読んドコ!

無責任な上司!仕事を丸投げされた時の対処法とは?

スポンサードリンク


ある日、上司に仕事を任されたのですが
その人は仕事を何もしていません。

やっと仕事が終わり、報告すると
上司は何も言わずに次の仕事を
渡してきたのです。

他の部下たちにも私と同じように
仕事を丸投げされています。

中には、失敗したことに対して
叱るだけでフォローをしてくれなかった
人もいます。

上司に仕事を丸投げされた時にどのような
対策をすればいいのでしょうか。


スポンサードリンク



無責任な上司

部下に仕事を丸投げしてばかりで
自分は何もしない、失敗したら怒る
という上司がいると嫌になりますよね。

そんな上司にはどのような
対策法があるのでしょうか。

成功すれば自分の手柄にする

常時として責任か案がなく、
スタッフの数に見合わない仕事量を
持ってきたり、

スケジュールを詰め込んで
あとは丸投げして任せっきり
という上司がいます。

その上司は、成功すれば自分の
手柄にして失敗すれば叱るという
とんでもない人なのです。

自分で責任を取らない

あらゆる仕事をすべて部下に
丸投げし、そうすることがマネージメント
だと思い込んでいる上司がいます。

上に立つ立場として無責任で
社長に怒られそうになった時は
逃げ出し、部下を身代わりにさせたり

自分に対するクレームの対応を
部下にさせるということもあるのです。

仕事を丸投げする無責任上司への対処法

無責任な上司に悩まされている人
たくさんいると思います。

仕事を丸投げする上司に対して
どのような対処法があるのでしょうか。
いくつか紹介したいと思います。

どの程度丸投げされたのか確認する

上司に仕事を丸投げされた場合
どこまで独断で行っていいのかを
設定しておきます。

自分で判断することや
自己判断を事後報告する、
事前に判断を仰ぐという基準を

自分の中で作ります。
上司の性格や行動を見て
判断しましょう。

上司よりもクライアントと親しくなる

仕事を丸投げしてもクライアントへの
報告は自分で行っているという
上司がいます。

その場合、クライアントと直接やりとり
させてもらえないかを聞いてみましょう。

クライアントにとっても仕事をきちんと
こなしてきた部下とやりとりした方が
仕事がスムーズに進みますし、

自然と上司が介入できなくなります。

反論できる立場になる

仕事を丸投げする上司に対して
重要な存在になると仕事を任される
ことが多くなりますが、

失いたくない存在にもなるので
多少の反論はできることもあります。

しかし、反論することで上司との
関係が悪くなり
、ますます
仕事を丸投げされてしまうのです。

なので必要に応じて
使える人材になるようにしましょう。

任せるのと丸投げは違う

上司が仕事を丸投げしたことを
仕事を押し付けられたと考える
のではなく、

信用して任せてくれたという
考えがあると思います。

しかし中には自分が楽をしたくて
理由をつけては仕事を部下に
任せっきりをしている人もいます。

そんな上司を見抜くために
どうすればいいのでしょうか。

それは、上司や先輩が丸投げされた
仕事の結果が悪かった時の
反応や行動によって分かります。

部下のミスに対して叱るだけの場合は、
その上司や先輩は、面倒な仕事を
押し付けただけかもしれません。

そして勝手に押し付けておいて
仕事のできないやつというのです。

それに対して、
ミスが起きた理由や
どうすれば防げたか、

次からどうすればいいのかを
指示して問題が解決してから
少しだけ注意をする上司は、

信用して仕事を任せたと言えるのです。
その信用に対して信頼で返しましょう。

仕事をたくさんすることで
スキルを身につけることができます。

仕事を丸投げしてもフォローしてくれる
上司がいることで仕事をたくさん
任せてもらえますし、

他の同期と差をつけることができます。
また、自分が上司の立場になった時
後輩にそのようにすることで

仕事のスキルが上がり
円滑に回るようになります。

仕事を押し付けられると言って
敬遠せずに見極めましょう。

まとめ

仕事を丸投げしてきた上司に
不満を持っていた人が
他にもいました。

その人は、仕事を通して色々な
経験をさせてもらっている

言っていたのです。

他の同期よりも仕事の
要領など良くなりましたし、

上司に信頼してもらえるように
なろうという気持ちが出てきました。

これからはそんな上司と
上手く付き合えたらいいなと思います。


スポンサードリンク




あわせて読みたい

おすすめカテゴリー記事

倉庫

RETURN TOP