読んドコ!

ウミガメの産卵時期はいつ?徳島に行ってみよう!

スポンサードリンク


徳島県の南のほう、
海が美しい
美波町というところに、

世界でも珍しい
うみがめ博物館があるのを
ご存知ですか?

『日和佐うみがめ博物館カレッタ』
http://caretta-hiwasa.com/index.html

ウミガメがたくさん
暮らしています。

カレッタの展示は、
ウミガメに特化してますが、

海の生き物が好きな子供たちなら、
十分、楽しめます。
なかなか充実してますよ!

どうして、ウミガメオンリー
施設があるのかな?と思っていたら、

徳島県には、
ウミガメが産卵に来る
海岸
があるんだとか!

そうだったんだ~。

ところで、ウミガメの産卵って、
いつ頃
なんでしょう?

観察できるものなの?
気になりますよね!

ウミガメのこと、
いろいろ調べてみましたよ!


スポンサードリンク


徳島県にウミガメが来るの?

実は、カレッタを知るまで、
お恥ずかしながら
まったく知らなかったんですが

徳島県には、ウミガメ
産卵にやってくる海岸
いくつもあるんだそうなんです!

砂の質や地形、気候、エサなど、

ウミガメが産卵しやすい
環境
が整ってるんだとか。

昔に比べれば、だいぶ
減ってしまったそうなんですが……。

美波町の大浜海岸というところは、
昔からウミガメが上陸する場所で、

1967年(昭和42年)には、ここに来る
ウミガメと、産卵地としての海岸
国の天然記念物に指定されています。

美波町は、2009年~2010年には、
NHKの朝ドラ『ウェルかめ』
舞台にもなりました。

大浜海岸のほかにも、
蒲生田海岸、小島の浜といった
海岸でも、

ウミガメの産卵が
確認されてます。

もちろん、地質や地形などの
条件が揃ってるということも
あるんでしょうが、

まわりに、街の灯りがあると、
月の光と区別がつかず、
海に帰れなくなってしまったり、

ゴミが落ちてると
食べ物と間違って飲みこんで
しまったり
するんだそうです。

温暖な砂浜なら
どこでもいい、ってわけじゃない。

徳島の砂浜は、自然が豊かで静かで、
ウミガメにとって
安心できる場所なんでしょう。

徳島に来るウミガメってどんなカメ?

ウミガメは、世界に8種類
(7種類に分けることもあり)
いるんだそうです。

  • アカウミガメ
  • アオウミガメ
  • クロウミガメ(アオウミガメの1種?)
  • タイマイ
  • オサガメ
  • ヒメウミガメ
  • ヒラタウミガメ
  • ケンプヒメウミガメ

徳島県に産卵にやってくるウミガメは
アカウミガメという種類。

日本の水族館にいるのは
ほとんど、アカウミガメだそうです。

頭が大きくて、ちょっと
ずんぐりした印象のカメ。

甲羅が1mくらいに、
体重は180kgくらいにまで成長する、
大型の種類。

暖かい海に生息していて、
とても長い距離を泳いで移動する
考えられています。

ウニやクラゲを食べる
らしいです。
肉食なんですね!

産卵時期は?

5月中旬から8月にかけて、
数頭~数十頭が上陸し
産卵します。

でも、上陸するカメの数は、
少なくなっているみたいです。

それに、毎日ゾロゾロ
来るわけではありません。

ウミガメはとても
警戒心の強い生き物

こと、産卵ともなると、
より神経質になるはずです。

大浜海岸の砂浜は、
時期や時間帯によって、
規制がかかることがあります。

0001

産卵の様子を
観察してみたい!という方は、

美波町の役場のサイトで
確認してみてくださいね!

うみがめ情報(美波町)
http://www.town.minami.tokushima.jp/umigame/

終わりに

アカウミガメ
絶滅危惧種に指定されて
いるんだそうです。

一方で、日本全国、様々な水族館には
たくさんのアカウミガメが飼育されていて、
元気に泳ぐ姿を見ることができます。

悠々と泳ぐ大きな姿を見てると、
気持ちがゆったりしてきます。

産卵の様子を観察するのは、
難しいかもしれませんが……。

ウミガメに選ばれた場所とは
どんなところなのか

徳島の砂浜、
訪れてみたいです!


スポンサードリンク




あわせて読みたい

おすすめカテゴリー記事

倉庫

RETURN TOP