読んドコ!

テニスのルールや得点とは?初心者が調べてみました!

スポンサードリンク


友達とマリオテニスをしていて、
友達のボールが、私のコートに入ってしまいました。

すると、点数に15と出てきて、
「フィフティーン!」と英語が聞こえました。

なんで1回しか入ってないのに、
そんなに点数が入るんでしょう。



友達に聞いてみると「15点が一気に
入ったんじゃなくて、1ポイント入ったん
だよ。」と教えてくれました。

私はバドミントンをやっていたので
0点をラブということ
知っていたのですが

テニスのルールがわからなくて
得点のことも詳しくありません。

そこでテニスのルールや得点
ついて調べてみました。


スポンサードリンク



テニスの得点について



テニスでは、ポイントを取り、ゲームを取って
セットを取ってマッチを取るという
得点の取り方をします。

試合に勝つためには様々な得点を
取る必要
がありますが、それぞれ何を
表しているのかわかりませんよね。

そこでそれぞれの得点について紹介します。

ポイント



ポイントとは、ボールが相手コートに入って
返球されなければ
1ポイント入り、
同ポイント並んだ時にオールといい、

3ポイントオールになった時は
デュースといいます。

また、ポイント毎の数え方は、
0は0(ラブ)、1は15(フィフティーン)
2は30(サーティ)、40は(フォーティ)

となるのです。

なぜ一度に15入るかは、
1ゲームを時計に見立てたと
いう説があり、60分で1時間となります。

昔は時計を置いて得点を表示
していたと言われているのです。

欧米の2分の1、4分の1という概念
から60分を4分割して

15、30、45、60と4ポイント取ると
得点掲示板に1と表示される
という得点方法になりました。

でも45ではなく、40が使われています。

それは、45よりも40の方が
言いやすかったためという説や
省略して40と言われるようになった

という説もあります。

ゲーム



テニスの公式試合では、4ポイント
入ると1ゲーム
ということになります。

デュースになると2ポイント以上の差
つくまで試合を続けます。

そしてデュースの状態で同じ点を取ると
アドバンテージになり、さらに1点取ると
1ゲームを獲得できるのです。

アドバンテージがない場合は、
先に1ポイント取った方
1ゲームを獲得できます。

セット

2ゲーム以上の差をつけて6ゲーム
先取すると1セットを獲得できるのです。

ただし試合が長くなることを防ぐ
ためにゲームカウント6−6になると
タイブレイクとなります。

タイブレイクの場合、基本的にはどちらかが
7点先に取るとゲーム終了です。

もしお互いに6点ずつ取ると、
その後、連続して2点以上取って2点差がつけば
ゲーム終了となります。

3セットマッチなら2セット、5セットマッチ
なら3セットなど、その場合は、
決められたセットを先に取った方の勝ちです。

規模の大きい大会では男子は5セットマッチ、
女子は3セットマッチとなります。
アマチュアの大会は、1セットマッチです。

何点取ればいいのか?



4点取ると1ゲームが獲得できることが
わかりましたね。そして6ゲーム
取ると1セット
獲得できます。

いったい何点取れば良いのでしょうか。
それはセット数を何セット取ったかで
勝敗が決まります。

デュースの状態がないとして
1セットマッチなら24点、

3セットマッチなら2セット先取で
48点、5セットマッチなら3セット
先取で72点となるのです。

5セットマッチだと結構な運動量に
なりますね。プロの選手が試合している
のを見ると驚きです。

ポイントになる例

点数のことがわかったことで
次はポイントとなる方法を
紹介します。

プレーする時は、お互いのボールを
打ち合ってどちらかが相手コートに
ボールを返せなくなるまで
行うのです。

相手のコート範囲内に自分の打った
ボールが入らないと相手にポイントが
入ってしまいます。

ポイントになる例は、球が
相手のコートに入って
相手が打ち返せない場合です。

コールをしようと思っても英語ばかりで
覚えられないですよね。

そんな時は、時計の12時を0として
15分ごとに進めるとテニスでのポイント
になります。0、15、30、45そして0に戻ります。

ただしテニスのポイントは45ではなく
40なので注意しましょう。

まとめ

テニスのルールや得点について
少しわかりました。

得点の数え方が時計のように
していたのは驚きです。

確かにフィフティの方が言いやすいですね。
テレビで試合を見ていると

5セットマッチの時はすごくハードだな
と思います。1セットでも接戦だとかなりの
体力を使いますがその倍は大変です。



アドバンテージになった時に
ハラハラしますよね。

今度テレビでテニスの試合を
見る時にテニスのルールを確認
したいと思います。


スポンサードリンク




あわせて読みたい

おすすめカテゴリー記事

倉庫

RETURN TOP