読んドコ!

お小遣いの相場!大学生の場合!

スポンサードリンク


大学に行くようになった弟が、
ある日両親に打診していました。

「もう少しお小遣いがほしいな」
通学の時間が長いために、
アルバイトなどしていない弟でしたので、

お小遣いの賃上げは切実
だったのかと思われます。


弟には弟の言い分。
親には親の言い分があり、親は、
「みんなのお小遣いもこれくらいでしょう?」

ふむふむ、そのいわゆる
平均相場はどこからくるのか。
気になり、調べてみることにしました。




スポンサードリンク



大学生の平均的なお小遣い額

中学生から数えて、高校、
大学と成長していく中で、
学生の中では最も自由な時間が増え、

お金への価値観が変わってくる年代ですが、

『全国大学生活協同組合連合会』
第51回学生生活実態調査の概要報告
によれば、

大学生の1カ月の生活費における
お小遣いの割合は、


実家暮らしと下宿の方とでは以下の
通りになるそうです。


<自宅生>
13年 15,370円
14年 15,200円
15年 15,040円

15年前年増額 -160円

<下宿生>
(注)上記のサイトでは、
「小遣い」の項目がありませんので、
仕送りやアルバイトなどの収入から生活費を
引いた上での、貯金・繰越を
小遣いとして換算しています。

13年 12,140円
14年 12,310円
15年 12,500円

15年前年増額 190円

お小遣いの使い道

くわえて、
大学生のお小遣いの使い道ですが。

「t-news」の
『徹底調査!
大学生は何にお金を使っているのか!?』

という記事によれば、

  1. 外食費(400人中377人)
  2. 娯楽・交際費(400人中367人)
  3. 洋服代(400人中214人)

という結果になっており。
食費や洋服代などは最低限必要としても、

外食費控えたり、
交際費を工夫するなどして


出費を減らしていくのも
ひとつの手かと思われます。


同じく上記サイトの記事では、
支出の中で節約している項目も聞いており、

  1. 外食費(300人中258人)
  2. 洋服代(300人中144人)
  3. 自炊(300人中126人)

ということで、
やはり一番節約しやすいのは
食費ということのようです。


とはいえ、
まったく交友しないわけにも
いきませんし、

なにより、外食もたまの贅沢として
楽しみたい気持もわかります。

そんな方には、少しでも収入を増やす
方法として、


ネットでのアンケート調査に答えたり、
街中でも散髪の練習台として散髪代を
無料にしてくれるところもあります。

大学では、アルバイトに関しては、
大学生活協同組合で探す方法もあります。

色々と探してみましょう。

まとめ

以下の内容を、それとなく親にも
説明してみました。

弟のお小遣いが多い少ないは
おいておいても、
「なるほど。そうなのか……」と、

特に父は興味深げでした。
あまり金額的なことまで助言してしまうと、

弟がまた賃上げに走ってしまうかも
という危惧から、上記のような
在宅でもできるネットビジネスや、

近場のアルバイトなどと紹介してあげました。
事情はさまざまあるかと思いますが、

節約できるところは節約していく、
という考え方が大切かなと思った次第です。


スポンサードリンク




あわせて読みたい

おすすめカテゴリー記事

倉庫

RETURN TOP