読んドコ!

育児と家事に仕事!ストレスを軽くする方法!

スポンサードリンク


仕事と家事の両立って、本当に大変ですよね。

仕事で疲れて帰ってきても、家でのんびりする
間もなく、食事の支度に片付け、洗濯など。

さらに子育てをしている、働くママさんの
その苦労は、計り知れません。

sad-505857_1280-300x168

私は、出産を機に、仕事を辞めましたが、
同僚の女性は、結婚して子供が生まれても、
仕事を続けています。

彼女の旦那さんは、家事や育児に協力的で、
色々と手伝ってくれるそうで、うらやましいです。

だから、今まで仕事と家事を両立できていたのだと
思います。

ところが最近、その彼女は、ストレスが爆発して、
家出をしてしまいました!

旦那さんも協力的で、何でも上手くこなして
いたと思っていた彼女に、いったい何が
あったのでしょうか。


スポンサードリンク



ストレスの原因

私から見ると彼女は、家事と育児、仕事を
バランス良く、こなしているように見えました。

そんな彼女は、実はストレスを抱えながら、
頑張っていました。

では、どんなことがストレスになっていたの
でしょうか。

彼女から聞いたことを、挙げてみます。

時間が計画的に使えない

このことが、一番のストレスになっていました。

仕事をしながら、育児をしていると、ほとんどの
時間が自由には使えません。

彼女の旦那さんは、残業が多いお仕事で、
帰ってくるのは、夜の10時過ぎになることが
多いようです。

いくら旦那さんが協力的でも、仕事で
帰ってくるのが遅いときは、一人で子供を見ながら
家事もしなくてはなりません。

専業主婦の私でさえ、子供を見ながらの家事は、
大変なのに。

彼女は、仕事は完璧にこなす人でしたので、
家事でも手を抜かず、完璧にしたかったのです。

そんな性格もあり、仕事帰りに子供を迎えに行き、
子供を見ながら、買い物、食事の支度、洗濯、
掃除などを頑張っていました。

でも、家事をしたくても、子供がぐずっていたり、
子供がなかなかご飯を食べてくれない、など、
子供は思うようには、動いてくれませんね。

全てを自分のペースでできない、ということが、
大きなストレスになっていました。

旦那さんとの比較

実は、旦那さんの行動にも、原因があったのです。

家事にも育児にも、とても協力的で、何も不満は
ありませんでしたが、それ以外の部分で、彼女は
不満を持っていました。

それは先程の、時間が計画的に使えない、
ということにも、つながることでした。

旦那さんは、朝はご飯の準備をしてくれるし、
ゴミ出しや、子供を保育園に送っていって
くれます。

休みの日は、子供と遊んでくれるし、家事も
手伝ってくれます。
とても理想的な旦那さんです。

それなのに、なぜ?と思いましたが、彼女の
話を聞いて、私も共感できました。

その内容とは、旦那さんは、仕事帰りにフラッと
コンビニに寄ったり、同僚に誘われ、外食をして
帰ってくることが、あるということです。

さらに、休みの日に、趣味のゴルフに行くときは、
一応彼女の了承を得ましたが、予定も無かったので、
行くことも、あります。

その事自体は、特に問題はないのです。

彼女は、子供がいるため、仕事が終わったら、
急いでお迎えに行きます。
フラッと気軽にコンビニには、寄れません。

同僚から誘われたとしても、外食だって無理です。

結婚式や同窓会に招待されたら、すぐには決められず、
旦那さんに、一人で子供を見てもらうということを、
お願いしなければなりません。

旦那さんと比べると、気を使う度合いが違います。

このように、仕方ないとわかっていても、
彼女はどうしても、自分と旦那さんの自由さを、
比べてしまっていたのです。

二人とも仕事をしているのに、やっぱり母親である
彼女に、多く負担がかかりがちです。

この気持ち、私もわかります。

子供がいると、どうしても母親って、子供のこと
考えながら、行動してしまいますよね。

それに比べ父親は、身一つで動けることが、
とても羨ましくて、比べてしまうんです。

ストレスを軽くするためにしたこと

彼女に、少しでもストレスが軽くなるように、
私から言える、アドバイスをしてみました。

家事は力を抜く

育児と仕事は、なかなか手を抜けませんよね。
手を抜けるとしたら、家事になります。

負担を減らすために、家事を完璧にしようとは、
しないでみては?

彼女は、洗濯物も、洗い物も、溜まると後が大変、
と思い、なるべく溜まらないようにしていました。

でも、そこは旦那さんにも協力してもらい、
夜、帰ってきた旦那さんに洗い物をお願いしました。

洗濯物も、無理に毎日せず、できなかった分は、
休みの日に、旦那さんにも手伝ってもらうことに
しました。

その結果、毎日の負担が減り、彼女の気持ちも
軽くなったと言っていました。

一人の時間を作る

仕事の時間以外は、殆ど子供と過ごしていた彼女は、
自分の時間は、子供が寝た後だけです。

休日に家族で出掛けても、子供を見ながらなので、
思いっきり楽しむことが、できません。

そこで、旦那さんに子供をお願いし、彼女が
一人でお出掛けする機会を、時々作ってもらう
ようにしました。

例えば、始めは2時間くらい。
慣れてきたら、午前中から夕方にかけて。

という感じで、たまに一人で出掛けて、
美容室に行ったり、買い物をしたりしています。

bag-17953_1280-199x300

一人で自由に過ごせる時間は、思っていたよりも、
とても充実して、我慢していたことが、できるように
なったそうです。

そしてもうひとつ、旦那さんにしてもらって
良かったことは、寝かしつけ、だそうです。

実は、寝かしつけって、子供が寝るまでなので、
いつ終わるかわからないのです。

一緒に寝ちゃったりしたら、寝た後にしようと
していたことも、できなくなってしまったり。

これを、たまに旦那さんがしてくれるようになって、
とても楽になったそうです。

一人で出掛けるのに、協力してくれた旦那さんには、
感謝の気持ちを込めて、ちょっとしたプレゼントを
買って帰るのも、良いですね。

また、一人の時間を作ってくれた、次の日の
夕御飯を、旦那さんの好物や、豪華な食事
するのも、おすすめです。

まとめ

両立というと、どちらもうまくやる、という
ことですが、どちらも完璧にすることでは
ありません。

全てを完璧にこなさず、どこかで力を抜くことは、
必要なことです。

そうして、自分を大切にできれば、自然と
家族も大切にでき、仕事も頑張れるでしょう。

家事と育児をするだけでも、私は精一杯でしたので、
さらに仕事をしている女性は、すごいと思います。

あまり頑張りすぎず、適度に力を抜きながら
過ごしてみてくださいね。


スポンサードリンク




あわせて読みたい

おすすめカテゴリー記事

倉庫

RETURN TOP