読んドコ!

中古車の注意点とは?購入前に確認すること3つ!

スポンサードリンク


今乗っているコンパクトカーが走行中にガラガラと音が鳴るようになって、高速道路を走るのも不安に感じるようになりました。オイルの減りも早くなってきているので、近いうちに新しい車を見つけないと、と思っています。

とはいえ、新車を買う金銭的な余裕はないので、安くて程度の良い中古車があったらいいな、と思っています。私自身、車に対する大きなこだわりもなく、問題なく走行できれば満足できる方だと思います。

でも、中古車だと一旦は他人が乗って使用したものなのだし、何か理由があって手放したということなんですよね。以前、知り合いが中古の外国車を買ったものの不具合が多くて何度も修理に出している、と聞いたことがあるので、注意が必要なのかなと感じています。

中古車を購入する時にはどんなことに注意すればいいのでしょう。注意点を詳しく調べてみました。

中古車のメリットとデメリット

中古車は、新車と比べた時にメリットとデメリットがあります。中古車だからよかったと思えることと、やはり中古車は新車には様々な面で及ばないこともあるのが事実です。

中古車のメリット

とはいえ、中古車の価格は新車よりも格段に安く、車に対して大きなこだわりがないのであればメリットは大きなものになります。納期の点でも、展示の現物がある状態からの点検や名義変更などの手続きになるので、受注生産の多い新車に比べてすぐ手に入りやすいというメリットもあります。

また、生産終了など現行モデルではない車種がどうしても欲しい場合には、中古車市場の中で探すようになります。新車にはない味わいのある車を手に入れることができるのも、中古車のメリットです。

中古車のデメリット

  

中古車は、年式や車種が同じでも、走行距離や前のオーナーがどんな乗り方をしていたかによっても車の状態が違ってきます。データーだけでは判断できないのは、中古車のデメリットになります。

また、新車と違って既に消耗している部分があるため、故障などの修理のリスクは新車よりも高くなります。車検時にメンテナンス項目や交換部品が増えて、維持費が高くなってしまうこともあります。

では、中古車のデメリットを最小限に抑えるべく、購入する時の注意点にはどんなものがあるのか見ていきましょう。

中古車を購入する時の注意点3つ

できるだけ良い中古車を選ぶためには、中古車の状態をよく確認することが大事になります。中古車の購入は、多方面から見て納得できたものの方が後悔が少なくて済みます。

中古車のどんな所を見ていくと失敗しないのか、購入前の注意点を紹介していきますね。

修復歴車や事故車は避ける

中古車を購入する時には、以前に修復した箇所のある車は避けた方がいいと言われています。というのも、車の骨格部分に修復歴があると、車体に歪みが残るため直進性能やブレーキ性能などに影響が及ぶ恐れが出てきます。

見た目はきれいに修理してあるためリスクが実感しにくく、修復歴なしの中古車よりも価格もかなり安くなるため、中古車の購入して実際に乗っていくうちに、不具合が生じて修理代がかかってしまう事例もあります。

中古車を販売する時には、以前に修復した箇所の情報を記すよう義務付けられています。中古車を探す時には、初めから修復歴車は除外しておくことが望ましいです。

また、水没車も水にさらされたことで、後々電気系統に障害が出てくる恐れがあります。海岸沿いで使用され潮風による塩害車や雪国での積雪による雪害車も、錆が出ていることもあるので避けた方がいいですよ。

中古車のデータをチェックする

中古車の情報はしっかり確認しておきましょう。需要なのは以下の4つです。

  • 走行距離
  • 走行距離が長ければ、価格も安くなる傾向です。中古車では10万kmが寿命と言われていますが、修復歴のない車であれば15万kmでも問題なく走る車がほとんどです。

    価格は重視せず、なるべく新しい状態がいいなら~7万kmの中古車、価格重視かつ問題なく走行できるなら~12万kmの目安になります。

  • 年式
  • 車のフルモデルチェンジがおこなわれるのは、大体5~7年おきの傾向にあります。デザインが現在に近いものが欲しいのであれば、6年落ちまでの中古車がいいですよ。

    価格重視であれば、~12年落ちなら問題なく走行できることが多くなりますが、走行距離と併せて考えてみるのが得策ですよ。

  • 車検
  • 中古車の販売では、車検が切れた状態のものもあります。

    納期までに車検をおこない、車検整備代が含まれた価格として販売しているものや、納期までに車検は行うが車両本体価格の他に車検整備代を別途請求される場合、車検は自分でおこない価格が本体のみの場合もあります。

    車検の手間などを考えると、車検付きの中古車がおすすめになります。

  • 保証
  • 新車よりも修理の可能性の高い中古車こそ、保証はあった方がいいです。保証のある中古車は、販売店も中古車の品質に自信を持っていることの表れとも言えます。

中古車を実際に見て試乗してみる

中古車を購入する前には、試乗してみましょう。見た目はきれいでも、乗り心地はわかりません。

エンジンがすんなりかからない場合は、後々エンジントラブルになる可能性もあるので避けた方がいいです。また、排気ガスが黒い、ボンネットを開けてみて異音がしないかどうか、確認してみます。

まとめ

中古車は、見た目では判断してはいけませんね。いくらきれいな外見でも、走行距離や年式、修理歴などのデータと併せて車検はついているのかどうかも確認しておかないといけませんね。

中古車に関しては、価格が安いのに越したことはない、という考えは止めておいた方が良さそうです。私の場合、車は安全に走行できることが第一なので、しっかりデータや状態を確認してみようと思います。


スポンサードリンク




コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめカテゴリー記事

倉庫

RETURN TOP