読んドコ!

バドミントンのラケット!グリップの巻き方でカスタマイズ♪

スポンサードリンク


友人に誘われて、前からちょっと気になってた
バドミントンのサークルに参加し始めました。

badminton-166415_640-300x199

やればれるほど、上達したくなるんです。
次の練習が待ち遠しいほど、ハマっています。

以前までは借り物だったラケットも、
ついに、お気に入りを見つけて購入!

だけど、ここのところ、気になっていることが。

汗をかくと、ラケットのグリップが、手の平で
スルッと滑ることが、よくあるんです。

マイラケットを、もっと使いやすくするために、
グリップテープを巻くといい、とのこと。

バドミントンが上達したいなら、ラケットも
絶対に一工夫するべき!

私が完全マスターした、グリップテープ術!
簡単に、自分でできる巻き方を紹介しますね♪


スポンサードリンク



グリップテープでカスタマイズ!

バドミントンのラケットは、買った時は
黒いグリップテープが貼ってありますよね。

rackets-423614_640-300x225

グリップの部分は、自分の使いやすいように、
テープで、太さや感触を変えることができます。

特に、汗でグリップが滑るのは、プレーの
大敵ですよね。

汗対策や、握りの良さを向上させるために、
グリップテープを使う目的、とも言えます。

グリップテープには、いくつか種類があります。
自分に合ったものを選ぶことが必要です。

グリップテープの種類

  • ウェットグリップテープ
    手にキュッと吸い付くようなフィット感が
    あるので、グッと握りやすいです。

    ウェットと言っても、吸汗性もありますよ。
  • 穴あきグリップテープ
    ウェットグリップに穴あき加工をしたもの。

    通気性がアップするので、さらに吸汗性も
    いいですよ。
  • 凸凹グリップテープ
    テープのセンターに、が入っています。

    握った時に、引っ掛かりができ、安定感
    ありますよ。

    しかし、筋の凹凸があることでグリップが
    太くなるので、握りやすさも要確認です。
  • ドライグリップテープ
    サラサラとした使い心地で、手にたくさん
    かく人にオススメです。

    元々、汗のかかない人にとっては、サラサラ
    仇となり、抜けやすいことも。
  • タオルグリップテープ
    タオル地なので、汗っかきにはもってこい。

    他のテープよりも消耗が早いので、
    取り替え期間のタイミングも早いです。

 

数あるテープの中から、自分好みのものを
見つけて、グリップに巻き付けます。

では、テープはどのような巻き方をすると
うまくいくのでしょうか?

グリップテープの巻き方

  1. まず、ラケットは上下逆さまにします。
  2. グリップテープを巻き始めるのは、ラケットの
    一番下の部分からになります。

    グリップテープには、両面テープが付いて
    いるので、フィルムをはがしておきます。
  3. 巻き初めの1週目は、ラケットの一番下の部分
    合わせて巻きます。
  4. 2週目からは、テープの向きが斜め下方向
    なるように、引っ張りながら巻いていきます。

    目安としては、30度ぐらいの角度の斜を
    つけて巻きます。
  5. テープを5mmほど重ねながら、下へ下へと
    巻いていきます。

    右利きの場合は、ラケットを逆さにして、
    右下がり(反時計回り)に巻きます。

    左利きの人は、反対の左下がり(時計回り)
    になります。
  6. グリップの一番上まで巻き終えたら、テープを
    斜めに切り落とします。
  7. 最後に、付属のエンドテープでぐるっと1周
    巻いて完了です。

もっとわかりやすい説明は、下の動画で
ご覧くださいね。

動画を見れば、意外に簡単にできそうですよね。
実際に私もやってみて、うまく巻けました!

次の動画は、テニスのラケットでやっていますが、
基本的なことは、同じです。

もっと、スマートにやってますよね。
お店の人は、手慣れているので上手ですね。

初めてやってみても、要領がわかればスイスイ
巻けるものですよ。

まとめ

私の場合、ウェットグリップテープを
巻きました。

2255334-223x300

ちょっと派手かな、と思いつつも、大好きな
ピンクのテープにしてみましたよ。

グリップテープを巻いてから、しっかりと
握ることができるようになりました。

恐らく、これから何回かテープを巻くうちに、
もっとしっくりとくるグリップになるのでは?
と思っています。

とは言え、自分でテープを巻いたピンクのラケット、
愛着が沸いてます♪

もっともっと、バドミントンを楽しみたいですね!


スポンサードリンク




あわせて読みたい

おすすめカテゴリー記事

倉庫

RETURN TOP