読んドコ!

学校でもワックスでかっこよくしたい!ばれないための工夫

スポンサードリンク


学校ワックス、つけていくことって
そんなに、悪いことなのかな?

560397-300x225

知人の子供さんが、この間ぼそっと
言った言葉です。

話を訊いてみると、彼が通う中学校では
定期的に頭髪検査、というのがあって
髪型や、ワックスに制限を設けているとか。

  • 前髪は目にかかってはダメ
  • 耳は出す
  • 襟足は短め
  • ワックスは使用禁止

などなど、校則で決まっているそうです。

その子は短すぎるとなんだかスポーツを
熱心にしているみたいで、似合わない
気にして、ほんの少し長めの髪型です。

私自身は短くしても似合うと、思うのですが
彼は、あまり納得がいかない様子です。

そして、長めの髪ゆえにワックス
使って、いつも髪をセットしている
そうなのですが、この間の検査ばれた

その時、こってりと絞られてしまい
仕方なく、髪を切ることになったそうですが
それでも、スタイリングにワックスは必須

今度はばれないように使いたいので、なにか
いい知恵がないだろうかと相談されました。

なので、今回は、校則に引っかからない
ワックスの選び方
をご紹介したいと思います。


スポンサードリンク



短い方が受ける?

これは、現役の男子学生には驚きかも
しれませんが、長い髪よりは短い方が
女子にも、男子にも受けがいいです。

理由は爽やかで、かっこいいから。

長い髪の男子というのは、ちょくちょく
髪をいじってしまいがちです。

そういうのは傍から見ていると、ちょっと
ナルシストか、ホストのようで
見ていて、気持ち悪いのです。

社会人の、かっこいいお兄さんを
見てみましょう。

短くカットして、実に爽やかでキリッと
していて、素敵にかっこいいですね?

そうした理由からも、私個人は
髪型、短めを推奨します。

あ、刈り上げではないのでそこは
勘違いのないように…。

ギリギリ刈り上げないようにして
カットしてもらい、その時、美容師さんに
ばれないワックス使いを習いましょう。

ワックスの選び方

私はが2人いますが、2人共
髪は短くカットしてもらっています。

そんな2人はいつも、同じワックス
手に取っていますので、切れた時
お互いに貸し借りしています。

2人共、学生時代からワックス
愛用していたので、今でも同じものを
使用しています。

271548-300x204

「こういうワックスはセットしている感が
あまりないから、今時の学生でも結構
使えるんじゃね?」

と、そんなことを言っていました。

そんな弟が使っているのが無香料、または
微香料で、マットタイプのワックス。

マットタイプの良いところは、しっかりと
スタイリングできるのに、つやが出ないので
ばれにくい、ということ。

なので、弟のおすすめは断然マットタイプ。

ですが、注意点1つ

それは、最近のものは香りが強いものが
多い、ということです。

いくら、マットタイプのものを選んで
つやを誤魔化しても、その強烈な香り
ばれてしまっては、意味がありません

そこら辺は、慎重に選んでみてください。

最後にちょっと、参考までに
動画をご用意してみました。

これは、学生さん向けというよりは
万人向けですね。

髪の毛がちょっと長めで、朝
時間がないって人は、この動画は
参考になると思います。

使っているのも、マット系
ワックスですので、気になった方は
視聴ください。

おわりに

学校にワックスをつけていくために、必要な
注意点や、髪の長さ、いかがでしょう?

こうしてみると、色々と工夫のしようが
あるとは思いませんか?

髪型でも、短くても長くても
似合っていれば、かっこいいのは
絶対的にかっこいいです。

そして、ワックスも選び方次第ということ。

このことを知人の子に話してみると、へえ
そうなんだ、と妙に納得されました。

それからは、ヘアスタイルの雑誌を読んで
いろいろと研究してみたり、ワックスも
店頭で真剣に選んでみたりしていました。

数日後、会った彼は、髪をこざっぱり
切り、目立たない程度にワックスを
つけている、と言っていました。

あまりに自然なので、気づきませんでした。

そのことを言うと、得意そうにそう?と
言っていました。

実は学校でも、頭髪検査がある日には
ワックスなしで登校して、検査が終わってから
それとなく、セットしてみたりしているんだ。

と、このように言っていました。

あなたの学校にも頭髪検査がありますか?
それでも、おしゃれはしたいですよね?

今回あげた工夫で、頭髪検査
乗り越えて、思う存分髪型のおしゃれ
楽しんでみてください。


スポンサードリンク




あわせて読みたい

おすすめカテゴリー記事

倉庫

RETURN TOP