読んドコ!

エルニーニョ現象って何?原因は?冷夏になっちゃうの?

スポンサードリンク


先日、ママ友のA子とランチを楽しんでいた時です。
最近のニュースで話題になっている、
エルニーニョ現象のことで話が盛り上がりました。

world-map-vector-geometric-illustration_23-2147492624-300x254

A子「最近暑いと思ったら、急に涼しくなったり。
   なんだか、変なお天気が続くと思わない?」

私 「そうよね。あ、これってエルニーニョ現象
   せいらしいわね。
   なんでも、冷夏の原因にもなっているってよ」

A子「ホント!?」

私 「らしいわよ。
   この前のニュースで見た時に、
   気になったから調べてみたの」

ということで、私が調べたことをA子に説明してあげました。
その内容は以下の通りです。


スポンサードリンク



エルニーニョ現象とは

日本から見て地球の反対側の海(ペルー沖の太平洋)
の温度がいつもより高くなることです。

4~5年に一度の割合で発生する現象で、
発生すると数か月から1年ほどの期間にわたって
続くといわれています。

これが元で、世界のあちこちに
異常気象が発生してしまうんです。

A子「エルニーニョ現象って何かはわかったわ。
   でも、どうしてそんなことが起こるのよ」

私 「それってね。風が関係しているの」

A子「風? そんなもので変わるものなの?」

私 「そうよ。赤道あたりの暖かい海水が
   風に押し流されて東にくるわけ」

A子「ふむふむ」

私 「でも、それが何かの理由でやってこなかったとしたら?」

A子「えっと~
   暖かい海水がそこにあるってことは、
   そこがどんどん暑くなるってこと?」

私 「そうなの。そうやって、海水の温度が上がるってわけ」

A子「なんとなくわかったような気がする。
   風の力ってスゴイのね」

ここでA子が納得した風というのが貿易風
これは東から西へと吹く風なので、
太平洋の西側の海水温を高くすることができます。

この風が弱くなると、海水がその場から動けないので、
温度が高くなってしまうわけです。

日本の気候に与える影響って?

エルニーニョ現象の影響で冷夏になる
今年は暖冬になるでしょう
ニュースではそんなことを言っています。

A子「今年の梅雨ってなんだか長かったわよね。
   それに、なんだか冬もあったかかった気がする」

私 「そうね。
   でも、これもエルニーニョ現象の影響なの」

A子「ホント?
   でも、どうしてそうなるのよ~」

私 「だって、エルニーニョ現象が発生した時は、
   気圧配置が安定しないのよ」

A子「気圧配置?」

私 「お天気お姉さんが言ってるじゃない」

A子「あ、西高東低とか太平洋高気圧とかいうやつ?」

私 「それそれ。
   エルニーニョ現象が発生した時は、
   太平洋高気圧の勢力が弱かったり
   西高東低の気圧配置が安定しないのよ」

A子「そういえばニュースで聞いたわ。
   太平洋高気圧の勢力が弱いから
   梅雨明けが遅くなっているって」

エルニーニョ現象が発生するといろいろな影響が出ます。
上でA子と話していたように梅雨明けが遅い
ということは、雨が増えることで太陽が出る時間が少ない

必然的に気温が下がってきます
おまけに日照不足
冷夏といわれる現象は
これらのことが複合して発生します。

反対に、冬は気圧配置が安定しないために
寒い空気が入ってこない
そのために、暖冬になる傾向が強いです。

とはいえ、これらの気象の変化はあくまでも傾向。
気象の変化は様々なので、
一概にいうことはできないようです。

生活に与える影響って?

冷夏になった時の一番の心配って
野菜などの値上がり

A子もそのことをとっても気にしていました。

salad-374173_1280-300x199

A子「ねえ、いろいろ教えてもらったんだけど
   冷夏になったらお野菜って採れるの?」

私 「日照不足になるんだし、厳しいんじゃないかな?」

A子「だったら、値上がりしちゃうじゃない!
   おかずが一品減っちゃうかもしれないじゃない~」

私 「そうよね~
   なんとか値上がりしないでほしいけど……」

A子「あ、値上がりだけじゃないわよね。
   案外、夏物なんかのバーゲンが早くなるかな?
   狙ってたの、あるのよね~」

A子との話はこんな感じで終わりました。
たしかに、冷夏だと夏物のバーゲン、早いかな?

でも、このところエルニーニョに限らず、
異常気象といわれるものが多くなっています。
これって、地球が悲鳴を上げてるんじゃないかな?
なんてこと思っちゃうんですよね。


スポンサードリンク




あわせて読みたい

おすすめカテゴリー記事

倉庫

RETURN TOP