読んドコ!

キーボードの掃除!ノートpcはコレで解決♪

スポンサードリンク


目の前にある、自分の黒のノートパソコン
黒地に目立つのは、白いホコリと汚れ。

1456478327726-256x300

パソコンしながら、お菓子食べたっけな・・・。
見るにつけ、汚いキーボード。

ため息出るのは、自分の無精のせいなのは
わかってますが、どうも細かい作業が苦手な
ものでして・・・。

とは言え、さすがに汚いので、キーボード
掃除をしてみようか、と一念発起。

ホコリまみれにしておいて、挙句の果てに
故障するってことも、あり得ますからね。

痛い目に合う前に、確かめておきたい!

ノートパソコンのキーボードをスッキリきれいに
掃除する方法を調べましたよ♪

パソコンを分解しないでできる方法!

機械音痴を自負する私にとって、パソコンの
分解など、そんな恐ろしいことはできません。

自ら、パソコンを壊すような行為は、
できるだけ避けたいものです。

よく見ると、キーボードのキーの段差
沈んで見えるホコリも結構あるものです。

これは、キーを外さないと、隙間の掃除は
できないかな、と思っていました。

しかし、実はいい方法を見つけたんです!

わざわざパソコンを分解しなくても、隙間の
ホコリまできれいになる方法はコレです♪


スポンサードリンク



身近なものでアッと今にキレイ!

まずは、キーボードの表面なぞるだけ
きれいになる方法は、コレです。

家に必ずあるアイテムで、いとも簡単
パソコンのキーボードがきれいになりますよ。

綿棒でなぞる!

私、今までは綿棒を使ってキーボードの
掃除をしていました。

綿棒の頭の太さが、キーとキーの間の
ピッタリと入るサイズなんです。

1456642455258-221x300

迷路のようになった溝を、綿棒でスーッと
なぞっていくと、面白いようにホコリが
くっ付いてきます。

溝や表面の汚れは、綿棒でなぞることで
きれいになりますよ。

さらに、突起したキーとの段差に溜まる
ホコリに対して、効果的なアイテムがコレ!

歯間ブラシを使う!

綿棒とは違って、棒の先がブラシのように
なっている歯間ブラシを使います。

キーの周りの、細い隙間にブラシの先を
差し込むように入れます。

差し込んだまま、キーの周りをグルっと
一周させます。

1456642166017-269x300

ブラシの付いたは、針金などでできていて
曲げたり、形状に変化がつけられます。

キーの形に沿って、ブラシを回転させる
ことができ、ホコリが取れやすいんです。

ブラシをキーの溝から引き出した時、かなりの
ホコリがくっ付いてきます。

溝に入ったホコリを、ブラシで掻き出すのに
もってこいのアイテムですよ♪

まとめ

実際に、2つの方法を試してみましたが、
手順を追うと、もっと効果的でしたよ。

まず先に、歯間ブラシでキーの隙間のホコリを
掻き出しておく。

その次に、綿棒を使って、キーの溝をなぞり
ホコリを回収する。

歯間ブラシ→綿棒の順番だと、ホコリが効率よく
掃除できますよ♪

綿棒で掃除をした後に、また溝にホコリを
発見した時には、歯間ブラシで簡単に取れます。

ブラシを使って、チョチョイとピンポイント
掃除できますね。

この方法なら、キーを外したり付けたり、と
面倒なこともなく、掃除ができますよ。

簡単に掃除できれば、まめにきれいを心がける
気にもなりますものね。

これで、解決!
きれいなパソコンを維持できますね♪


スポンサードリンク




あわせて読みたい

おすすめカテゴリー記事

倉庫

RETURN TOP