読んドコ!

パンダの赤ちゃんを抱っこしたい!どうすればいいの?

スポンサードリンク


パンダの故郷・中国で
パンダを抱っこしてみたい。

これは私の子供の頃からの
なのです。

日本ではガラス越しや
越しに見るだけですよね。

以前、中国で
パンダの世話を体験
するテレビ番組を見ました。

実際にパンダのそばに行けるなんて
羨まし過ぎます。

たぶんテレビの企画
だろうと思っていました。

すると同じ番組を見た友人が
体験ツアーがあることを
教えてくれたのです。

panda-642767_1280-300x199

本当にパンダと触れ合える機会
があるのか調べてみました。

なんと飼育ボランティア
が出来るツアーがあったのです。

そして、もちろんパンダを抱っこ
して写真を撮る企画もあります。

抱っこ動画です。


せっかく行くなら、
ボランティア経験を
してみるのもいいですね。

飼育ボランティアは
お金を寄付してボランティアを
させてもらう
」という考え方です。

また、ボランティアやパンダ抱っこには
病院発行の健康証明書が必要です。

日本を出発前に用意
しておくことをお勧めします。


スポンサードリンク



旅行社企画で行く飼育ボランティアツアー

3泊4日の日程で2日間パンダに会える
ツアーをご紹介します。

費用は12~15万円ほどです。

ボランティア料金
抱っこや写真料金別途必要です。

旅行企画によりますが、5~8万円
考えておいた方がよいでしょう。

成都パンダ繁育研究基地
雅安碧峡パンダ保護センターに訪問します。

ボランティアは主に
雅安碧峡パンダ保護センターで行います。

消毒された制服
2千円で借りなければなりません。

日本語ガイドが案内します。

基本的には掃除
エサやりは出来ますが
勝手にパンダに触れられません

保護センターでパンダ
についての知識を勉強します。

庭の掃除竹ゴミや糞の片付け
パンダの朝食用意など近くで作業します。

panda-317980_1280-300x225

終わるとボランティア証明書
など受け取ります。

時間内にパンダとの抱っこ写真を撮れます。

成都市内観光(武候詞など)も含まれます。

時期によっては雅安碧峡パンダ保護センター
が使えないことがあります。

パンダ保護の観点から
パンダに触れる活動が休止されるからです。

その場合は都江堰パンダ研究所
などに変更になります。

参考に「AB-ROAD エイビーロード」のサイトをご覧ください。
https://www.ab-road.net/asia/china/chengdu/tour/search/AD03HJLE/

個人旅行でパンダに会おう

3泊4日、成都自由滞在で
5~8万円
のものがあります。

自分で計画することも出来ます。

雅安碧峰峡パンダ基地

ます成都から雅安バスターミナルまで
バスで2時間、50元の料金です。

1元16円として、日本円で800円ほどです。

バスターミナルから碧峰峡景勝地
までミニバスで40分、5元ほどの料金です。

タクシーで50元ほどです。

そこで入場券を118元で購入し、
パンダ基地にも入れます。

シャトルバス15分で基地到着です。

ボランティア料金は300元です。

事前申し込みが必要です。

日本語の出来る方もおり、
作業はしやすいと思います。

パンダ抱っこで1200元で、
写真を追加で2000元になります。

レッサーパンダ抱っこは200元です。

パンダと並んで撮影は400元です。

成都パンダ繁育研究基地
での抱っこも同じくらいの料金だと思います。

都江堰パンダ基地でボランティアだけの
日帰りツアーもあります。

現地の旅行社ですが、1700元
抱っこ料金などは自腹です。

現地旅行社は「四川省中国旅行社」です。
http://www.sctabi.com/SC-069.html

まとめ

ツアーならほとんど
予定を心配しなくてもよいので
安心です。

パンダ抱っこは幼児前後のパンダなので
繁殖のタイミングが重要です。

事前に確認しないと、
行っても抱っこできないこともあります。

個人旅行では確認が大切です。

panda-655491_1280-300x224

成都は四川省の省都で
麻婆豆腐発祥の地でもあります。

陳麻婆豆腐店
にも足を運んでみてはいかがでしょうか。


スポンサードリンク




あわせて読みたい

おすすめカテゴリー記事

倉庫

RETURN TOP