読んドコ!

女性がシャウトする時の声の出し方とは?叫ぶだけじゃだめなんです

スポンサードリンク


シャウトの定義って意外と、
人それぞれであいまいです。

シャウトって直訳すると「叫ぶ」
の一語に尽きますよね。

しかし音楽関係の方の間においては
叫ぶ、というよりテクニックが必要な
数ある発声方法の1つなのです。


特にパンクハードロック、またはアニソン
かっこよく歌いたいシンガー達にとっては憧れですよね。

この発声、やたらと叫ぶと喉を必ず傷めるという
ちょっとやっかいなヤツらしく…

特に男性に比べて声帯が細く短い女性にとっては
中々ハードルが高いのです。

つねづねシャウトって?わかったようでわからない、
と思っていたのでちょっと調べてみました


スポンサードリンク



そもそも発声方法とは?

発声については喉の構造や性別、という
先天的なものと、トレーニングなどによる
後天的なものが影響します。

021716-300x225

ある日カラオケで叫んでみたら、
コツをつかんじゃったっていう人もいれば、
試行錯誤しても中々ピンとこないっていう人も。

シャウトに似た発声はデスボイス、グロウル
などと言い、それぞれ微妙に発声方法が異なります。

いろいろと発声の種類があるなかでも、
シャウト出し方のイメージがつかみにくい第1位かもしれません。

声帯を閉じたり開いたりすることにより
高い声、低い声、ミックス、ビブラートなど
自在に使い分けられるようにするのが発声方法です。

素人が自分で考えたやり方は、
それこそ無限にありますが、

やはりここはプロのやり方をできるだけ学び
喉を守りながら発声法を身に着けたいものです。

女性はシャウトできないの?

特に女性は相対的にシャウト出しにくい
人が多いようです。

声帯が男性に比べて細く短いためで
比較的、声が響かせにくいのが理由の1つです。

喉の構造上、難しくてもあきらめたくない女子の
訓練方法としては…

基本的にシャウトする時は喉を締めて
「アー」「オー」
と母音系を出して、声を響かせる
トレーニングをします。

ただし、女性の場合、
つい高い裏声が出ちゃいます。

その時よく言われるように、
お腹の底から出すようにするのがポイントです。

響かせるのが目的なので練習する場を選びますが、
お風呂の中や、やはりカラオケでしょうか。

やたら叫ぶと必ず喉を傷めますし、のどを潰して
声が変わってしまうこともあるみたいです。

バンドのボーカリストの女性の中には
魅力的なハスキーボイスが多いですが、中々
そう思ったようにはコントロールできないでしょう。

まとめ

地道な話ですが、

        

  • とにかく腹筋を鍛える
  • 声を鍛えたあとは適度に喉を休ませる
  • 訓練は徐々に行う
  • お酒、たばこはほどほどに
  •     

そんな地道な努力こそ実は魅力的なシャウトボイス
を作る近道かもしれません。

シャウトって自分なりにイメージはしていたけど
調べてみると印象がちょっと変わりました。

奥が深くて難しそう、だけど自分も出せたらな、
とつい思ってしまいました。次にカラオケに行ったら
試しに「アー」ってやってしまいそうです。


スポンサードリンク




あわせて読みたい

おすすめカテゴリー記事

倉庫

RETURN TOP