読んドコ!

犬と猫が仲良しに暮らせる方法とは?

スポンサードリンク


動物好きの友達は犬と猫を一緒に飼っています。

犬と猫が一緒でも大丈夫なのか聞くと
「仲良しで兄弟みたいな関係だよ」と
言っていたのです。



犬と猫を一緒に飼うのは大変だと思いますが
賑やかになりますね。
違う動物でも仲良くいられるのは不思議です。

犬と猫が仲良しでいられるためには
どうすればいいのでしょうか。

犬と猫を一緒に飼う時に必要なものなどを
調べてみました。


スポンサードリンク


犬と猫が仲良く暮らす方法

犬と猫は仲が悪いイメージがありますよね。
一緒に住むとなると喧嘩しないかなとか
心配になると思います。

犬と猫が一緒に暮らせる環境は、
お互いが無視し合える関係」である事です。

その理由は、生活レベルが異なるからだと
言われています。

犬と猫は習性や行動が違うので
無理に共調させてしまうとお互いが
警戒心を持ってしまうのでストレスが溜まるのです。

犬と猫が一緒に住んで仲良くするために
飼い主さんはどうすればいいのでしょうか。

一緒に住む前にする事とは

犬と猫が一緒に住むためには、
住む前に犬と猫の習性
理解する必要があります。

犬は、警戒心が強いので縄張りを守り、
走るものを追いかけるのが好きです。

群れ生活の名残から家族の中で
リーダーを決めたり、穴を掘ったり
物をかじる事があります。

猫は、孤独を好み、綺麗好きなので
自分の体や居場所を汚しません。

夜行性なので日中は寝ていて
夜は、活発です。
動く物を捕まえようとします。

犬や猫を飼う時に必要なものとは



犬と猫を飼う時に揃えなければ
ならないもの
がありますよね。

それぞれに必要なもの
揃えなければなりません。

犬は、サークルや屋根付きのハウス、
トイレ、専用の食器、首輪やハーネス、リード
フード類、おもちゃなどです。

猫は、キャットタワー、トイレ、爪とぎ
フード類、首輪や迷子札、
猫じゃらしなどのおもちゃなどです。

迎え入れる順番と年齢

犬や猫を迎え入れるとき年齢や順番によって
同居がうまくいくか変わります。

一番成功しやすいのは、犬は3ヶ月齢まで
猫は2ヶ月齢までの「社会化期」に
一緒に飼うことをおすすめします。

犬も猫も子どもなのでこれから社会のことを
身につけていく段階です。

一緒にいる事が当たり前になり
遊び相手として仲良くするでしょう。

成犬と子猫の場合



次に成功しやすいのは、
成犬が先に住んでいることです。

犬は群れを大切にしているので
新しい家族の子猫の面倒を見てくれます。

しかし、犬の性格によって子猫が危ない
思いをすることもあるのです。

好奇心旺盛な子猫が犬に近づいて
犬に噛み殺されたということがありました。
なので犬のしつけはしっかりしておきましょう。

また、はじめのうちは、
部屋を分けておくことをお勧めします。

成猫と子犬の場合



成猫は家の中を自分の縄張りだと思っています。
そこに新たに子犬が入ってくると
威嚇をして近づけさせないようにするのです。

猫にとってストレスになっていますし、
子犬は体が小さくて威嚇することができません。

その場合は、しばらく犬には
我慢してもらう必要がありますね。

そして何事も猫を優先し、家の中では
猫よりも順位が下であることを
犬に理解してもらうのです。

時間が経つにつれてお互いの距離感がつかめて
威嚇することもなくなると思います。

成犬と成猫の場合



両方とも大人の場合、
相性が合うかで決まります。

不用意に近づけてしまうと喧嘩をしたり
怪我をしてしまう恐れがあります。
なので慎重に近づけるようにしましょう。

大怪我や失明を避けるために
猫の爪は必ず切るようにしましょう。

犬と猫が暮らしやすくするためには?

犬と猫が一緒に暮らすにあたって
お互いが暮らしやすい方がいいですよね。

そのためには、猫のトイレに屋根をつけないこと
猫の餌やりは高いところでする。
犬をきちんとしつけるです。

猫のトイレに屋根がつけない方がいい理由は、
犬が来た時に猫がトイレの中でも
逃げられるようにするためです。

屋根が付いていると逃げ道がなくなり
閉じ込められてしまいます。

猫の餌やりは高いところで行う理由は、
猫が餌を食べている時に
犬がウロウロしていると食べられないからです。

餌は落ち着いて食べたいですよね。
その場合は、キッチン台やテーブルの上だと
犬が登ってこれないので安心できます。

また、犬が吠えたり走り回ったりすると
猫が不安になり攻撃的になるのです。

犬が吠え走ったり吠えたりするのは
体力が余っているからなので
散歩に連れて行ったりしましょう。

たくさん遊んで疲れたら
家でもおとなしくしているはずです。

まとめ

犬と猫が仲良しで居られる方法を調べてみると
お互いに過ごしやすい環境を作ることが
必要なことがわかりました。

犬も猫もそれぞれ習性があるので
理解することが大切です。

犬も猫も可愛いですよね。
子犬と子猫の時に一緒に飼うと
いいと言われていますね。

犬は大きくても子猫を守ったり
面倒を見てくれるので安心です。
優しいですね。

一緒に住むなら仲良しでいてもらいたいです。


スポンサードリンク




あわせて読みたい

おすすめカテゴリー記事

倉庫

RETURN TOP