読んドコ!

七五三!子供の着物の着付け方!男の子の場合

スポンサードリンク


姉のところの一人息子君が、
今年、七五三を迎えます。

106482-300x225

お宮参りの時に着た着物を、仕立て直して
  袴はレンタルしようと思うの。」

「いいね。写真館は予約したの?」

写真館は混むし、大人しくできないから
  うちのカメラで撮っておしまいにするわ。」

「うん、それでも良いよね。」

「ただ、写真館に頼まないとなると
  着付けをどうしようかと思って。」

「そうか、写真館だと着付けから
  全部やってくれるもんね。」

「そうなの。でやろうか、
  美容院とか、やってくれるところを
  探した方がいいのか。」

「子供なら家で出来そうじゃない?
  ちょっと調べて教えてあげるよ。」

なるべく、子供の負担を少なく
家でできるように、男の子の着付けの仕方
調べてみましょう。


スポンサードリンク



5歳の男の子の着付け

5歳の男の子の正装は、紋付羽織袴です。
男の子らしく、かっこよく着付けして
あげたいですね。

着付け方

  1. 長襦袢を着せます。
    はしっかり合わせて、
    少し短めに、上げておきましょう。
    着物を着せて、長襦袢の襟が
    1cmくらい見えるように襟を合わせます。
  2. 腰紐を絞めます。
    は、長すぎないようにくるぶし
    目安にします。
  3. 帯を絞めます。
    帯は、「手先」の長さを13cmほどとって、
    2重に巻きます。
    「手先」が上になるように、一結びして縦十文字
    します。
  4. 「垂れ」の部分を、帯幅の2倍くらいの長さで
    内側に織っていき、リボンのようにします。
  5. 「手先」を上から被せるようにして、
    さらに下から上に引きぬき、もう1度下側の
    結び目に通して、絞めます。
    残った「手先」は、帯の中に隠します。
  6. 袴を履かせます。
    袴の前紐は帯の高さと同じくらいに
    合わせて、絞めます。
    後ろの結び目の上を通って交差させて、
    前に戻って、さらに後ろに回して
    今度は結び目の下蝶々結びにします。
  7. 袴の後ろを背中に当てます。腰板に付いたへらを
    帯と背中の間に挟みます。
    袴の紐を、前側で十字に結びます。
  8. 後ろの紐を前に回し、前に結んだ紐に
    2回くぐらせて、下側の紐を紐幅の3倍
    長さに織りこんでいき、上側の紐で
    中央を2~3回巻きます。
    最後は十文字になるように、調えます。

着付け方は動画でも、確認してください。


家ではちょっと難しい、という方は
プロにやってもらう方法もあります。

着付けを頼む場合

写真館を予約していれば、着付けなど
全部やってくれて、写真も撮って、
というプランがあります。

プランは色々ありますが、
10000~30000円くらい、と
幅広くあります。

最近では、1か月前くらいに写真だけ撮って、
七五三当日は着付けをしてお参りに行く、
というふうにする人が多いそうです。

この場合、写真館で衣装のレンタルをしないと、
お参り当日の着付けは、してもらえない
可能性があります。

それ以外の方法としては、
美容院で着付けをしてもらう、などが
あります。

着付け代は5000円くらいが
相場のようです。

まとめ

106864-300x300

「何度か練習しておけば、なんとなく
  できそうな気がしてきた。」

「わたしも手伝うよ。」

着付けから全部、家でやるというのも
思い出になりそうで、良いですよね。


スポンサードリンク




あわせて読みたい

おすすめカテゴリー記事

倉庫

RETURN TOP