読んドコ!

ステロイドで筋肉増強?効果と副作用のリスク

スポンサードリンク


ボディビルをやる人の間ではわりかし
ポピュラーなのがステロイドの存在です。

ステロイドと書きましたが、これは皮膚炎
花粉症のステロイド治療薬とはなにも関係
していません


筋肉増強の目的で用いられるステロイドが
あるのですが、それらを総称して
アナボリックステロイドと言います。

なぜ、こんなの話をしているかと言うと
先日、知人が最近はまっている筋トレ
行き詰まりを感じているようなのです。

そこで、いろいろなサイトを見ていた彼は
この薬の存在に気づき、やってみたいと
言い始めました。

私は反対しました。

そんな得体の知れないもの、と切り捨てました
が、彼は諦めず、じゃあ、なにがどう
いけないか教えてくれ、と言い出す始末

そこで、私は薬剤師の知人に相談し
この薬がどうして筋肉に作用し、どんな
副作用が出るのかを教えてもらいました。

ですので、今回は安易に始めないで!
アナボリックステロイドの効果と
恐ろしい副作用について
ご紹介します。


スポンサードリンク



アナボリックステロイドって?

これは筋肉増強剤として、用いられることが
あり、ドーピング薬物としても有名だそうです。

そう、ドーピング薬物、これだけで
なんともいかがわしい代物ですね。

ドーピングで問題となった代表的な人物
といえば・・・。

それは1988年ソウルオリンピック
100メートル走金メダルを取った
ベン・ジョンソン選手ですかね?

530519-300x212

この方の、アナボリックステロイドによる
ドーピングが発覚して、このステロイドは
世界中に知れ渡り、蔓延するようになりました。

だけど、本来の用途は筋肉の増強
ではないのだと、薬剤師の知人は話します。

これは、もともと医療用の薬剤であり
骨粗しょう症慢性腎疾患大怪我や火傷
などの治療に、用いられていたそうです。

これがどういうものなのか、というと
簡単に言えば、体の中に入ってきた物質から
タンパク質を作り出す作用を持っています。

タンパク質同化作用を持っているものであり
これを使って、例えば、大怪我を負った人の
体力の消耗状態改善を目指す、などです。

なのに、最近では筋肉!筋肉!
騒がれまくっている、これは決して
良い傾向ではないと零していました。

アナボリックステロイドの筋肉増強効果

これが、本当に厄介だと知人は言います。

アナボリックステロイド、というのは非常に
強い作用を持って人体に働きかけるので
医療に役立っているが、通常なら危険である。

アナボリックステロイドが与える筋肉増強
その効果は、通常の20倍以上の速度で
筋肉を増やし、肥大化させるほどです。

503256-300x253

普通、人間は、ボディビルの人でも
1年で増やせる筋肉は2から3キログラム

ですが、アナボリックステロイドを
投与した場合、量によっては20週間
8.9キログラム、筋肉を増やすことができます。

もはや、異常であり、知人は常軌を
逸している
と言います。

そして、それだけ強力な薬になんの副作用
ない、などという、うまい話は存在しないとも
言っています。

アナボリックステロイドの副作用

アナボリックステロイド、短期的に見ると
筋肉増強に素晴らしい効果があると
思われがちだが、怖いのはその先にあるそう。

長期間使用してしまった場合には、様々な
を体に与えるだろうと薬剤師の知人は
神妙そうに語っていました

その最たるものが女性化(又は男性化)
である、と思っていると言っていました。

女性化、とは言葉のまま
体が女性のようになっていってしまうことを
言います。

アナボリックステロイドは、男性ホルモン
疑似的に作成してしまうので、摂取している
その人の体は、男性ホルモンは足りている

だから、これ以上に作り出す必要ない、と
そう判断してしまい、ホルモンを生成しなく
なります。

男性ホルモンが切れると、女性ホルモンが
優位に立ち、万が一乳房と結びついた場合
には、乳房が膨らむという事態になるとか。

そうなっては、筋肉増強がどうこうでは
なくなりますね?

男の体なのに、胸が出来るのですから。

女性でダイエット目的に使うケースが
海外にはあるそうですが、これの副作用は
男性化です。

男性ホルモンを過剰摂取してしまうことで
女性ホルモンにも影響し、男性ハゲなど
体が男性のようになる場合、があるそうです。

さらには、肝機能腎機能障害発がん性
などといった重篤な副作用もありえます。

もっと悪くなると、攻撃性を高める作用があり
対人関係の悪化からの離婚に失職、果ては
犯罪を引き起こすケースもあるのだとか。

体の機能の支障対人関係の悪化は世の中に
ある、薬の副作用としては最悪ではないかと
私はそう、感想を抱きました。

そのご

薬剤師の知人の助言、だとしてステロイドを
やってみたい、と言っていた知人に副作用
など、教えてみました。

すると、彼は少し、青ざめて言います。

「そこまで考えてなかった
体を壊して、恥ずかしい女性化の危険
冒してまでしてしたいとは思えない!」

そうそう、体を壊してまでして
そんなもの、使うべきではないのです。

さらに彼は、続けます。

「それってつまり、男として不能になると
いうことなのだろう?」

と、このように言う彼に私は
多分、そうなるだろうと伝えました。

彼は青ざめどころか真っ青でした。

「真剣に検討していたが
そんな恐ろしい、怖い薬ならやめる」

と、きっぱり言い切りました。

正しい判断だと、私も思います。

あなたも、アナボリックステロイドを
検討中ですか?

ネット上では、上手な使い方なるものを
紹介しているサイトもありますが、所詮
劇薬に変わりありません。

そしてなりより、薬で作られた筋肉など
むなしくはないでしょうか?

それは、自分の実力で得られたもの
ではない、薬で体を騙しただけのものです。

そのことは、使用した本人がだれよりも
痛感するだろうと、薬剤師の知人は
言っていました。

筋トレには、地道なトレーニングが一番で
その方が断然、健康的であり、自然な
美しい筋肉を得られるでしょう。

筋トレに行き詰まりを感じているなら
トレーナーに相談するのが1番!

くれぐれもアナボリックステロイドのような
に手をだしたりしないよう、重々
お気をつけくださいね?


スポンサードリンク




あわせて読みたい

おすすめカテゴリー記事

倉庫

RETURN TOP