読んドコ!

漫画家が顔出しをしないのはこんな理由があった?

スポンサードリンク


「花より男子」の漫画を友達から借りて
面白くて何巻も読んでしまいました。

この漫画は誰が書いているのかなと
漫画の表紙や最後を見ると
神尾葉子」と書かれていたのです。

名前を調べてみると神尾葉子さんの
画像が出てきてこの漫画家さん
は綺麗な人だなと思いました。

漫画家さんが顔を出していない
イメージ
があったのでどんな人が
書いているのか気になります。

漫画家さんの中でも顔出しをしない
人もいるのでその理由を調べてみました。


スポンサードリンク



漫画家が顔出しをしない理由とは。

小説家は顔を出している人が多い中、
漫画家で顔を出している人は少ない
と言われています。

その理由は、漫画家は作品を表に出す
ことが仕事で自分が表に出ることは
違うのではないかと思うことや

作品のイメージを壊したくないので
顔出しをしない漫画家もいます。

また顔出してしまうとコンビニに
行けなかったり、街中で声をかけられて
困る、目立ちたくないなどもありました。

顔出しだけではなく、取材を受ける
ことも嫌がる人もいます。

顔出しをしている漫画家

顔出しをするのは嫌だという漫画家が
いる中で顔出ししている漫画家もいます。

有名な漫画家だと「ONE PIECE」の作者
である尾田栄一郎さんや

「NARUTO-ナルト-」の作者である
岸本斉史さん、「鋼の錬金術師」の作者
である荒川弘さんが挙げられますね。

そこで、それぞれの漫画や作者について
紹介したいと思います。

尾田栄一郎のプロフィール

「ONE PIECE」の作者の尾田栄一郎さんは、
1975年1月1日生まれ、熊本県熊本市出身

油絵が趣味だった父親の影響から
幼い頃から絵を描いていました。

1997年から「週刊少年ジャンプ」で
「ONE PIECE」を連載し、累計発行部数は、
3億4000万部を突破しました。

「ONE PIECE」は、海賊となった少年を
主人公にした海洋冒険ロマン

夢への冒険や仲間たちの友情などを
テーマにしています。

個性的なキャラクターや壮大な世界観、
感動エピソードなど国民の心をつかむ
ものがたくさんある少年漫画です。

岸本斉史のプロフィール

「NARUTO-ナルト-」の作者、岸本斉史さんは
1974年11月8日生まれ、岡山県勝田郡奈義町
出身です。

1996年に「カラクリ」が第132回2期
ホップ☆ステップ賞で佳作を受賞して
漫画家デビューを果たしました。

また、1999年から2014年11月まで
「NARUTO-ナルト-」が少年ジャンプに
連載されテレビアニメ化もしました。

「NARUTO-ナルト-」は体内に九尾の妖狐を
封印された忍者である主人公が里一番の
忍と言われる火影を目指して

試練を乗り越えていくという物語です。
この漫画は2014年11月、2014年50号に
掲載された699話と700話で完結しました。

荒川弘のプロフィール

「鋼の錬金術師」の作者、荒川弘さんは
1973年5月8日生まれ、北海道出身です。

デビュー前は、家業の酪農と畑仕事を
手伝っていて「ゲーメスト」内のイラストや

「コミックゲーメスト」の4コマ漫画を
描いていました。

1999年にエスニック21世紀漫画大賞
受賞し、漫画家デビューを果たしたのです。

2001年には「月刊少年ガンガン」で
「鋼の錬金術師」を初連載し、2010年に
完結ました。

「鋼の錬金術師」は、錬金術が存在する
架空の世界が舞台になっています。

錬金術を失敗した代償に左腕と
右腕を失った兄が国家錬金術師
資格を取り、

全身を失い甲冑姿になった弟とともに
肉体を取り戻すために賢者の石を探す
旅へと出かけるのです。

顔を出している少女漫画家

顔出しをしているのは少年漫画家
だけではありません。

最近話題のドラマ「東京タラレバ娘」の
原作者の東村アキコさんも顔出しをして
います。

東村アキコさんは1975年10月15日
生まれ宮城県出身です。

1999年「ぶ〜けデラックス」
NEW YEAR増刊での「フルーツこうもり」で
デビューしました。

ちなみに「東京タラレバ娘」は第6回anan
漫画大賞の大賞
に選ばれ、
2017年にはドラマ化されています。

東村アキコさんは大人の女性らしく
凛としています。着物姿がよく
似合いますね。とても綺麗です。

まとめ

有名な漫画家は顔出ししていますが
新人漫画家や女性漫画家など
顔出しをしない人もいるのですね。

私は「NANA」という漫画を持っている
のですが、その漫画家は顔出しを
していません。


女性の名前なので女性が書いているの
かなと想像しているのです。

最近は休刊しているので漫画を読んで
いませんが、新しい巻が出たら
読みたいと思います。


スポンサードリンク




あわせて読みたい

おすすめカテゴリー記事

倉庫

RETURN TOP