読んドコ!

夏場の西日対策は必要!二階立ての家でもできるのか?

スポンサードリンク


窓から光が入ってきた時
母に眩しいからレースのカーテンを
閉めてと言われたのです。

カーテンを閉めると眩しくなくなり、
少し涼しくなったのですが、

二階に住んでいるので
暑い日には特に西日
当たるのが気になります。

涼しくなる方法はないかと思い
西日の対策方法や
2階でもできる方法
を調べてみました。


スポンサードリンク


室内でできる西日対策

室内でできる西日対策は、
カーテンやブラインドなどの
ウィンドートリートメントです。

ウィンドートリートメントは、視線の
コントロール
や窓の暑さ、寒さから
守ってくれるもののことを言います。

ウィンドウトリートメントを
効果的に使用することで、
西日の直撃を避けることができます。

ウィンドウトリートメントの種類

ウィンドウトリートメントは、
カーテンなど窓周りに付ける
装飾全般のことを言います。

そんなウィンドウトリートメントには
ブラインドやロールスクリーンなどが
あります。

他にどんなものがあるのか
紹介します。

ダブルカーテン

ダブルカーテンは、ドレープと呼ばれる
厚手のカーテンとレースのカーテンを
組み合わせているものです。

ドレープは、ヒダやスタイルによって
雰囲気が変わるのでインテリアに
合わせたコーディネートができますし、

断熱性や遮光性、
防音性に優れています。

レースのカーテンは色褪せがしにくいのと
耐久性があるのでお手入れがしやすいです。

ロールスクリーン

ロールスクリーンは、上まで巻き上げるので
開口部がすっきりしています。

窓周りの他に部屋との仕切りにしたり、
収納を隠す時にも役立ちます。

ブラインド

ブラインドは何枚ものスラッド
組み合わさって出来ています。

スラッドの材質によって
見た目が変わってくるのです。

縦型のブラインドもあり、
光の調節もしやすく、部屋が
おしゃれに見えるのが特徴です。

室外でできる西日対策

家の中で西日対策するよりも
窓の外に日が当たらない対策
する方が高い効果を期待できます。

室外でできる西日対策は、
簾を使うことや
グリーンカーテンを使う

外付けのロールスクリーンや
庇をつけること、日よけシェード
を使うなどがあります。

簾を使う

昔から日本で使われている簾。

簾は家の外側につけるだけで
カーテンよりも高遮熱効果があるのです。

家の外側に付いているので
カーテンのように熱を持っても
室内が暑くなることがありません。

窓に熱を持つことを防ぎます。

簾をつけるときは、窓から少し
離れたところにつけると
遮断効果が上がります。

外付けのロールスクリーンを使う

室内から外のロールスクリーンを
引くことで簾やシェドーのような
効果を出すことができます。

家の工事中に設置すれば
二階などの高い場所でも
西日対策ができる。

グリーンカーテンを作る

日射を遮る方法として
夏場にグリーンカーテンを作る
ことをお勧めします。

育った植物が西日をカットして
くれるのです。つる性の植物と
ネットがあれば簡単にできます。

植物を育てればネットに巻き付きますので
カーテンのようにしたり、

冬には日差しをたっぷりと
家の中に入れることができるのです。

また、グリーンカーテンには
朝顔やヘチマ、きゅうりやゴーヤなどの
つる性の植物がオススメです。

夏休みの自由研究にしたり、
育てて食べるために植えると
いうのもいいかもしれません。

夏場の部屋の冷却効果
お子さんの自由研究など
たくさんのことができますね。

フックを付ける

効果的な西日対策を紹介しましたが、
外に付ける場合飛ばされないように
固定する必要があります。

そんな時に役立つのがフックです。
フックがあると紐を通すことも簡単
ですし、西日対策には便利です。

フックには接着性の物も
ありますが、重さのあるものを
かけるので家の建築中

下地のある部分につけることが
いいと思います。

フックを取り付ける時に
サビに強いステンレス製
フックを付けるといいですよ。

まとめ

前に母が、西日が当たると家具が
日焼けすると言っていたのです。

なので日差しの強い日などは
レースのカーテンを閉めるように
しています。

私の家はそこまで西日に
悩まされませんが、

近所にはブラインドをつけている家が
ありました。日によって眩しいこともあるので
西日対策をしたいと思いました。


スポンサードリンク




あわせて読みたい

おすすめカテゴリー記事

倉庫

RETURN TOP