読んドコ!

手洗いは有効?正しい方法と時間とは

スポンサードリンク


もうすぐ待望の夏本番!

楽しい反面、夏は夜更かしや不摂生で
生活習慣が乱れ、体調を崩しやすい
シーズンでもあります。

そういえば昨年の夏のこと、
職場の同僚が高熱で突然のダウン…!

840b7060660ee987dd940e5dae788ed7-300x211

夏風邪かと思いきや、
お子さんから伝染った「ヘルパンギーナ」
という感染症でした。

通常は子どもの病気だそうですが、
体力が弱っているときは
大人も罹ってしまうようです。

今年は猛暑の長期予報もあり、
厳しい夏になりそう。

暑さからの体調不良を起こさないように
気を付けられることを調べてみました。


スポンサードリンク



一番有効なのはやっぱり「手洗い」

最近は冬ばかりでなく、
夏にもたくさんの感染症
私たちを狙っています。

体調を崩して免疫力が衰えていると、
普段なら撃退できる感染症も
簡単に罹りやすくなってしまいます。

感染には以下のようなルートがあります。

  • 経口感染
  • 飛沫感染
  • 接触感染

口から食べ物と一緒に
感染するのが「経口感染」

くしゃみや咳と一緒に、病原体が見えない
小さな粒子として排出され、呼吸から感染する
のが「飛沫感染」(または空気感染)。

そして、汚染された物に触って感染するのが
「接触感染」です。

これらの経路からの感染を予防するには、
やはり手洗いでが一番有効だと
言われています。

特に接触感染や経口感染の予防には
欠かせない予防方法です。

8505b325ad38912bf6d78a0f176bd8cd-300x280

どうやるの?正しい手洗い

手洗いが最も有効な方法だとしても、
正しく行わなければせっかくの効力も
発揮されません。

では、正しい手洗いとは、
どのようなものなのでしょうか。

外出したら、こまめに手洗いすることが
何よりですが、

水だけでちゃちゃっと済ませただけでは、
肝心の感染症の予防になりません

色々調べてみると、有効な手洗いの方法
として、以下の6つのステップ
挙げているものが多いようです。

  • 手のひら
  • 手の甲
  • 指先・つめ
  • 指の間
  • 親指まわり
  • 手首

子どもの場合は特に洗い残しが多いもの。
全部きちんと洗っているかどうか、
大人がチェックしてあげることも必要です。

さて、手洗いを始めるときは、
時計や指輪をしていたら、まず外します。

次にせっけんですが、しっかりと泡立てて!
泡立てると、手のしわなどすみずみまで
石けん液がいきわたります。

きちんとした手洗いを行うには、
少なくとも30秒ほど
時間をかける必要があります。

タイマーや砂時計で時間を計りながら
やるのも良いですが、
もう少し簡単な方法があります。

『ハッピーバースデー』の歌を
2回続けて歌う
だいたい30秒なのだとか。

歌いながらやってみると
30秒がちょっと楽しめますね。

さて、実際にやってみると、
30秒なんてすぐかと思いきや、
意外に長くてびっくり。

これまで私は、せいぜい10秒くらいしか、
手洗いしていなかったかも。

最後に

手洗いのやり方を知らない人は、
たぶんいませんよね。

けれど、効果を得られる正しい方法で
きちんと毎日手洗いしている人は、
意外と少ないかもしれません。

当たり前のことでも、実はちゃんとできて
いないことって、身のまわりに意外と
たくさんあるかもしれません。

今年の夏は、
病気知らずで丸ごと楽しめるように、
きちんと手洗いしたいと思います!


スポンサードリンク




あわせて読みたい

おすすめカテゴリー記事

倉庫

RETURN TOP