読んドコ!

洗濯機のカビをお掃除!ハイターで簡単クリーニング!

スポンサードリンク


洗濯機のお掃除って
あまりまめにするひと
なかなかいないですよね?

418906-300x225

  • 面倒くさそう
  • 汚れなんて糸くずネット調べればいいでしょ?
  • カビなんてそうそう生えはしないよ

なんて言ってみたり

  • 洗濯機に掃除を挑むなんて徒労
  • 専用の洗剤は買っても他に使い道がない
  • 洗濯機のカビをやっつける洗剤なんてちょっと怖い

なんてひともいらっしゃるかもしれません。

月に一回、洗濯機をきれいにしてやれば
毎日のお洗濯も気持ちいいですよね?
カビの除去に専用洗剤いりません

専用の洗剤は世の中にたくさんありますが
今回は家にひとつは置いてあるものを使った
お掃除をご紹介したいと思います。



スポンサードリンク



用意するのはハイター?

今回のお掃除に付き合っていただく
相棒をご紹介します。

酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)、ハイターです。
洗濯、洗い物、掃除と家中これひとつ
あればいろいろときれいになるという代物。

433393-300x225

45Lから50Lの洗濯機で
液体なら500ml
粉末なら500g用意してください。

粉末の場合には溶かすお湯が必要です。
もし、お使いの洗濯機が小さいようでしたら
水量10Lに対して100gが目安です。

その他に用意するものは
ごみ取り用の網(百均で買えます)をひとつ
すくったカビを入れるのに使い捨ての入れ物をひとつ

あとはなんといっても洗濯槽いっぱいのお湯
これは残り湯が一番手っ取り早いです。
45度くらいに焚き直して使ってください。

残り湯をうっかり流してしまったというひとは
洗濯槽に水を7分目くらいまで入れて
そこに熱湯を注いで適温のお湯にしましょう。

お掃除前の注意点

ハイターの中には酸素系塩素系などがありますが
塩素系のハイターはこの掃除には使わないでください
強力で、洗濯槽を錆びさせてしまう危険性があります。

必ず、やさしい酸素系を使いましょう。
あとは酸素系塩素系をまぜないように!
有毒ガスが発生して大変危険です。

注意書きをよく読んでご使用ください。

お掃除をする

所要時間は6時間から8時間
作業の時間に関しては1時間くらいです。

そのことを踏まえて
お掃除するのには洗濯機をしばらく使わない時
洗濯した直後が一番いいかと思います。

1.液体、もしくは液体にしたハイターを洗濯機に入れます

粉末を使用するときは事前にお湯で溶かして
液状にしておきましょう。
液体ハイター、または溶剤を洗濯機に投入してください。

2.残り湯(お湯)を水位いっぱいまで入れます

ドラム式洗濯機の場合は風呂水給水ホースや洗濯機の
取扱説明書を確認して耐熱温度にご注意を!

ホースがない場合は手で
直接くんで入れるようになりますが
その方が案外確実かもしれません。

3.「洗い」コースで2,3回かき混ぜます

標準コースの中に「洗い」のみの設定があると思います。
それを設定してください。

洗濯機の様子を見ながら5分まわして
2回くらい繰り返してください。

4.糸くずネットを取り外しましょう

「洗い」で汚れたのをきれいにするためと
外側の槽から循環したお湯が内側の槽
十分流れ込むように糸くずネットを外します

5.一晩放置する

一晩放置します。
こうすることで洗濯槽から汚れが浮きあがります。

一夜明けたら、「洗い」で洗濯機をまわしながら
浮いてくるカビ石けんカス
できれいにすくって取り除きます。

これらが浮いてこなくなるまで「洗い」を繰り返して
排水し、「脱水」します。

排水の時洗濯槽の底にカビなどがたまっていたら
ティッシュなどできれいにふき取りましょう。

ぞうきんでもいいですが
そのぞうきんはあとあと
他の掃除に使いたくはないでしょう?

カビだらけのぞうきんなんて不潔ですから。

6.仕上げにすすぎを

きれいな水を高水位まで入れて
「洗い」「すすぎ」「脱水」
しましょう。

もしもここでまだカビがでてくるようなら
網ですくって取り除き
同じ作業を繰り返してください。

以下に紹介するのはわかりやすい動画です。
YouTubeから拾ってきました。
やり方は少し違いますが、参考までに。


さいごに

その昔、洗濯機を洗ってみて思ったことは
思っていた以上に汚いということ。

よく白いものなんかにカビがでたりしていましたが
アレは洗濯槽から来るものだったのですね
と、妙に納得してしまいました。

一人暮らしをしていた時には月に一度
二ヵ月に一度はしていましたが

実家ではドラム式の洗濯機
お湯も熱すぎるお湯だとホースが痛んでしまう
ようでしたので、今はできていません。

ああ、カビがお気に入りの服に……!
なんてことは今のところありませんが
もし、できるなら、洗濯槽のお掃除

こまめに、少なくとも二ヵ月に一度
しておいた方がもしものカビショック
受けずに済みますよ。

においも、洗剤柔軟剤のにおいを
カビ臭が邪魔しては台無しでしょう?

液体ハイター、もしくは粉末のハイター
使って、部屋のついでに洗濯機も掃除して
毎日気持ちのいいお洗濯をしてみてください。

せっかく洗うんです。
きれいになったほうが洗うママ
洗ってもらうパパお子さんも嬉しいですよね?

ぜひ、取り入れてみてください。


スポンサードリンク




あわせて読みたい

おすすめカテゴリー記事

倉庫

RETURN TOP