読んドコ!

日焼け止めのspfとpaの違い知っていますか?

スポンサードリンク


日焼け止めを買う時に
いつも思うのですが
spfとpaってなんだったけ?

夏になるたびによく特集
違いはこうで数字が大きいほうが

紫外線をカットしてくれる?
っだったですかね?って聞くけど

いざ買いに行くとあれ?どっちがどっち?
って悩んで店頭にオススメ!!って
書かれてあるものを買ったりします。

自分で調べればばっちりと
覚えられるのではと
調べてみました。




スポンサードリンク


日焼け止めのspfとpaの違い

実際spfとpaってなんですか?
聞かれても答えられる人って

そんなにいないのではと思います。
2つの意味を調べその違いをみてみましょう。

spf

Sun Protection Factor
(サン プロテクション ファクター)の略です。
紫外線防御指数とも言います。

UV-B波を防ぐ効果があり
これは紫外線を浴びた時

皮膚が赤くなるまでの時間を
何倍まで長くできるかを表したものです。

spfの数値単位は
時間で20~25分です。

例えば
spf20の場合は
20分×20=400分=6時間40分

つまり
6時間40分紫外線をカバーできる!!
というわけです。

数値が高ければ
日焼け効果も高くなります。

しかし、高ければいいわけではありません。
高ければそれだけ肌の負担も大きいのです。

 

    spfの選ぶポイント

  • 通常の家事、洗濯、近所への買い物には
    spf15~20
  • 長時間の外出、海や山、紫外線を直接浴びる場所には
    spf30以上

場合により使い分けるようにします。
お肌の負担も軽減されます。

 

pa

paとは
Protection grade of UV-Aの略語

意味はUV-A波から防御して
肌が黒くなるのを防ぐという意味です。



 

つまり、
日差しが強い時はpa値に注目です。

pa値は4段階あります。

pa+
pa++
pa+++
pa++++ です。

 

    paを選ぶポイント

  • 日差しが強い場所に行く時は
    高いものを選ぶようにしましょう。

 

spfとpa値で日焼け止めを選ぶポイント

晴天の日に長時間でかけるときや
屋外でスポーツやレジャーを楽しむ時は
pa+++~++++ spf  50

 

屋外で1~2時間過ごす時
pa++~+++ spf 20~30

 

ちょっとした買い物など
pa++ spf  20

 

場面により使い分けること
ポイントです。

しかし、1番の日焼け対策は
日焼け止めをこまめに塗り直すことです。



効果的に日焼け止めを使い
紫外線から肌を守りましょう。

 

 

まとめ

spfはUV-B波を防ぎ
お肌の赤みがでないように
紫外線をカバーしてくれるもの。

paお肌が黒くならないように
UV-A波を防御してくれるもの。

2つを組み合わせお肌から
紫外線を守ってくれているのです。

いろんな場面に合わせ
普段使いのもの
長時間、外に出る時に使うものと

分けておくとわかりやすいな
と思いました。

今後、日焼け止めを買う時は
間違いなく買えそうです。


スポンサードリンク




あわせて読みたい

おすすめカテゴリー記事

倉庫

RETURN TOP