読んドコ!

学校の掃除の時間!懐かしきあの時に流れていた音楽は何?

スポンサードリンク


この前、母方の実家に行った時の事です。
玄関で小学生の甥が、鼻歌を歌いながら、
箒で掃除の真似事をしていました。

その鼻歌。どこかで聞いた事があります。
多分、クラッシック等に分類される音楽。
甥の年齢に、あまり沿うものではありません。

何となく気になったので、
どこで覚えたのか訊いてみました。

すると、
学校の、掃除の時間に流れている曲との事。

それを聞いて、思い出しました。
そうそう。この曲、私の小学校時代にも、
掃除の時間に流れていました


途端に溢れ出す、懐かしい思い。
家に帰って、何と言う曲か調べてみました。

すると、
どうやら「クラリネット・ポルカ」と言う、
曲の様でした。



懐かしさにかられましたが、
同時に興味もわきました。

そこで、学校の掃除時間に使われる曲のうち、
代表的なものを調べてみる事にしました。

a2bde9d95f175db024755966b0bc5df4-193x300


スポンサードリンク



学校の掃除時間に使用される、代表的な曲

  • 「トルコ行進曲」

    「トルコ行進曲
    ピアノ・ソナタ第3番
    イ長調 KV.331 第3楽章」


    と言うのが、正しい表題の様です。

    西欧の作曲家が、
    トルコことオスマン帝国の軍楽に、
    刺激を受けて作曲したそうです。

    モーツァルト
    ピアノソナタ第11番第3楽章
    が代表的ですね。


    日本国内では、
    歌謡曲・『土耳古行進曲』として、
    加藤登紀子さんが作詞・作曲しています。

    最近では、ボーカロイドの初音ミクで、
    この曲をパロった歌が作られて、
    一部で人気を博したりしていました(笑)

    駆ける様なテンポが、
    早く早くと急かす様に感じられます。

    主に、掃除の始まりに使われますが、
    始業のチャイムの代わりに流しても、
    面白いかもしれませんね。

  • 「行進曲」

    「行進曲~
    バレエ組曲「くるみ割り人形」より~」
    が、
    正しい表題です。

    E.T.A.ホフマン童話を題材に、
    チャイコフスキーが作曲したバレエ音楽です。

    心地よいテンポで、
    つい体が動き出してしまいそうになります。

    これも、主に掃除の始まりに使われますが、
    文字通り、
    運動会での行進で使われたりします。

  • 「花のワルツ」

    「花のワルツ
    ~バレエ組曲「くるみ割り人形」より~」
    が、
    正しい表題です。

    上記と同じく、
    「くるみ割り人形」の構成曲として、
    広く親しまれています。

    穏やかな調べが、
    心を安らかに、落ち着かせてくれます。

    主に、掃除の最中に使われますが、
    お昼休みのBGM等に流しても、
    良さそうですね。

  • 「エンターテイナー」

    スコット・ジョプリンによって作曲された、
    ピアノのためのラグタイムです。

    後に、1973年のアカデミー賞受賞映画、
    『スティング』のテーマ曲に使われました

    心軽く、弾む様な曲調で、
    聞いてるだけで楽しくなってきます。

    主に、掃除の後半で使われますが、
    遠足のバスの中で流せば、
    より楽しい気持ちになれるのではないでしょうか。

  • 「ハンガリー舞曲」

    「ハンガリー舞曲第5番 ト短調」というのが、
    正式な表題です。

    ブラームスが、
    ハンガリーのジプシー音楽に基づいて、
    編曲した舞曲集
    です。

    全部で21曲あるうちで、
    最も有名な曲だと言えます。

    何かに向かって誘う様な曲調で、
    この先に、
    楽しい事がある様な気持ちにしてくれます。

    主に、掃除の後半で使われますが、
    週末の放課後なんかに流しても、
    良いのではと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
懐かしさを感じる曲があれば、
今もよく耳に馴染んだ曲もあるかと思います。

他にも、色々な曲が使われていますが、

掃除の始めには、行進曲等、
士気を高める曲が多く使われ、

最中では、ゆったりと穏やかな曲

終盤には、急かす様な曲調のものが、
多く使われているのは面白いと思います。

掃除を行う子供達の心理を、
ちゃんと把握しているんですね。

先の甥が歌っていた曲を、
私が懐かしく感じた様に、
彼自身が懐かしく思う時も、来るのでしょう

学校生活で共にあった音楽。
それもまた、大事な思い出の一つとなります。


これからも、
この温かい風習が、
残り続ければ良いと、切に思います。

3d0a32184ab68b406ef8b38d8f20d519-300x225


スポンサードリンク




あわせて読みたい

おすすめカテゴリー記事

倉庫

RETURN TOP