読んドコ!

コラーゲンの経口摂取は効果なし!?そのワケとは?

スポンサードリンク


肌のツヤやキメ、
たるみ、しわなどの肌トラブル
女性の誰もが、気になると思います。

それらの問題を、解決するために
注目されているのが、コラーゲン

サプリメントやドリンクなどで
摂取しているという人も多いはず。

a0001_017605

しかし…
経口摂取(口から食べる)の効果
あまりないと言われています。

それは、なぜでしょうか?

今回は、経口摂取の効果はないと
言われているワケを、
紹介していきたいと思います。



スポンサードリンク



コラーゲンとは?

まず、コラーゲンとは、どういうものか
紹介していきます。

コラーゲンとは、たんぱく質の一種です。
身体のあらゆる組織に存在しており、
それらの細胞をつなぎとめる働きをしています。

さらに、コラーゲンには、さまざまな役割があります。

皮膚のコラーゲンは、肌をみずみずしく保ち、
トラブルを起こしにくくします。

軟骨のコラーゲンは、クッションの役割をして、
関節の負担を減らしています。

血管のコラーゲン
血管を柔らかく保ってくれます。

臓器にあるコラーゲンは、
臓器がうまく働くよう役立っています。

このことから、コラーゲン
生きていくのに必要なものだと分かります。

しかし、コラーゲン加齢とともに
減ってきてしまいます。

そのために、摂取したいとと思います。
摂取するならサプリメントやゼリーで
簡単に取りたいですよね!

でも…
効果がないと言われています。

経口摂取の効果がないと言われているワケとは?

では、なぜ効果がないと言われるのでしょうか。
ここでは、そのワケを説明します。

先程も言いましたが、コラーゲンはタンパク質です。
タンパク質は消化によって
アミノ酸分解されて吸収されます。

アミノ酸というのは、タンパク質を作るもので、
アミノ酸が集まって、タンパク質になります。

つまり、コラーゲンアミノ酸にまで
分解されてから体内へ入ります。

したがって、口から食べたコラーゲンが
そのまま吸収されることはないのです。

分かりやすく言うと…
コラーゲン自体は大きすぎて、
分解しないと体内に入らないのです。

このことから、
効果がないと言われています。

a0002_007586

コラーゲンを摂取するには?

では、何か、他の方法が
あるのでしょうか?

それは、コラーゲン入りの化粧水などを
肌に塗る方法です。

最近の研究では、コラーゲンを塗ることで、
肌のコラーゲン増やしやすくしているという
報告もあります。

そして、保湿効果もあるため、
肌に良いと考えられています。

サプリメントより、
価格があがりますが、
利用してもいいかもしれません。

a0002_008691

コラーゲンを減らさないためには?

今まで、コラーゲンを摂取することについて、
述べてきました。

ここでは、視点を変えて
コラーゲンを維持させる方法
紹介していきます。

まず、紫外線対策です。

コラーゲン減少の要因の多くが紫外線です。
紫外線で、コラーゲンは劣化していきます。

日焼けをすると、
シミなどに悩まされますよね。

日焼け止めを塗るとか、
帽子をかぶるとか、
とても大事です。

また、バランスのよい食事も大切です。

食事バランス崩れると、
栄養不足で細胞が新しいコラーゲンを作れなくなります。
すると、コラーゲンが減ってしまいます。

やはり、何事にも
食事のバランスが大切ですね!

おわりに

今回は、コラーゲンの経口摂取について、
述べてきました。

最近の研究では、
効果があるのではないかとも
言われています。

ただ、十分な根拠はありません。

また、最近では
コラーゲンを小さくした
低分子コラーゲンの商品もあり

これなら効果があるとも、
言われています。

今後の情報にも注意して
サプリメントなど利用しても
いいかもしれません。


スポンサードリンク




あわせて読みたい

おすすめカテゴリー記事

倉庫

RETURN TOP