読んドコ!

ステロイドの強さは?アンデベートの気になる点とお得な点

スポンサードリンク


アトピー皮膚炎でお困りの方は、
薬に気を使いますね。

わが家の2人の息子は、長年アトピー性皮膚炎で
悩まされてきました。

アトピー性皮膚炎の、治療薬は沢山あります。
できれば使いたくないのが、ステロイドです。

その中で、アンデベートという
薬はご存知でしょうか?

今まで処方された薬の中で、一番強い
アンデベートという薬について、調べてみました。

アンデベートは、ステロイドの中でも強い薬です。
使う際にも、注意が必要になります。

でも、アンデベートにはお得な情報も
ありました。

そんな、アンデベートについて
ご紹介します。


スポンサードリンク



アンデベートとは?

アンデベートの成分は、ベタメタゾン酪酸
エステルプロピオン酸エステルです。

効能は皮膚炎を抑え、腫れや赤みを取って、
痒みや、痛みを和らげる働きがあります。

アトピー性皮膚炎などの湿疹、
皮膚疾患に使用されています。

副作用は、短期間ではほとんどなく、
まれに、かぶれを起こすことがあります。

目の中に、大量に薬が入ると、緑内障など、
目の疾患になるおそれがあります。

長期間続けると、皮膚萎縮や皮膚が白くなる、
しわができるなど、ステロイドでの
副作用が出てくることがあります。

個人差はありますが、
にきびのようなものができたり、
うぶ毛が濃くなることもあります。

これらの症状は、治療が終われば、
副作用は少なくなってきます。

ステロイドを使用すると
肌の抵抗力は弱くなり
感染症にかかりやすくなります。

長期間使用を続けると、
極まれに、糖尿病や高血圧や骨粗鬆症の
副作用が出る可能性もあります。
09fabb27d3ac7c6748c98e20ec05f634_s-300x225

アンデベートのステロイドの中での強さは

ステロイドの強さ
5段階に分かれています。

  • 1群 最強の強さ
  • 2群 非常に強い
  • 3群 強い
  • 4群 中間の強さ
  • 5群 弱い

アンデベートの強さは

2群の非常に強い群に入ります。

アトピー性皮膚炎で使用されることが多いのは、
2群から4群なので、比較的にアンデベート
強い強さの薬になります。

普通のステロイドと違う!アンテドラッグとは?

アンデベートは、アンテドラッグです。

アンテドラッグとは、
普通のステロイド外用薬より、副作用
少なくなるように作られた外用薬のことです。

普通のステロイドは、薬を塗った皮膚から
血管の中に薬の成分が入り、
そこ副作用が出てしまいます。

アンテドラッグは、
皮膚の中に吸収されると、薬の作用は
弱くなったり無くなったりします。

そうすると、
副作用もほとんど出てこなくなります

ステロイドで、心配な副作用が
軽減できる薬の、アンテドラッグはおすすめの薬です。
2a16cc3662b9834312b74f4299540085_s-300x200

使用するときの注意点!

処方されたときの
薬の取り扱い説明書をよく読みましょう。

専門医や、薬剤師の
指示に従い使用しましょう。

指示された充分な量を塗りましょう。

副作用が心配で少量しか塗らないと、
長期間、塗らなくてはいけなくなる
可能性もあります。

使用する前後には、手を洗いましょう。

目の周りは避けるように塗ります。

どうしても塗らなくてはいけない場合は、
目の中には入らないように気を付けましょう。

大量に薬が目の中に入ってしまうと、
緑内障など目の疾患になって
しまうことがあります。

アトピー性皮膚炎の人は
肌の感染症になりやすいです

ステロイドを使用すると
悪化する感染症もあります。

とびひ、ヘルペス、水疱性膿痂疹、
水虫などの感染症には注意しましょう。

肌の状態が良くなっても、
自己判断では辞めず
専門医に相談しましょう。

薬が合わない場合も、
専門医に相談してから
辞めるようにしてください。
4fdd9caab9595b38c2789af54015dbc8_s-300x165

アンデベートは、非常に強い薬ですが、
アンテドラッグの機能がついているため、
副作用が軽減できるという、お得なところもある薬でした。

もちろん、用法用量をしっかり守って
専門医などに相談することは大事です。

ステロイドで、非常に強い薬だから、
警戒せず

アンデベートを処方されたのなら、
お医者さんの指示に従って、
落ち着いて使ってみましょう


スポンサードリンク




あわせて読みたい

おすすめカテゴリー記事

倉庫

RETURN TOP