読んドコ!

市役所で働きたい!志望動機の例文や地元で働く方法とは?

スポンサードリンク


市役所に勤めている友達から就職活動
していた時の話を聞きました。

友達は、面接の練習をしたり、
中でも志望動機は相手に伝わるように
ずっと考えていたのです。

悩んでいた時に市役所の面接に役立つ
志望動機の例文を探して見ていました。

地元働きたいと言う理由をはっきり
書いてあるものもあったのでそれを
参考にして考えたのです。

そして見事採用され、地元の市役所の職員として
働いています。


スポンサードリンク


市役所の志望動機の例文

例文ではなぜその市町村で働きたいのかが
伝わる志望動機を書きましょう。

伝えるための方法は、3つあります。

その地域が自分の地元だから
その市が取り組んでいることに魅力を感じる
その市の特色がもっと発展するようにしたい

中でも自分が生まれ育った地元を支えたい
ということを伝えることをお勧めします。

仕事を続けていく上で想いを伝えること

市役所の仕事を続けていく上で「人の役に
立ちたい」「市民の暮らしを支えたい」と
いう想いを伝えることが大切です。

例文を紹介します。

学生時代から人の役に立てることが
したいと思い、子ども会での読み聞かせの
ボランティアに参加していました。

その時、〇〇市の職員の方と一緒に
お仕事をして地域のために
働くお姿を見て、

私も地域のために
市の職員として働きたいという
気持ちになりました。

他には

私はこの町で生まれて育ったので
この町への愛情は誰にも負けません。

○町は、観光資源が豊富なので
活性化させることで経済も豊かになることや

町の行政サービス全体を再構築できる
かもしれません。そこで活気のある
〇〇町の再建に尽力したいと思います。

といった感じでも○。

部署や業務だけに絞らない

「〇〇の防災の改善をしたい」と一部の業務に
絞ってしまう人がいると思いますが、
慎重になった方がいいですよ。

市役所の職員は、部署がたくさん
あるので1つに絞ってしまうと
希望の部署以外のところに

配属されたらどうするの
と言われてしまうかもしれません。

ですので「市民の暮らしを豊かにする」
ということや「〇〇に興味がある」
ということを伝えましょう。

どのように貢献するかをはっきり伝える

人の役に立ちたいという気持ちだけでは
採用されません

面接官や採用担当者に「この人を採用したら
地域の役に立つだろう」と思わせたら勝ちです。

このように思ってもらうために自分の
得意分野や能力、経験を活かして

〇〇市に貢献したいという
気持ちを伝えましょう。

学校で学んだことや自分の
好きなことなどを活かして
貢献したいという仕事に対して

前向きな姿勢自分のスキル
アピールするといいと思います。

また、将来どのようなことをしたいのが
わからないとその人がどのくらい貢献して
くれるのか採用担当者には伝わりません。

採用担当者の心に響かせるためには、
将来を予測することやそれを実現するために
どうしたいかなどを伝えましょう。

好印象な書き方

好印象な書き方をする時のポイントは、
公務員の仕事内容を把握して
志望動機を書くことです。

なんとなく仕事をしていることや、公務員の
イメージなどを書いてしまうと表現が
ずれてしまいます。


市役所の職員としてどんなことを
したいのかをはっきりするために
仕事内容を把握しましょう。

市役所の職員になりたい理由とは

志望理由の中で特に聞きたいのは、
「なぜ公務員になりたいのか」と
いうことです。

公務員を志望する人のほとんどが
安定した生活をしたいからと言う理由
から試験を受けると言われています。

しかし、志望動機を書くときに
給料が安定している、親に勧められたなど
正直に書いたり、言ってはいけません

公務員の面接をするときに
志望動機が大事と言われています。
その理由は、差が付くからです。

なぜ市役所や区役所の職員を
志望しているのかをはっきりさせると
なんとなく書いている人より

志望する理由がはっきりしている
人の方が面接官からは魅力的
感じますよね。

また、市役所や区役所を志望
する場合は、市民の目線で
志望動機を書くことをお勧めします。

まとめ

公務員になりたいと市役所の試験を
受けに行く人が多い中で
志望動機をはっきりすることで

採用担当者の印象に残ると思います。
志望動機をどうしようか悩んでいる人は
例文などを参考にしてみてください。

できれば地元の市役所で働きたいですよね。
地元に対する気持ちやこうしたいという
ことをはっきりと伝えることも大切です。


スポンサードリンク




あわせて読みたい

おすすめカテゴリー記事

倉庫

RETURN TOP