読んドコ!

雨が降るのはどんな空のとき?こんな雲なら傘を持っていこう!

スポンサードリンク


娘「ママ、今日はがあった方がいい?」

私「うーん今日は降水確率0%だから、
  いらないと思うよ。」

娘「この間もそういってたけど、
  雨が降ったじゃない?

  天気予報はあてにならないよ!」

私「あら、そうだったわね。

  降水確率0%なのに、
  どうして降ったのかしら?」

e0105047_194753-300x168

それを聞いていた祖父が、
横から口をはさみました。

祖父「ワシならを見て判断するね。

  昔、雲の研究をしたことがあるから
  雲について詳しいんだ。

  が降ってきてから慌てるより、
  雲をみて心構えをしたがほうが、
  よっぽどいいのじゃ。」

娘「雲から雨が予想できるのね。」

おじいちゃんは雲について、
解説を始めました。


スポンサードリンク



雨が降る雲はこんな雲!

空を見ていると、天気が崩れることが
予想できる雲もあります。

  • 巻層雲(けんそううん)
  • 月や太陽を薄く白いベールで覆う雲です。

    この雲が現れたら翌日から必ず、
    雨が降るといわれています。

20070427_014-300x200

  • 巻積雲(けんせきうん)
  • 白い石が並んでいるように見える雲です。

    魚のウロコのようにも見えるので、
    別名「いわし雲」もしくは、
    「ウロコ雲」と呼ばれています。

    今すぐ雨が降るわけではありませんが、
    この雲が現れた翌日は、
    天気が崩れるといわれています。

  • 高層雲
  • 綿のようなかたまりが浮かんで見える、
    雲です。

    が群がっているようにも見えることから、
    「ひつじ雲」とも呼ばれています。

    直接雨を降らす雲ではありませんが、
    この雲の層が厚くなってきたら、
    天気が崩れるきざしです。

  • 層雲
  • 雲の中では、地上の最も低いところにできる
    霧状の雲です。

    大雨になることはありませんが、
    細かい雨が降ることがあります。

  • 乱層雲
  • 空全体をどんよりと覆う黒い雲です。

    たっぷりと雨粒を含んだ雲で、
    いわゆる雨雲です。

    この雲が現れたらの用意が必要です。

20130619_001-300x200

  • 積乱雲
  • 空へ大きく縦にモクモクと広がる雲で、
    入道雲とも呼ばれています。

    この雲が真上に来たら、
    激しい雨や雷雨を伴うことがあります。

    なるべく早く室内へ避難しましょう。

降水確率ってどんな意味?

降水確率とは、対象地域を0~6時、6~12時
12~18時、18時~24時の4つの時間帯に分け、

その地域全体に1時間に1㍉以上の、
雨が降る確率のことです。

降水確率とはあくまでも確率です。

たとえば降水確率30%というのは、
その予報が100回出たら、
30回雨が降れば予報的中ということになります。

降水確率0%なのになぜ、
雨が降ることがあるのでしょうか?

降水確率の雨は、1㍉以上の雨が対象です。

霧雨や1時間に1㍉以下の雨は、
考慮されていません。

1㍉以下の雨は意外と多いので、
降水確率0%であっても、
雨が降ることがあるのです。

降水確率0%だから安心して、
布団を干してでかけたら、
雨が降ってしまって濡れてしまった

それは、実はこういう理由だからです。

まとめ

おじいちゃんの説明に、
思わず身を乗り出して
聞いていた娘。

娘「雲の説明、とてもよくわかった。

  これからは天気予報だけでなく、
  空の様子もよく見てから、
  傘を持っていくようにするわ。」

なにより雲に興味を持ったそうで、
将来は気象予報士になりたい、
とまで言いだしました。

私も外出するときは、
空を注意深く見るようにします。

降水確率の意味もよくわかったので、
たとえ降水確率0%でも、
布団を干すとき遠出はしないようにします。

f0075075_21385223-300x199


スポンサードリンク




あわせて読みたい

おすすめカテゴリー記事

倉庫

RETURN TOP