読んドコ!

フレンチトーストのカロリーって高いの?太らない食べ方いろいろ

スポンサードリンク


先日、友人と、
喫茶店に行った時のことです。

デザートに大好物の、
フレンチトーストを頼んだところ、

ダイエット中でしょ?太るよ」
と友人の厳しいお言葉。

うう…そうなのでした。

実は目前に迫った健康診断のために、
少しでも体重を減らそうと、
いまジタバタしている最中なのです。

でも、ちょっとぐらい、いいじゃない。
フレンチトーストなら、
そんなに、カロリー高くないし…

「はあ?なに言ってんの?
めちゃめちゃカロリー高いよ!」

えっ?そ…そうなの?

脂質糖質、たっぷりあると思うよ。
卵に牛乳に砂糖でしょ。
それにバター使ってるし」

そう言われてみれば、そうかも…
って、いまさら気付くなんて、
自分、遅すぎ。

そうとは知らず、休日のおやつに、
いつもフレンチトーストを作っていた、
自分、ダメすぎ。

でもでも、このダイエットが終わるまで、
大好物を口にすることができないなんて、
そんなのツラすぎます!

そんなにフレンチトーストは、
カロリーが高いのでしょうか?
いったいどのくらい?

気になりだすと止まらない。
そんなわけで、ちょっと調べてみました。


スポンサードリンク



フレンチトーストのカロリー

フレンチトーストは、
牛乳と卵、砂糖などを混ぜ合わせた液に、
パンをしばらく浸し、焼いたものです。

これを基本レシピの原料をもとに、
カロリー計算してみると…

食パン1枚66g(174kcal)
バター7g(52kcal)
牛乳52g(35kcal)
たまご1/2個25g(40kcal)
さとう5g(19kcal)
計320 kcal

う~ん…。
普段カロリー計算なんかしないので、
これが高いのか低いのか、ようわかりません。

そこで他の一般的なデザートメニューと、
比べてみると…

ショートケーキ(366kcal)
チーズケーキ(315kcal)
パンケーキ1枚(320kcal)

こうやって見ると、フレンチトーストは、
普通のデザート並みのカロリーですね。
友人の言ったことは間違いなかったようです。

しかもこれは基本レシピですから、
トッピングしたときのカロリーを、
プラスして考えてみると…

メープルシロップ20g(51kcal)
ホイップクリーム20g(84kcal)

これにフルーツを添えたり、
アイスクリームを乗せたりすると、
カロリーは果てしなく上昇することに…。

まあ…太りますよね。
やはりダイエット中のフレンチトーストは、
ご法度なのでしょうか?

フレンチトーストを食事として活用

そこで、ひとつ、
考えを変えてみることにしました。

要するに、フレンチトーストを、
デザートとして考えず、
主食として考えればいいのでは?

そう、つまりモーニングやランチに当てれば、
ダイエット中でもフレンチトーストを、
食べることができるはず。

だいいち、フレンチトーストは、
卵、牛乳を使っているので、
栄養価が高いし、腹持ちもいいし。

たとえば、
梅干しのおにぎり2個のカロリーは、
約346kcal

フレンチトースト1枚と、
そんなにカロリーは、変わりません。

そこで原材料をなるべく、
低カロリーの食材にしてみれば、
もっとカロリーを抑えられるはず。

たとえば一番カロリーの高い食パンを、
低糖質のブランパンに変えると、
約90kcal減らすことができます。

さらに砂糖を、
カロリーゼロのパルスイートにすれば、
約19kcalカット。

これだけでも、211kcalまで、
カロリーを落とすことができるわけです。

これはにわかに、
ダイエットに、希望が出てきましたよ(笑)

また、フレンチトーストを食事にする場合、
砂糖の代わりに、胡椒やカレー粉などで、
食事風にアレンジすることもできます。

そのうえにスライスチーズや、
ベーコンをトッピングすると、
もう立派なお食事メニューのできあがり。

スライスチーズ1枚は61kcal、
ベーコン1枚は101kcal、

足しても約380kcalです。

一般的なサバの塩焼き定食で、
カロリーは約520kcalなので、

フレンチトーストはむしろ、
ダイエット中の強い味方!と、
言えるかもしれませんね。

おわりに

そんなわけで、フレンチトーストを、
いろいろアレンジして、ランチに当て、
なんとかダイエットを乗り切りました。

体重もめでたく2kg減量。
健康診断も無事終了。
やれやれです。

後日、友人に、
この件を報告したところ

「そんなことしてる時間があったら、
運動すればいいんじゃね?」
と辛辣なひとこと。

うう…返す言葉なし。

でも、フレンチトーストの、
いろんな食べ方を知ることができて、
結構、収穫あり、なダイエットでした。

今度は自己流メニューにも、
挑戦してみたいと思っていますが、
さて、うまく行きますか。


スポンサードリンク




あわせて読みたい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめカテゴリー記事

倉庫

RETURN TOP