読んドコ!

妊娠中の検診費用!無料だってホント?!

スポンサードリンク


妊娠すると、ママの体は劇的に変わりますね。

pregnancy_2963183-198x300

約10ヶ月、お腹の赤ちゃんの様子を気にしながら
過ごす生活は、大変なものです。

私は、2回の出産経験がありますが、妊娠中に受ける
検診費用って、本当に高額でした!

というのも、私の子供は、既に中学生と小学生。

当時、私の住む市では、妊娠中の検診の補助
2回のみだったんです。

先日、市役所から母子手帳をもらってきた妹から
こんなことを聞きました。

「今の妊婦健診は、かなりの補助が出るんだよ。」
それは、知らなかった!

妊娠中の検診費用、どんな補助が受けられるの?

もしかして、3人目にチャレンジ?!の場合にも
役立つ情報、しっかり調べてみましたよ♪


スポンサードリンク


妊娠中の検診とは?

本来、妊娠は病気ではないので、妊娠中の
検診費用は、健康保険を使えません。

費用は、全て自己負担になりますよ。

a0002_0030511-300x199

妊娠してから、出産するまでに受けなければ
ならない検診は、このようなものがあります。

定期的に行う基本健診は、

  • 妊娠初期~23週 4週間に1回
  • 24週~35週 2週間に1回
  • 36週~分娩 1週間に1回、行います。

また、基本健診の費用は、5,000円程になります。

この他にも、基本健診に併せて、追加的に必要な
検査も行いますよ。

基本健診5,000円程に、追加検査をプラスすると、
1回の検診費用は、1万円程になることもあります。

ちなみに、私の市での場合、妊娠中に受ける検診の
費用を合算してみると、12万円程になります。

このように、妊娠中の検診費用は、自己負担のため
とても高額になってしまうのですね。

しかし、こんなに高額では、妊娠し出産することに
ためらいを感じてしまいますよね。

少子化が進む世の中で、安心して妊娠・出産できる
社会になるよう、国が政策として打ち出したのが、
検診費用の補助なんです。

国は検診14回分を無料化に!

少子化政策の一環として、2009年、厚生労働省は
妊娠中の検診のうち、原則14回無料化しよう、
と打ち出したのです。

a0001_0149601-300x198

しかし、この無料化、全国的に実現しているのか、
といえば、地方自治体に、よりけりなんです。

どこに住んでいようが、同じだけの検診の補助が
受けられる訳ではありませんよ。

国としては、この政策のために、各地方自治体に、
検査の補助費として、約半分ほどの費用を配分して
います。

残りの半分の費用については、地方自治体が負担し
賄うようになっているのです。

ただし、地方自治体によっては、財政難の場合も
あります。

残り半分の負担をできない場合や、国からの補助を
他の事業に回さないと、財政が成り立たない場合も
あるのです。

私の住んでいる市の場合、完全に14回分が無料、
という訳ではありませんでした。

検診費用の一部を公費で負担します、とのことで
当日の検診費が、受診票で無料になる、という
訳ではなかったですよ。

住んでいる市町村によって、補助の制度が違って
くるので、各市町村役場に確認してみましょう。

市町村のホームページに記載されている場合も
あるので、チェックしてみましょうね。

まとめ

医師から、「次の検診までに母子手帳をもらって
来てくださいね。」と言われると、一安心

不安定な時期を乗り越えたんだな、と心強く
感じることでしょう。

妊娠届を市町村役場に提出し、母子手帳を受領
する際に配布されるのが、検診の補助券です。

この補助券にも、注意するべきことがあります。

  • 市外からの転入の場合、補助券の枚数が妊娠週数
    によって、少なくなる場合もある。
  • 医師の判断で、検査内容が変わる場合もあり、
    その時の検査費は、自己負担になる場合も。
  • 里帰り出産の場合、県外で使用できない場合も。

このように、イレギュラーな事があった場合には
お住まいの市町村役場に問い合わせてみましょう。

十数年前に出産した身としては、これほどに
援助してもらえる、というのは羨ましい、
の一言に尽きます。

もっと金銭的にも、安心して出産できるような、
社会になると、ありがたいですよね。

妊娠中の金銭的な不安にも、一役買ってくれる
心強い制度ですね。

本当は、出産してからの子育てが、一番大変。

そのためにも、しっかり自分の受けられる補助
について、知っておくのは、生きていくための
知恵ですよ♪


スポンサードリンク




あわせて読みたい

おすすめカテゴリー記事

倉庫

RETURN TOP