読んドコ!

社会人の男性が看護学校に入るには!?

スポンサードリンク


昔は看護師と言えば、「女性」
というイメージでしたが、

現在では、多くの病院で、男性
看護師が活躍しています。

私の地元の男性の友人も、
その中の一人です。

その男性は、数年前から看護師に
なりたいと思っていたそうで、
去年、看護学校に入学しました。

今では、立派な看護師です。


スポンサードリンク



看護学校について

社会人が、看護学校に入学するには、

看護専門学校 
看護短期大学
看護大学
准看護学校

のいずれかに、入学しなければ
いけません。

9460f1236d09db42e5dcb3f3d853dc7e_s-300x225

それぞれの期間と、おおよその学費は、
下記の通りです。

看護専門学校:3年    
    公立:60万    
    私立:250万

看護短期大学:3年
    公立:250万   
    私立:400万

看護大学:4年
  公立:250万
  私立:400万

准看護学校:2年、100~200万
   
最も早く看護師になるには、
准看護学校に2年通い、准看護師
資格を取るのが一番早いです。

しかし、給与や、条件などを見ると、
やはり正看護師とは、格差があります。

仕事内容は、ほとんど同じですが、
准看護師から正看護師に「指示」や、
「指導」などは、はできません。


「昇格」など、キャリアップも、
正看護師に比べると、とても
難しいのです。

男性は、どうせやるなら、と
「正看護師」の資格を取りました。

家族がある男性の場合、仕事を辞めて
看護学校に入学するのは、
厳しい人もいると思います。

そういう人の為に、医療機関で働き
ながら、看護師の勉強できる、
昼間定時制」の学校もあります。

夜間学校もありますが、
夜間では、正看護師になる為の
学校は、現在はありません。

准看護師なら、数は少ないですが、
入学できるところはあるようです。

試験について

社会人が、看護学校に入学するには、
大きく分けて、

一般入試
社会人入試

の二つがあります。

一般入試とは、現役の学生に交じって
学科や、小論文、面接などを受ける、
試験です。

社会人入試は、主に、
面接と、小論文の試験です。

社会人入試に関しては、人間性重視で
考える所が、多い
ようです。

入試の時期ですが、一般入試は、
1~2月くらいで、

社会人入試は、少し早い、
11~12月にあるようです。

社会人入試の枠で、で入学するのは、
簡単ではありません。

倍率10倍などは、決して
珍しくないのです。

何名合格などという、公表も、
一切ありません。

それに、すべての看護学校に、
社会人入試がある訳でも、
ありません。

なので、一般入試で入学する
人の方が多い
のが、現実です。

社会人だと、しばらく学業から
離れている方がほとんどです。

なので、医療系の予備校などで、
情報を集めるとよいかもしれません。

3480aafe9950417a051775c973327a34_s-300x200

まとめ

社会人の男性で、看護学校に通う人は、
決して少なくありません。

30代~40代の方も、たくさんいます。

私の男性の友人も、一般入試で、
専門学校に通い、正看護師の資格を
取りました。

今ではバリバリ病院で、働いています。

奨学金
を貰って、行くこともできますし、
看護師になりたいと、思っているなら、
是非、チャレンジしてみて欲しいと思います。


スポンサードリンク




あわせて読みたい

おすすめカテゴリー記事

倉庫

RETURN TOP