当たりのカロリー
比較してみました。

  • 絹ごし豆腐56kcal
  • 木綿豆腐72kcal
  • 納豆200kcal
  • キムチ46kcal

です。

タンパク質を肉類で摂ると、

  • 牛肉371kcal
  • 豚肉386kcal
  • 鶏肉200kcal

です。
これは、カロリーが高い

それに対して、

  • ご飯168kcal
  • バナナ86kcal
  • リンゴ54kcal

なので、

これらに対しては、納豆はカロリーは高めですが、
1パックは50gなので、100kcalですね!

9ff36d5a8b4d01c7f0cc06b66e6faf91_s-300x225

ダイエットするには、低カロリーだけを
考えてはならないんです。

栄養のバランスを考えて、
食物繊維、良質タンパク質
代謝を促すビタミンB群のほか、

エネルギーの循環をよくする鉄分などが
特に必要なんですよ。

食事の量を減らしていくだけでなく、
これらの栄養素を、積極的に取り入れていきましょう。

さて、豆腐・納豆・キムチを見ていくと、
なんと!

豆腐にはタンパク質・ビタミンB1などが、
納豆にはビタミンB2、Kなどが、

キムチにはビタミンA・B2・B6・C・E・Kのほか、
葉酸などが、含まれており、理想的と言えるんです。

納豆、キムチには、ダイエット中でもお腹を満たす、
食物繊維も豊富にあります。

キムチには、脂肪の燃焼を促進する、
唐辛子のカプサイシンも含まれているんです。

これだけでも、ダイエットにふさわしいと言えますね。

どうやって食べたらいいの?

急激なダイエットは、
身体に大きな負担をかけます
少しずつ、これらの食品を取り入れていきましょう。

  • 置き換えて食べる
  • できるだけ加熱しないで食べる
  • 適度な運動をする

置き換えて食べる

カロリーは抑えるよう、食事の1食分に
豆腐や納豆、キムチを摂り入れましょう。

特に夕食がおすすめで、消化の良い豆腐、
夜中に起こりやすい血栓の詰まりを防止する
ナットウキナーゼ入りの納豆は、有効です。

できるだけ加熱しないで食べる

痩せるためには、消化しなくてはなりませんね。
その消化力を上げるのが、酵素の働きなのです

もちろん、豆腐・納豆・キムチにも、
豊富に含まれています。

酵素は熱に弱いのですが、
豆腐製造工程で熱した分は、
それほどの影響とはならないようです。

しかし、豆腐を調理するときは、
さっと加熱するくらいが良さそうです。

そして、納豆菌によって作られた
ナットウキナーゼは70度で、

キムチの乳酸菌は60度で30分まで、
100度では数秒で死んでしまいます。
できるだけ、加熱せずに食べたいですね

4ff73c912143fe5a55a4bb1b29d27262_s-300x200

適度な運動をする

せっかく食事でダイエットしても、
筋肉も鍛えなくては
美しく痩せることはできませんね。

ここでも、無理せず、
なるべく歩いたり、駅では階段を上ったり、
1日の中で、プチな運動をしましょう。

代謝、免疫力も上がってきますよ。

ダイエットを続けるためには

習慣化するためには、
飽きない工夫も必要です。

  • 食事のバランスを考える
  • 組み合わせて食べる
  • 1度に食べ過ぎない

食事のバランスを考える

豆腐・納豆・キムチダイエットをしていても、
他の食品もバランスよく食べることを忘れずに。

特に、野菜・果物などは、
脂肪を分解する酵素を豊富に含んでいるので、
合わせて取りましょう

組み合わせて食べる

「豆腐とかつお節」
豆腐のタンパク質やカルシウムが
かつお節のビタミンDにより、吸収が良くなります。

「納豆と大根おろし」
納豆の栄養に、大根おろしのビタミンCと、
豊富な食物繊維が加わり

ダイエットにはぴったりです。

「キムチと納豆」
キムチの乳酸菌が、納豆菌をエサして、
さらに乳酸菌の善玉菌を増やし、腸の環境を良くします。

1度に食べ過ぎない

長続きさせるためには、
「おいしい」と思うくらいで、
少しずつ摂っていきましょう。

しかも、食べ過ぎると、栄養バランスが崩れ、
逆に体調を崩してしまいます

1日1食分か、あるいは、
1食の中での1品を置き換えるかで
献立を考えたほうが良いですね。

6f712b7643c866676996763cdc4fb5f6_s-300x225

まとめ

「ダイエットして痩せよう」と頑張りすぎると
身体も、精神的にも、少し辛いですね。

まず、「痩せやすい身体を作ろう」、
「太らない身体にしよう」と、

体質を変えていくことが
ダイエットを長続きさせるコツかもしれませんね。


スポンサードリンク




あわせて読みたい

おすすめカテゴリー記事

倉庫

RETURN TOP