読んドコ!

車が猫に傷つけられた!これって消すことできますか?

スポンサードリンク


傷がついていた経験ありませんか?
気が付かないうちについてたら、ショックですよね。

263965-300x225

先日、ママ友のA子が某国民的アニメの主役みたいに
走っていくのをみたんです。

私 「どうしたの?まるでサ○エさん
   みたいな顔して走ってたけど」

A子「どうもこうもないわよ!
  どこかの野良に車ひっかかれたのよ!」

私 「本当!?
   だったら、たしかに走りたくなるかも」

A子「分かってくれる?
  でも、ショック。傷つけないようにしてたのに」

私 「そうよね。
   あ、ひょっとしたら、傷は消せるかも」

A子「そんな方法あるの?
  だったら、教えてよ!」

車の傷がよっぽどショックだったみたい。
A子は私の話にすっかり興味を持ったようでした。


スポンサードリンク


車についた傷は消せるの?

車の傷は外側を覆っている『塗装』の傷になります。
この塗装の傷を消す。これは道具を使えば可能です。

318-73005

傷を消す必需品

  • 傷けしワックス
  • コンパウンド
  • この二つが傷を消す時の必需品でしょう。
    ただし、これらにはメリットだけではなく
    デメリットもあることを理解してくださいね。

    メリットとデメリット

    まずはメリットをみていきますね。

    1. 自分で傷を消すことができる。
    2. お財布に優しい(板金に依頼すると3~5万程度)。
    3. すぐに対応できる。

    次にデメリットです。

    1. 塗装が傷む。
    2. 肉体労働(特にワックス)。

    塗装が傷むというのは意外に思われるかもです。
    しかし、コンパウンドには研磨剤が入っています。

    つまり塗装を削って傷を見えなくしているんです。

    また、ワックスにもにもコンパウンド
    配合されている商品があります。
    成分表を確認しましょうね。

    傷けしワックスとコンパウンドの使い方

    まずは傷けしワックスです。

    1. クロス面がうっすら白くなるくらい取る
    2. すき間のないようにタテ・ヨコ・タテに塗りこむ

    参考になりそうな動画(メーカー)も紹介しておきますね。



    次にコンパウンド。

    1. スポンジが軽くつぶれる程度のチカラをかけながら、
      同じ方向に両手でこするように磨く。
    2. 50センチ四方を目安に磨いていく。
      キレイなタオルで拭き取って、傷の状態をチェック。

    磨いているうちにキュッキュッという音がしたら、
    傷が消えていっているサイン。

    一度に広範囲を仕上げようと欲張らないように。
    磨き残しがあると、キレイに仕上がりません。

    こちらも参考になりそうな動画(メーカー)をご紹介しておきます。



    ※自分ではなかなかできないので、
    メーカーの公式動画を参考にしました。
    ご了承ください。

    猫対策はどうしよう

    車についた傷をよく見てください。
    3本のひっかき傷ができていませんか?
    その場合は猫が犯人と思って間違いないです。

    では、ここで猫対策のことも考えてみましょう。

    akubi_cat-300x261

    猫の習性

    猫はこたつで丸くなる。
    これは童謡のワンフレーズです。
    つまり、猫は暖を取りたいんですよね。

    そんな時、
    色の濃い車(特に黒)があればどうでしょう?

    猫は暖を取ろうと車に乗ってきます。
    その時、ひっかいて傷を作っちゃうんです。

    また、猫は気に入った場所ができると
    そこに居つく習慣もあります。

    そうなると、傷がつけられ放題というのも
    わかるんじゃないでしょうか。

    猫よけって効果があるの?

    そうなると考えないといけないのが猫よけ
    ガーデニングなどでも猫に荒らされないように
    対策を考えますよね。

    その時に効果があるのが猫よけの忌避剤。

    ホームセンターなどをみると、
    1000円程度で販売されています。

    これの効果は1か月ほどなんですが、
    やってみる価値はあります。

    車のそばに置いておけば、
    猫は近寄ってこないと思います。

    ただし、こういう薬品は耐性がついてしまうのが問題。
    そのうちに忌避剤が効かない猫が出てくるかも!

    さいごに

    A子「いろいろありがとう。参考になったわ」

    私 「どういたしまして」

    A子「でも、意外だったわ。
      ワックスで保護してるって思ってたのに、
      実は削っていたなんて」

    私 「そうよね。だから、やりすぎもよくない?」

    A子「なんだけどね~
      傷がついてるの見るのもしのびないし」

    私 「やりすぎなければいいと思うわよ。
       傷が気にならない人は気にしないけど、
       気になる人には切実だもの」

    A子「そうよね。あなたの言う通りよね」

    A子はどこかすっきりした顔でそう言ってました。

    車の傷を消すことは可能です。
    でも、それは逆に車を傷めちゃうかも。
    それでも、その傷を消しますか?

    これは個人の判断に任せられる部分です。
    どのようになるか知った上で選択する。
    そんなことが大事なんじゃないかなって思いました。


    スポンサードリンク




    あわせて読みたい

    おすすめカテゴリー記事

    倉庫

    RETURN TOP