読んドコ!

スポーツ大会の優勝者へ贈ろう!喜ばれる記念品5選

スポンサードリンク


先日、勤務先の社内会議で、「秋のスポーツ大会」を実施することが決まりました。社員はもちろん全員参加。なんでもメタボ対策が目的の、健康管理の一環なのだそうです。

種目は、誰でも気軽にできるという理由で、ボーリングに決定。そしてなんと、今回このスポーツ大会の幹事を、ウチの部署がやることになってしまったのです。

そうなると、会場の選定や、メンバーの割り振りなど、仕事の合間にやることが増えてしまい、社員はブーブーです。張り切っているのは、部長一人だけ。なぜなら部長は大学時代、ボーリング部だったからなのです。

私には、大会の記念品選びの役が回ってきました。優勝チームに贈る物を、予算内でセレクトしなければなりません。


スポンサードリンク



オススメ記念品5選

「頑張って、いいモノ選んでよ」と、張り切っている割には、準備作業をすべて私たちに丸投げする部長。どうやら自分は、自身のための準備作業(トレーニング)に専念するようです。

賞金が一番いいんじゃないんですか? プロのスポーツ大会とかもそうですよね?」と、面倒くささのあまり、そう水を向けてみましたが、あっさり却下されました。

「違うんだよ。お金じゃダメなんだよ。優勝した!っていう、実感と思い出が必要なの。スポーツって、そういうもんなんだよ。わかる?」

残念ながら体育会系ではないので、今イチ実感はわきませんが、ふーん、そういうものなのかな、となんとなく納得。そこで、もうちょっと真剣になって、品物選びにチャレンジしてみることにしました。

一点物

まずは、優勝者、あるいは優勝チーム全体へ贈る記念品として、一点物をセレクトしてみました。実感を伴うものなら、やはりここはオーソドックスな品がベストでしょう。

  • トロフィー、カップ
  • スポーツ大会といえば、やはりこれでしょう。スタンダードなものなら、サイズにもよりますが、だいたい2,000円~15,000円内で調達でき、予算に合わせて幅広く選べます。

    また最近人気なのが、クリスタルタイプ。価格は5,000円~20,000円と、やや高めですが、オブジェのようにお洒落で、インテリア用品としても違和感がなく、オススメです。

  • 表彰楯
  • トロフィーやカップに比べると、やや安価で、1,500円~10,000円内で調達できます。種類もオーソドックスな木製から、アクリル製クリスタル製などがあり、サイズもさまざま。

    また、フォトフレーム付きのものもあり、当日撮影した記念写真と一緒に贈ると、思い出の品として、ひときわ喜ばれるかもしれません。

メンバー全員へ

ゴルフテニスなどの個人競技なら一点物でもいいのですが、団体競技となると、チームに一品だけではちょっと寂しいですよね。できればメンバー全員に、記念品を贈呈したいところです。

  • メダル
  • 本格的なスポーツ大会なら、メダルは定番です。金銀メッキなどのおなじみの品なら、5cmほどのミニサイズで1個700円~1,000円程度、7cmほどのミドルサイズでも、1,500円~2,000円程度で揃えることができます。

    トロフィーと同じく、クリスタル製もありますが、ミドルサイズ2,500円~10,000円前後と、全員に贈呈するには、こちらはちょっと価格がお高めかもしれません。

  • キーホルダー、チャーム
  • 実用性をかねるなら、キーホルダーバッグチャームオススメです。価格も500円~3,000円と、リーズナブル。ただ発注個数が最低でも10個から、というケースが多いので、注文の際は注意が必要です。

    安価なアクリルものから、メタリック、高価なレザー製など、種類もさまざまで、デザインも豊富です。

  • タオル
  • 実用性をかねた上に、多少趣味に合わなくても無難に使ってもらえる品です。価格は、単色で、フェイスタオルかマフラータオルなら、1,000円~3,000円程度です。こちらも発注は、最低でも10枚単位

    単色で文字だけの印刷が一番安く、フルカラーやオリジナルデザインを入れたものだと、やや高くなります。また一部分の印刷か全面印刷かによっても価格が異なりますので、事前に見積を取って比較してみるといいかもしれません。

おわりに

以上のリサーチの結果、わが社では、優勝チームにクリスタルトロフィー、メンバーにはキーホルダーを贈呈することになりました。

会場も押さえたし、メンバーの割り振りも完了し、さあ、後は当日を待つだけ。私たちもやれやれ…と思っていた矢先…。

「まだ一番大事なことが残っとる。きみたちのボーリングのスキルアップをせんと!」

ええっ!マジですか? みんなあいまいに笑ってごまかしてみようとしたのですが、部長の目は笑っていません。どうやらホンキらしいのです。

ということで、有志参加で、仕事終わりに一日だけ、練習日を設けられてしまいました。参加したのは部長と、事前準備を割り振られた立場上、欠席できなかった同僚Sと私のたった三人

「たった三人かよ~。だからみんなメタボになるんだよ~」と、自身のメタボ体型は棚に上げ、ひたすら嘆く部長。そりゃあ、みんな疲れてるんだから、来ませんよ…。

でもこれが意外に楽しかったのです。さすがに大学時代ボーリング部だっただけあって、部長の指導は適切で、運動音痴の私でも、そこそこサマになったような感じなのです。気のせいかもしれませんが…。

なんだか、スポーツ大会当日がちょっと楽しみになってきました。


スポンサードリンク




あわせて読みたい

おすすめカテゴリー記事

倉庫

RETURN TOP