読んドコ!

ボウリングの投げ方の基本をマスターしてスコアをあげよう!!

スポンサードリンク


雨の日でも、風の日でも、暑くても、
寒くても老若男女が楽しめるスポーツ
といえば≪ボウリング≫ですねぇ~。

bf8ab8e0c479e4471bb80b91fc10723f-226x300

子供会で大学のサークルで
会社のイベントで、老人会で婦人会で
誰でも楽しめるボウリング。

上手い人も下手な人も皆が盛り上がる
ボウリング。

ひとりひとりがついつい熱くなってしまう
ボウリング。

ストライクを取った時の喜びに
ガーターになった時の落胆・・・

ボウリングが上手いととてもステキに
見えますよねぇ~



スポンサードリンク



ボウリングの魅力って?!

ではボウリングって
なんでこんなに面白いんでしょうか?

42e7745b4601c946238d37530fcd1317-300x198

  • ストレス発散になる
  • ピンを倒す事による破壊本能を満たされる
    快感がたまりませんね。 

    ストライクを出した時の爽快感は
    他のスポーツでは中々味わえないものです。

  • 人数に関係なく楽しめる
  • ボーリングは一人でも、
    大勢でも楽しめます。

    一人なら自分のペースで出来て、
    フォームの研究やレーンの研究など
    スコアアップに集中出来ます。

    大人数なら対戦が出来て盛り上がる事
    この上なしです。

    賞金をかけて戦った事がある方は
    大勢いると思います。

  • 手ぶらで行ける
  • スキーやスノーボードも手ぶらで行けますが、
    ウエアや板を借りて、リフト代を払い、
    食事をすると結構出費がかさんでしまいます。

    でもその点ボウリングは、シューズやボールも
    手軽な金額で借りる事が出来き、

    ボウリングの料金も比較的安い所も
    魅力の一つです。

  • 健康維持が出来る
  • ボウリングは投げて休んでを繰り返すので
    心臓への負担が少なく、
    無理をせずに身体を鍛えられます

    足腰を鍛える全身運動なのでダイエットや
    健康維持には最適なスポーツです。

投げ方の基本は?

4歩の助走で投げます。

右利きの場合は
※左利きの場合は逆になります。

  1. 1歩目は
  2. 2歩目は
  3. 3歩目は
  4. 4歩目は

の順に踏み出して投げます。

次に腕の動きです。

  1. 1歩目は前に出します。
  2. 2歩目は腕をします。
  3. 3歩目は後ろに振り上げます。
  4. 4歩目に投げます

狙う場所は?

1番と3番のピンを狙うとストライクに
なりやすくなります。
ですので1番と3番の間を狙います。

しかし目線はピンではなく床の三角マークの
スパットに目線を向け、右から2番目
スパットを狙います。

ポイントは?

右寄りに投げる事により
1番と3番のピンに当たりやすくなります。

次に立ち位置が大事です。

立つ位置は真ん中より右に立ちます
右側に立つ事により、変に力が掛からず
まっすぐ投げた状態で1番と3番の間に当たります。

さいごは投げる時の力の入れ方です。

腕の力で振るのではなく、
振子の原理に基づいて力を入れすぎないように
自然体で投げるという事です。

上半身で動かすのは腕だけです
ポイントは力を入れず、自然に任せましょう

ではまとめてみましょう。

 

  1. まず1歩目の足は右、腕は前に出します。
  2. 次に2歩目の足は左、腕は下に下します。
  3. さらに3歩目の足は右、腕は後ろに振り上げます。
  4. さいごに4歩目の足は左、いよいよ投げます。

ボールを構える高さは腰から
肩の間が良いです。
始めは腰の高さから始めましょう。

ボールは手首をまげずまっすぐにして
指全体で持ちます。
そのまま手首は投げる方向と
平行
にして投げます。

さいごに

息子がまだ保育園の頃の話です。
今は高校三年生です。

家族でボウリングに行ったのですが、
隣のレーンのmyボール・myシューズ男性が
うまく投げられない息子に

手首を動かさず投げる方向に平行にして
投げてごらん
」と投げ方を教えてくれました。

するとどうでしょう。

ボールがまっすぐ転がるではありませんか。

ガーターばかりだったのに、ちょっとした事で
こんなにも違うのだろうかと本当に驚いた事を
今でも鮮明に覚えています。

喜んだ息子は毎週張り切ってボウリングに
行く様になったのは言うまでもありません。

ちょっとしたコツでスコアを上げれるので
やってみてはいかがですか?
ますますボウリングが楽しくなりますよ。


スポンサードリンク




あわせて読みたい

おすすめカテゴリー記事

倉庫

RETURN TOP