読んドコ!

電車料金の検索?定期代も分かる優れものはこれ!

スポンサードリンク


あなたは電車を利用しますか?

まず、みなさんに質問します!

通勤に利用したり、学校に登校するために
電車を利用しますか?

私は、毎日電車を利用しています。

同じく、毎日利用している
友人、だるくんから
こんな相談が!

「学校に行くまでの、定期の料金を
調べてから、両親に定期代を
貰うんだ。

だけど、定期代の料金を調べるのが
とてもめんどくさい!

わざわざ、窓口に行って聞くのも、
鉄道会社のHPで、
何度もクリックして調べるのも

ものすご〜く、めんどくさい!」

だるくん、こんな悩み抱えていたんですね。
だるくん、この悩み、私が解決します!


スポンサードリンク



1.アプリの特徴!

さあ、だるくん!一瞬で検索できる!
今までの悩みは解決!
便利な、アプリを3つ紹介!

①yahoo!japan乗換案内
②乗換NAVITIME
③駅すぱあと

では、だるくん、上記3つのアプリで
共通する検索機能は、なにがあるのか
みていこう!

【3つ共通する検索する際の便利機能】

     

  • 一文字打ち込んだだけで、
    候補の駅が出てきます!

    駅の名前がわからない時、
    また入力の手間
    省けちゃうので、とても便利です。

    インターネットで調べる際には、
    必ず出てくる!
     便利なことには、間違いなし!
  •  

  • 前回検索した履歴が表示される!

    前回の履歴が表示されれば、
    再度打つ手間もない!
    急いでいる時、この機能を使えば楽々!
  • 001604-e1449062617272

     

  • Myルートに追加できる!
     頻繁に使う路線を登録しておけば、
     ワンクリックで検索できちゃいます。
  • ルートを検索したら、
    メモ帳に保存ができる!

    頻繁に使わない駅等、
    事前に調べてメモ帳に保存!
    再度検索する手間が軽減

次に、個々に異なる定期代の検索機能は?

【個々で異なる定期代の検索機能】

①yahoo!japan乗換案内
 ルートを検索した後、定期代の文字の
 ボタンを一つ押すだけ!

 通勤定期や通学定期が
 1ヶ月〜6ヶ月まで、一括で見れます!

 さらに!通勤定期代はもちろん、
 通学定期の中で
 大学生用と高校生用のものが確認できます。

243817-e1449062531834

②乗換NAVITIME
 このアプリを使うと、定期代を検索するには
 別途、月額料金を払わなければなりません。

 そのため、定期代を調べたい!
 そんな、だるくんにとっては、
 あまりお勧めはしないアプリになりますね。

 しかし、ナビタイムのすごいところは、
 タクシー料金を調べられるところです。

 乗車人数ごとに表示になったり、
 また検索をかけたと同時に
 タクシーを呼べる機能もついてるんです!

 電車とは離れてしまうのですが、
 タクシー利用する方ぜひこのアプリを!

③駅すぱあと
 こちらのアプリは、定期代をルート検索後に
 ボタンを一つ押すと、楽々見れちゃいます!
 ただ、通勤定期のみの料金しかみれません。

 そのため、通学定期の料金を確認したい方は
 このアプリでは、確認ができません。

 ただ、このアプリは比較的シンプルで、
 たくさん機能が必要ではない方には、
 オススメできます。

 その他、アプリにより、たくさんの機能が
 ついているので、ダウンロードし、
 ぜひ一度、試していただければと思います。

095564-e1449062471965

2.オススメのアプリは?

私のオススメアプリは、
「yahoo!japan乗換案内」です!

他のアプリにはない機能、多く付帯していて、
さらに、全て無料になるんです!!
別途、yahoo jpan のIDが必要です

選んだ基準は、以下の通りです!

  • ルートの検索がしやすい!
  • 定期代が通勤定期・通学定期(大学・高校)
    確認することが可能!

  • 一時的に検索したルートを保存したり、
  • ラインやメールに送ることが可能!
  • また、カレンダーに登録することも!

yahoo!japan乗換案内の
アプリは圧倒的に
機能が多く見やすいのが魅力的です。

3.さいごに

だるくん、悩みは解決できたかな?

だるくんは、どのアプリが
検索しやすく、使いやすいかな?

自分にあったアプリを活用することで
電車の乗り降りも、スイスイだね!

みなさんも
ぜひ、自分にあったアプリを探し、
電車の乗り降りに役立ててみませんか?


スポンサードリンク




あわせて読みたい

おすすめカテゴリー記事

倉庫

RETURN TOP