読んドコ!

筆ペンの練習!無料でダウンロードできるものは?

スポンサードリンク


昨今、文字は「書く」ものではなく「打つ」
もの
に変わりつつあります。

スマホやパソコンでメールを打つ機会は増え
ていても、手書きで手紙を書く機会は、以前
と比べるとだいぶ減っている印象です。

実はあまり自分の字に自信がありませんので
ありがたい風潮ではありますが、それでも字
を書く機会が無くなったわけではありません

祝儀袋の表書き、宅急便の送り状、また就職
活動で提出する履歴書に「手書きで書くこと」
を義務付けている会社もありますね。

150115-300x257

先日届いた知人の個展の招待状を前に、
また芳名帳に名前を書く場面を想像して
ちょっとため息

上手な字が書けるようになるための方法
といえば、書道の教室や通信教育の
ペン字講座などが思い浮かびます。

けれどもう少し手っ取り早く、目先に
迫った機会をどうにかしようと思ったら、
ペン字練習を扱うサイトが便利そう。

この機会にのぞいてみました。


スポンサードリンク



手紙、年賀状、履歴書など

ちょっと検索してみると、ネット上には無料
で練習シートをダウンロードできる
サイトが、
たくさんありました。

練習シートは、薄い文字がプリントされて
いて、これをなぞって書くだけ

こういったサイトでお手本をダウンロードし、
練習するというのは、効率が良さそうです。

こちらには年賀状、引っ越し挨拶状、履歴書など
ケースごとによく使う見本が揃っていました。

『お手軽ボールペン字無料練習』サイト
URL:http://penji.net/

使えるお手本が見つかった場合はこのまま
練習できますが、万が一適当なものがに見つ
からない場合
はどうしましょう?

中には有料で、実際の手紙の内容を入力して
練習帳を作れるサイトもありますが、出来れ
ば無料で
済ませたいところ。

そんな時は、自宅のパソコンを使って、楷書
の文字で文章を入力し、プリントしてお手本
にする
、という方法もあります。

ご祝儀袋や芳名帳

ご祝儀袋の表書きや芳名帳は、普通のペン
で書くと少々残念な印象になります。ぜひ
筆ペンを選びたいところ。

ペンといっても扱いは筆と一緒なので、
基本の「トメ・ハネ・ハライ」は知って
おいた方が良さそう。

「筆ペン 手本 基本的な使い方」が動画
サイトに上がっていました。実際に目で見る
と参考になりそうです。



短冊に書く場合、大事なのは文字のバランス
のようですから、予め鉛筆で中心線と文字
配分を薄く記しておくとバランスが取れます。

後で消しゴムで消すので、あくまでも薄く
書いた方が良いでしょう。

さてお手本ですが、ご祝儀袋や芳名帳に
書くのは自分の名前

そうそうサンプルに都合よく出てくるわけ
ではありません。

マイクロソフトOfficeのホームページの
中に、無料でダウンロードできるExcelを
使ったハンドメイド
の練習シートがありました。

「美文字練習シート」
URL:https://www.microsoft.com/ja-jp/office/2013/stylecatalog/excel/excel05.aspx

お手本のシートに練習したい文字を
入力すると、練習帳のシートに薄い文字が
印字されます。

これはなかなか便利ですので、Excel
ユーザーは是非活用したいところですね。

さいごに

色々なサイトで用意された筆ペンの練習
シートは、「書く」だけでなく「読む」
要素
も取り入れたものがありました。

世界の偉人やスポーツ選手の名言・格言や、
小倉百人一首。さらには、お手本に「般若
心経」
をなぞる練習シートも。

心を込めて書き写すことで功徳が得られる
写経。文字だけではなく、内面もブラッシュ
アップ
出来そうですね。

何事にも動機づけは結構大切なもの。

ただ練習を続けるだけよりも、こういう
プラスアルファの要素があことで、練習も
楽しく継続しやすくなるかもしれませんね。

どんな字を書くかは、その人の印象をも左右
してしまうもの。

外見はキレイにしてるのに、文字を書いたら
「ん?」と思われてしまうのも残念なお話。

逆に予想もしてなかったくらいステキな文字
を書いていたら、その人の印象もぐっと
アップ
しますね。

筆ペン練習で、ちょっと自分に自信が持てますように!


スポンサードリンク




あわせて読みたい

おすすめカテゴリー記事

倉庫

RETURN TOP