読んドコ!

牛乳のカロリーで太るってウソ?ホント?

スポンサードリンク


よく耳にする話ですね。
牛乳を飲んでいると太る

こんな話はいつから言われるように
なったのでしょうか?

少なくとも私のこども時代には
牛乳は体にいいから1日コップ一杯(200ml)
必ず飲むようにと言われてきました。

447328

というか、ほぼ強制的に給食
牛乳がセットでしたね。
今もそうなのでしょうか?

私の時は牛乳がどうしても飲めない子
いたりして、クラスの牛乳好きが
競ってその子の牛乳を取りあっていました

さらにさかのぼって母の時代では
給食は残してはいけないことになっていたそうで
どうしても無理な子はトイレに流していたとか。

いつの時代のこどももお世話になってきた
牛乳がなぜ太る、太らないでダイエッターの間で
話題になっているのか調べてみました。



スポンサードリンク



なぜ太ると言われるのか?

これは牛乳のカロリー、そして脂肪分を見てこう
おっしゃる方がいらしたのではないのでしょうか?

最近は普通のものの他に
濃厚な味わいのもの、低脂肪のもの、脱脂のものと
大きくわけて4種類です。

それぞれのコップ1杯約200gと想定)の
カロリーを挙げてみます。

普通牛乳:134kcal

これは普段私たちがよく口にする牛乳ですね。
実はこれ、乳等省令というものがあって、規格が
設けられているのです。

無脂乳固形分が8.0%以上であり
乳脂肪分が3.0%以上のものを言います。

無脂乳固形分とは脂肪ではない栄養素のことを差し、
たんぱく質、ミネラル、ビタミンなどをいいます。

乳脂肪分というのはそのままですね。乳の脂肪分です。

11.0%ちょっとが脂肪分や栄養素なら他は?
と思われた方、鋭い突っ込みです。

答はです。牛乳というのは水と脂肪分とその他で
できているのです。

なので、普段水しか飲まないひとが牛乳を飲んだら
それは味濃く感じてしまうことでしょう。

ですが、上がいます。

濃厚牛乳:146kcal

これは生乳乳製品を加えた加工乳です。
クリームやバターを加えて脂肪分
高めたのがこの濃厚牛乳です。

を調え、栄養価を高めたのがこの製品の売り
生乳にクリーム・パウダー
それに濃縮乳や粉乳などを加えてつくられます。

より乳らしさを求められる方にはたまりませんね。
こってり濃い味わいの乳飲料になります。

低脂肪乳:92kcal

こちらはカロリーがぐんと下がって100を切りました。
低脂肪乳は生乳、ないし牛乳を原料として加工
脱脂によって乳脂肪分を取り除いたものです。

脂肪分が0.5%から3.0%未満に調整されているのが
特徴です。普通の牛乳が濃くて苦手というひとに
おすすめな味薄めのあっさり乳飲料。

脱脂乳:66kcal

なんと、低脂肪を下回るものがでてまいりました。
これは牛乳から脂肪分を遠心分離させた
残りの部分を言います。脂肪率は0.1%以下です。

ですが、たんぱく質などの栄養素は残ったままのため
いろいろな食品の加工原料になっています。
身近なものではスキムミルクかな?

一時期、流行りましたね、スキムミルクダイエット
不味くて断念するひとが多かったのでは?

牛乳は太る?

さて、牛乳のカロリーの話をしましたが
どう感じましたか?

高い、低い、まあ普通?

結論から言いますと牛乳は
飲料の中では高カロリーなものに
分類されてしまうでしょうね。

ですが、牛乳は必ずしもではありません。
牛乳にはいろいろな健康効果があります。

  • 脂肪の吸収を抑える
  • 食前に飲めば食欲抑制に
  • コレステロールをさげる

などです。
では、なぜ牛乳は太ると言われているのでしょうか?

牛乳で太る、の真相は便秘や下痢になるなど
体調を崩すので言われるのではないでしょうか。

私たち日本人の体質に合わない食べ物、飲料の
ひとつに牛乳が挙げられます。

日本人の体は牛乳を分解する酵素がないのです。

牛乳や、その加工品のヨーグルトを食べてお腹を壊す。
そんな経験はありませんか?

また、上に書いたとおり、けっして低カロリーの
飲料ではありません

乳脂肪体脂肪になりやすく
中性脂肪、コレステロールをさげると共に高める
働きをも持っています。

なので、メタボの一因と言われていることもあります。

低脂肪乳ならダイエットになるのか?

結論から言うと低脂肪乳でのダイエット
あまり期待できません

それというのも普通の牛乳に比べて
栄養価が低いからです。

必要な栄養価をとろうと思ったら
ぐびぐび飲まなくてはいけなくなるでしょう。

そうなればいくら低カロリーでもお腹を壊したり
普通の牛乳を飲む以上にカロリーを摂取して
しまう可能性もいなめません。

ですので、どうせ飲むなら普通の牛乳を飲まれる方が
健康にはいいでしょう。

あくまで、牛乳でお腹を壊さない方に限った話ですが。

太るか太らないかは飲み方次第

高カロリーなのだけど栄養価は高い
これはゆるぎない事実です。

肝心なのは飲み方だと思います。

食事のカロリーを制限して牛乳でいろいろな
栄養をとりつつ、腹をふくらませる

これが太らない牛乳の基本です。

この時の牛乳はあくまで飲みすぎない程度
飲むことが条件になっています。

一日最高でもコップに3杯。単純計算で
おおよそ400kcal。これが基準です。

白米ご飯のカロリーにすると240g分です。
毎回、食前に飲むという場合、ご飯の量を
80gずつ減らすとちょうどよくなります。

え?そんなに?と思った方は
普段ご飯何g食べていますか?

087159-300x300

ポプラのお弁当のご飯普通盛り250gです。
私などは小食なため、このご飯の2/3冷凍保存
まわします。だって、多いんですもの。

ただ、人間は食べないと当然
お腹がすくものです。
そこでコップ1杯の牛乳です。

お腹がふくれる飲み物を飲むことで
食欲を抑え気味にできますし
満腹感をえられます。

普段のご飯を減らして、牛乳をコップに1杯。
これで体調を見て、異常がなければ
一ヵ月は続けてみてください。

体がちょっとだけ変わっていくはずです。

結論

牛乳で太るのはあくまでも過剰摂取
または体質に合わないからということ。

体にいいからとぐびぐびいっていると
体重計に乗って驚愕!
なんてことになりかねません。

適切な量を守りさえすれば牛乳は太らない飲料です。
なぜか定説となっている「牛乳は太る」を
くつがえしてみましょう。


スポンサードリンク




あわせて読みたい

おすすめカテゴリー記事

倉庫

RETURN TOP