読んドコ!

中学受験目指したい!塾の費用は一体いくらかかるの?

スポンサードリンク


今や子供の2人に一人は、
大学に進学する時代。

当然のように、子供が高3や大学進学する時期に、
受け取れる学資保険の加入など、親はその準備にも
奔走しなければなりません。

study_yaruki_nai-300x288

その前に、ワンモアステップ!
塾や予備校にかかる費用は?

塾の選抜やその費用にも、
親は、頭を痛めることでしょう。

でも、中学受験から塾通いを
させるとしたなら、一体全体
何から始めたらいいのかしら?


スポンサードリンク



塾はいつから行き始めたら一番いいの?平均的費用とは!

そこで、進学塾に関して、いろいろ調べてみました。

私立中学の受験の場合、
小学6年の12歳になった、1月から2月にかけ、
春を目指して、受験することになります。

ですから、小学3年の終わりに「小4クラス」から
3年間を塾に通わせる家庭が、多いと言います。

大学受験を見据えて、進学率の良い中学
入学させたい!これが、親心というものでしょう。

ところが、中学受験にかかる費用は、
高校、大進学受験に比べ、
高いと言われてます。

参考のために
中学受験にかかる塾の費用とは、
一例をみてみましょう。

中学受験対応型(調査機関調べ)

  • 小学4年 30400円×12か月
  • 小学5年 48500円×12か月
  • 小学6年 50500円×12か月

塾の費用は授業料、教材費、定例テスト代、
模擬試験、対策講座、季節講座など、煩雑。

小4から通わせるとすると、節約できるところは、
選択講座季節講習あたり、ということです。

小学1年から6年生まで、受験以外で通塾する場合では
どうでしょう。

参考例(調査機関調べ)

  • 1年から5年生まで13600円×12か月
  • 6年生は 14600円×12か月

小学低学年の学びのポイントは、
自分で考える力をつける。

勉強に苦手意識をもたないための学習指導が
中心になるので、個別指導が多い。

比較してみると、受験塾との差が鮮明です。
中学受験にかかる、費用の大きさが、
良くわかりますね。

失敗しない塾の選び方!子供の性格が基準になるかも?

受験が終わるまでの、通塾と授業を、
受ける時間を考えると、中学でも高校でも塾選びは、
慎重にした方が良い、と言えます。

人気の進学塾は、合格実績が高い大手に集中
でも費用も違えば、それぞれの特徴もあるので
よく調べてみることです。。

  • 子供の志望校はどこなのか?
  • 子供の性格は?(合う塾、合わない塾)
  • 費用面だけにこだわらない。

塾へ行っても、合格できなければ、意味がありません。
特に中学受験は、志望校対策が重要です。

test_benkyou_girl1-288x300

その場合、子供が目指す、中学の対策コースは、
充実しているかどうかも、チェックポイント。

塾選びに失敗する主な理由

  • 月謝が安いに魅かれる。
    授業料が安くても、オプションで補っていることも。
    年間の費用を確認してみることです。
  • 受験の合格実績が高い。
    数字に惑わされないこと。
    合格実績があっても、面倒見が良くなければ、
    子供のためにはなりません。
  • 友達が通っているから自分もは、ダメ。
    学校の成績を上げたいのか、
    弱点科目を克服したいのか、目的意識を持つ。

他にも、新しい塾やベテラン講師が多い古い塾というのも
通塾の対象に相応しいかどうか、一考を要します。

一概に悪い例とはいえませんが、
失うものは、時間と費用だけではありません。

子供のやる気と自信も、失うことになりかねない
場合もあるので、注意することです。

また、親主体でもなく、子供に任せるだけでもなく、
親子で相談しながら、慎重に選ぶこと。
これが、あとあと後悔しない、コツといえます。

おわりに

帰宅途中、子供を塾にお迎え途中の
ご近所のお母さんに遭ったので、ちょっと立ち話。

現在、小学3年と幼稚園の子供に
算数国語を、習わせているそうで、
かかる費用について、気軽に答えてくれました。
chokin_kakeibo-255x300

月謝は下記のようです。
1教科6000円×2教科=12000円
子供2人×12000円=24000円
1ヶ月24000円×12か月=288000円

これに税金が、プラスされるんですよ!
と、お母さん。

さらに、高校受験に50万円、大学受験に100万円を
積み立てしていて、大変だとこぼすが、周りで子供たちの
はしゃぐ様子をみながら、目を細めました。

親もこの時期は、子供の成績を気にしない。
勉強の習慣が身につけばOK、そんな気持ちが大切。

塾から始まって、教育資金に掛ける費用は
今や子供を持つ、頑張る親の“最大のテーマ”なんですね。


スポンサードリンク




あわせて読みたい

おすすめカテゴリー記事

倉庫

RETURN TOP