読んドコ!

朝風呂で汗を流そう!そのメリットとデメリットとは?

スポンサードリンク


深夜遅くに疲れて帰宅したとき、
お風呂に入るのが面倒と、
思ったことはありませんか?

明日、朝風呂で汗を流せばいいさと、
お風呂に入らず、そのまま
バタンキューなんていう人もいます。

もしくは、朝風呂の方が気持ちよいから、
お風呂は断然朝が良いと思っている人
がいるかもしれません。

でも朝風呂には、メリットデメリット
両方あるのをご存知でしたか?

今回は、ぜひ知っておきたい
朝風呂のメリットとデメリット、
両方をご紹介します。

ofuro-300x224


スポンサードリンク



朝風呂のメリット

  • 朝の目覚めが良い
  • 朝起きたばかりのときは、
    体全体が目覚めていません。

    お風呂に入ると、
    体温血圧が上昇します。

    皮膚も刺激を受けます。

    それによって眠気が覚めて、
    活動しやすくなります。

    さっぱりして気分も爽快になり、
    気持ちよく一日の活動が、
    はじめられます。

  • ダイエット効果
  • 朝風呂に入ることで、
    血液循環がよくなります。

    全身に血液が行きわたり、
    新陳代謝もよくなります。

    朝から代謝がよくなると、
    その後、一日中脂肪
    燃焼しやすくなります。

    朝風呂にはダイエット効果が、
    あるのです。

    朝風呂のデメリット

  • ヒートショック
  • 自律神経は交感神経と副交感神経の
    二種類あり、必要に応じて
    切り替わって動くようになっています。

    睡眠中は体がリラックスし、
    副交感神経が優位になっています。

    代謝も低下して、
    体温が低くなっています。

    体温が低い状態から、
    いきなり熱いお湯に入ると、
    血管が拡張します。

    そのため急激に血圧が上昇して、
    心臓や脳の血管に負担がかかり、
    危険な状態になることもあります。

    これをヒートショックといいます。

    朝風呂にはこんな危険な面も、
    あります。

  • 睡眠の質の低下
  • 人は熟睡するために、
    寝る前には、体温が下がる
    仕組みになっています。

    夜、お風呂に入っていったん体温を
    あげて、その後徐々に体温が下がることで、
    自然に眠くなっていきます。

    朝風呂のみで夜お風呂に入らないと、
    体温の変化があまりないので、
    質の良い睡眠が得られにくいのです。

    朝風呂を楽しむためのポイント

  • お風呂に入る前に水分補給をする
  • 朝は、長時間水分を取らなかったために
    軽い脱水状態になっています。

    朝お風呂に入って汗をかいたら、
    余計に水分が足りなくなってしまいます。

    朝お風呂に入る前には、
    必ず水分補給をしましょう。

    体温を高めてくれる、
    温かい飲み物がおすすめです。

  • お湯の温度を熱くしすぎない
  • ヒートショック防止のためには、
    お湯の温度が、
    40℃前後が最適です。

    42度以上になると、
    ヒートショックの危険性が、
    高まるので注意してください。

  • 長時間朝風呂に入らない
  • 朝風呂に入る目的は、ほとんどの人が
    目覚めをよくするためと、
    思われます。

    長時間お風呂に入っていると、
    リラックスしすぎて、
    副交感神経が優位になってきます。

    すると、眠くなってきてしまいます。

    朝風呂は5分ぐらいで、
    出るようにしましょう。

    まとめ

    朝風呂は本当に気持ちが
    いいものです。

    でもそこには危険が隠れています。

    朝風呂に入るときは、
    お湯の温度入浴時間を守り、
    安全に入浴しましょう。

    朝風呂で汗を気持ちよく流せば、
    快適な一日が始まります。

    Fotolia_74384886_Sr-660x434-300x197


スポンサードリンク




あわせて読みたい

おすすめカテゴリー記事

倉庫

RETURN TOP