読んドコ!

婚約者の仕事が忙しい!幸せな結婚生活を送る5つの心構えとは?

スポンサードリンク


私の婚約者は、仕事の忙しい人です。

平日も夜1時近くに帰り、朝7時には出勤、
土日も両日、半日は必ず出勤しています。

結婚式の打ち合わせも、新居探しも、
私が全てを担っていて、とても辛かったです 。

私も、彼の仕事が大事なのは理解しています

でも、これから定年まで、ずっとこれが続き、
毎日ろくに話もできないのでは?

この先私も働きたい、でも家事も育児も
ちゃんとしたい、私一人では難しい…

そう思うと、結婚しない方がいいのかも
とすら思うのです。

a0002_005733-300x199

そんな私も、仕事第一の父と結婚生活を共にして来た
母に相談し、このマリッジブルーから脱しました

同じような理由で、マリッジブルーを抱える方に、
ぜひ知って欲しい!

さよならマリッジブルー、結婚生活も上手くいく、
5つの心構え
を紹介します。


スポンサードリンク



仕事が忙しい夫でも結婚生活が上手くいく5つの心構え

仕事が忙しい婚約者だと、今だけでなく、
これからの生活を考えると、憂鬱にもなりますよね。

そんなあなたに、今必要な、5つの心構えがあります。

結婚にはある程度、覚悟が必要

勢いに任せるのではなく、気持ちにきちんと
整理をつけた状態で、結婚に向かいましょう。

1.結婚しなければ一緒にいられない

母にそう言われて、ハッとしました。

少しでも一緒にいる時間をとるために、
結婚することを、決めたはず。

彼以外の人でもいいなら、結婚をやめればいい。

自分の仕事を大事にするところも、全て含めて、
私にとって、彼は大切な存在です。

少しの時間でも、一緒にいることを、
幸せに思える
はず、なのです。

寂しいときもあるけど、お互いを大切に
思う気持ち
があれば、大丈夫です。

2.少ない時間でもコミュニケーションをとる努力を

仕事が忙しい彼と、結婚後も良い関係を築くには、
少ない時間でいかに、コミュニケーションをとるか

すれ違いは夫婦仲に、亀裂を生じさせかねません。

母は、子ども達との日々の出来事を、
交換日記に書いて、父に知らせていたことを、
今になって、教えてくれました。

どうして、お父さんはあまり家にいないのに、
私のことを、たくさん知っているんだろうと、
子どもながら、不思議でした。

母のそういう毎日の努力が、夫婦や家族を
つないでいたのです。

3.家族の生活を守る方法を考える

結婚する意味があるのか、悩んでいた私に、
「結婚すると、彼を支えることができるよ。」
と、母は言います。

専業主婦の母は、それが何よりの幸せだったと。

そうしたいけれど、仕事をしながらの子育ては、
至難の業
です。

もし、私が結婚後も働き続けるなら、保育園や
母の手を借りなければ、難しいこと。

結婚前に、お互いの働き方、家事や育児の分担など、
どのように家族を守っていくか、話し合いが必要

これは、大事な話なので、面と向かって
話し合う
のが、良さそうです。

4.独りで我慢しないこと

相手が、仕事を大切にすることも尊重したい、
と思いつつも、我慢するのは辛いです。

やはり寂しいし、あれこれと要望があるのは
当然のことで、相手に理解して欲しい部分もあります。

それは、わがままなのではないのです。

今、結婚を迷うのも、愛がないのではなく、
きちんと、先を見据える能力があるからです。

我慢して爆発する前に、リスク回避のための、
対策を錬ることは、大事なことです。

5.楽しみを見つける

仕事が忙しい相手を持つと、自分1人の時間を
持て余す
もの。

育児をしていたら、1人の時間は滅多にないですが、
仕事をしていても、1人の時間はたくさんあります

1人で家にいても、苦痛ではない人はいいですが、
私のように、寂しいと感じる人は多いです。

そういう人は、習い事や、友人と食事など、
自分の時間の使い方を、工夫する必要がありそう。

我慢が爆発する前に、こういうことも対策に
なりますよね。

旅行など家を空ける場合や、習い事でお金が必要な
場合もあるので、相手にも理解を得た上で
自分の時間を楽しめると、良いですよね。

まとめ

私は、婚約者の彼と一緒にいたい気持ちが、
はっきりしていることが、確認できました。

e898ea8fac58b96f64c0c0e18554063b_s-300x200

そして、結婚に迷いがあるのは、我慢していることを、
彼に理解して欲しいと思っているのに、話せないから

仕事よりも、私を優先して欲しいのではなく、
ただ気持ちを、知っておいて欲しいだけなのです。

そのことに気づけただけでも、大収穫でした。

そこで、私は、仕事の忙しい彼に、予め「アポイント」
をとって
、時間を設けてもらいました。

今寂しい気持ちがあること、今後も仕事もしたいが、
家族になっていくのに、家事も育児をすべて自分が
担うのは辛いこと、少しでも一緒にいたいことなど。

たくさん伝え、彼も静かに聞いてくれました。

そして、彼も、できる家事はすること、子どもや
私との時間は、大事にしたいと話してくれました。

結婚生活を送る上でも、 こういう話をすることが
いかに大事か
、感じさせられた時間でした。

仕事の忙しい、婚約者との結婚生活を、
不安に感じるあなた!

自分の気持ちに気づき、婚約者とゆっくり
話し合う時間
を、持ってみてはどうでしょう?

きっと、結婚生活が待ち遠しくなりますよ♪


スポンサードリンク




あわせて読みたい

おすすめカテゴリー記事

倉庫

RETURN TOP