読んドコ!

足腰に御利益のある神社?京都で行くならココ!!

スポンサードリンク


全国には足腰に関連する神社仏閣があり、
足腰に不安のある方や病気を持っている、
たくさんの方が祈願に詣でています。

古都京都府には、
数多くある神社仏閣のなかでも

『足腰の守護神』として広く知られる
護王神社」があります。

1272k_thumb

護王神社は、京都御所西側に位置し、
烏丸通り沿いに鎮座する神社で、

和気清麻呂公和気広虫姫命
(清麻呂公の姉)をお祀りしています。

護王神社には、足腰守護のご利益を
求めて、足腰でお悩みの方のほか

スポーツ選手をはじめ年齢を問わず
全国から数多くの参拝者が詣でています。

特に、毎年行われる「京都マラソン」や
「全国高校駅伝」の時期には多くの参拝者が
訪れる、“ランナー御用達”の神社です。


スポンサードリンク



ご利益と信仰の由来

4ba121fbcb10f7064375031662f767d2_s

  • 足腰の健康・病気、けがの回復
  • 「日本後記」によると

    和気清麻呂が、怪憎道鏡が皇位を奪おうとした
    策略を暴いたことで、恨みをかい、大隅国
    (現在の鹿児島)に追放されます。

    途中、道鏡が送った刺客に襲われ、足の腱
    切られ立つこともできませんでしたが、

    そこに300頭もの猪が現れて、清麻呂公を護り、
    宇佐八幡宮に案内したという。

    神宮のお告げにしたがって、現在の小倉区
    足立山の麓の石川村(湯川町)の霊泉に入ると
    足はたちどころに治ったとされています。

    その故事にちなみ、足腰の守護神と仰がれています。

  • 厄除け・災難除け
  • 清麻呂公が、身を賭して大きな国難を退かれ
    たことに因んで、

    さまざまな災難を払いのぞく神様として信奉
    されています。

  • 亥年生まれのご守護
  • 清麻呂公がイノシシに護られた深い縁で、
    亥年生まれ
    の方には、特にご利益があると
    されています。

  • 子育て・子どもの成長のご守護
  • 清麻呂公の姉、和気広虫姫が戦乱で、身寄りを
    失った多くの子どもたちを助け、養子として
    育てました。

    そのことから、社会福祉・保育事業の鏡として、
    その道に携わる、人々から子育明神として信仰
    されています。

  • ぜんそく封じ
  • 境内にあるカリンの大木は、その実の効能から、
    ぜんそく封じのご神木とされています。

足腰のご利益

護王神社では、家内安全や商売繁盛、交通安全
など、通常の祈願もできますが、

特に足腰について厚い信仰とご利益があり、
全国から参拝者が詣でています。

  • 足腰の病気・けがが治るように
  • 足腰の病気・けがの早期回復や緩和
  • 足腰の健康・安全
  • 足腰に不安なく、より健康であるように健康安全
  • スポーツ守護
    陸上競技やサッカーなど、スポーツにおける
    足腰守護と上達必勝祈願

    6994e927b05d7f7a743b5597bd91c9c2_s

    【足萎難儀回復の碑】

    本殿に向かって右側にある
    「足萎難儀回復の碑」では、多くの参拝者が、
    足腰の病気やけがの回復を願って、

    足形の石の上にのったり、碑をさすったりして
    祈願
    します。

    【足腰祭】

    毎月21日の午後3時には、

    参列者が本殿での祈願祭の後、

    表門前の御千度車を回し、足腰の大御守のしたを
    くぐって足腰の健康安全を祈願する足腰祭
    あります。※参列自由

いのしし神社

護王神社は和気清麻呂公の難を救った
イノシシに因み、拝殿の前では神使として

狛犬ではなく雌雄一対の『狛いのしし』が
参拝者を迎えてくれます。

清めの水も「霊猪手水舎」。
水の出ているイノシシのブロンズ像は

鼻をなでると幸せが訪れる」といわれ、
参拝者に親しまれています。

1273m

いのししコレクション

境内のあちこちには全国から奉納された、
いのししコレクションが展示され、「いのしし神社
としても、親しまれています。

種類もさまざまで、日本のものだけでなく
外国のいのししグッズも多数陳列されています。

決して大きい神社ではありませんので、
逆に子ども連れでもラクにお参りすることが
できるでしょう。

ただ小さいというわけでなく、凝縮された
趣のある神社
です。

ちなみに、
明治32年(1899年)に発行された旧捨圓札には

和気清麻呂・護法神社・いのししが描かれ
この紙幣は「いのしし」とよばれたそうです。

護神札・お守り

6a1b43f5a9aae2627f7afc370c8340d3_s

◇神符守札授与所:午前9時~午後5時

護王神社の護神札・お守りは足腰のお守り
はじめ、腰の根付けお守りや足の根付けお守り
など種類も多く、

勝歩(しょうぶ)お守り、健脚お守りなどスポーツの
勝負事に御利益のありそうなお守りがあります。

京都御所西【護王神社】

〒602-8011
京都市上京区烏丸通下長者町下ル桜鶴円町385
(京都御所蛤御門前)

  • 参拝時間:午前6時~午後9時
  • 御祈祷・授与所受付時間:午前9時~午後5時
  • 最寄駅:地下鉄烏丸線 丸太町駅
  • 最寄バス停:市バス烏丸下長者町

さいごに

護王神社はサッカー選手や陸上選手をはじめ
スポーツ選手が必勝祈願に訪れる神社として
有名ですが、

数年前から、元フィギュアスケーターの
高橋大輔の聖地として女性ファンがひそかに訪れる
ようになっています。

日本男子のフィギュアを牽引してきた
高橋大輔が、右ひざを負傷のため、一時ソチ五輪
出場も危ぶまれたとき、

高橋大輔のケガの回復を祈願しに、ファンが
この神社に、回復祈願の絵馬を納めるため、
押し寄せるようになったというお話があるほど

今や日本フィギュア界の祈願スポットになりそうな
気配も漂いつつあるそうな…

a0024_000470

今回、京都の護王神社を紹介させていただきましたが、
そのほかにも全国には足腰の守護神を祀って
いる神社があります。

福岡県にある足立山妙見宮(御祖神社)

和気清麻呂公創祀に関わる全国唯一の神社で、
清麻呂公の足が治ったことから、足の神様
で知られています。

福岡に行った際は、足立山妙見宮にも立ち寄ってみると
清麻呂公ゆかりの狛いのししがお迎えしてくれます。

そのほかには

  • 亀有香取神社(東京)
  • 開運厄除け・スポーツ信仰・足腰健康の神様・
    家内安全の神様

  • 川越八幡宮(埼玉)
  • 「すもうをとった狐さん」の話で有名な神社で、
    足腰健康の神様

  • 和氣神社(岡山)
  • 氏神として和気清麻呂公と和気広虫姫命祀られている
    神社で、こちらも狛いのししが鎮座しています。

  • 宇治神社(三重)
  • 足腰の病気にご利益があるとされ、境内にある
    撫石
    を悪い足と交互に撫でて、足の回復を祈願します。

これらの神社も、ご近隣に立ち寄る機会があれば、
一度詣でてみてはいかがでしょうか?


スポンサードリンク




あわせて読みたい

おすすめカテゴリー記事

倉庫

RETURN TOP