読んドコ!

英語の発音のコツをつかむには歌がお奨め

スポンサードリンク


皆さんはカラオケで、洋楽を歌いますか?
そればっかりだと、キザになりますが
たまに挟むと、ちょっと素敵ですよね。

でも英語の歌って、
譜割りが難しいんですよね。

よく知っている歌でも、いざ歌ってみると
英語の発音が、きちんと出来ないせいで、
歌詞が曲に、ハマらない事があります。

また、どうにか原語で歌えたとしても
日本風の発音だったら
全然カッコ良くないですよね。

カラオケ画面に表示されるルビは、
残念ながら、こてこてのジャパニーズです。

正確な発音を、目指す早道は、
ネイティブのまねをする事だそうです。

では、ネイティブっぽい発音を意識しながら
洋楽を一曲マスターするというのは
どうでしょうか?

歌だけに留まらず、会話においても
きっと、英語の発音の向上
つながると、思いますよ。

1db8d3ffa4d21cb2677314a35af72265


スポンサードリンク



曲選びは慎重に

いきなり、アップテンポな曲に挑戦するのは
避けた方が良さそうですね。
リズムに英語を正確に乗せるのは、大変です。

最新ヒットである必要は、ないと思います。
古くてもいいので、比較的ゆっくりめの
メロディを完璧に覚えている曲にしましょう。

おススメは、音楽の教科書によく載っている
Yesterday Once More です。

出て来る単語や、表現がシンプルで
わかりやすいので、内容を理解しながら
簡単に、読み進める事が出来ると思います。

実はこれ、冒頭から聴かせどころ満載なのです。
発音がクリアで、聞き取りやすい
カーペンターズの歌唱を、参考にしましょう。

では、歌い出しの歌詞から見てみます。

When I was young
I’d listen to the radio

となっていますね。

ボーカルのカレン・カーペンターは、

ホェン アイ ワズ ヤング 
アイド リッスン トゥ ザ ラジオ

とは歌っていません。

まずWhen は『ウェン』と発音しています。
アメリカ人は、ホェンとは言いません。

When と I が繋がると、
(いわゆるユニゾンですね)
『ウェナイ』と聞こえます。

I’d は、I would の短縮形ですが、
d の音は、さほど気にしなくていいです。

I’ll などの ll、I’ve などの ve
過去形の edd 、三単現や
名詞の複数形の ses も同様です。

ただこれらは文法上、必要な物です。
内容を、かみしめるためにも
存在は、忘れないで下さい。

一行目の最後の young と、
二行目の最初の I はユニゾンされ
『ヤン ガイ』と聞こえますね。

次に来る、listen to the radio
これも、侮れません。

listenは、日本人が苦手なL で始まります。
舌の先を、前歯の裏側につけて
軽く『リ』と言いましょう。

the も、日本語にはない音ですね。
上下の歯の間に、舌を一瞬挟んで、
『ザ』と発音します。

radio の最初の音、R もやっかいな音です。
唇を尖らせて、『う』と言う形にしてから
舌を丸め、『(ぅ)レイディ オゥ』と言います。

カレンの歌い方を、まとめて書くと

ウェナイ ワズ ヤン 
ガイ リッスン トゥ ザ 
(ぅ)レイディオゥ

となります。

このように歌った時点で、
あなたは周囲の、
「おっ!」という視線を感じる筈です。

耳を澄ませて完コピを目指す

L や R 以外にも、注意すべき音があります。

Yesterday Once More を使って
それらをもう少し、検証してみましょう。

歌詞の続きは、こうなっています。

Waitin’ for my favorite songs
When they played I’d sing alone
It made me smile

waitin’ は、 waiting の事です。
カレンは、ウェイティンではなく
『ウェイディン』と歌っています。

アメリカ人は、途中に来る軽いT の音を
D や L に変える傾向があるようです。

for my favorite
ここは、 F V に注意ですね。
学校で習ったように、下唇を軽く噛みます。

favorite はフェイバリットではなくて
『フェイヴリッ』と聞こえます。
語尾に来る 子音は、ほぼ発音されません。

songs は『ソーン』
alone は『アローン』と聞こえます。
「ン」は、鼻に抜いて柔らかく発音します。

この鼻音
英語を、それらしく響かせるための
大切な要素なのです。

語順が前後しますが、sing はシングではなく
『スィング』 と発音します。
shi と si の違いですね。

同様に、chi と ti の区別も大切です。
出て来た時は、きちんと意識して、
正確に発音しましょう。

ここのsing は、 alone とユニゾンされて、
『スィンガローン』となります。

次の、 It made me smile
ここにも、重要なポイントが、隠れています。

It は、口を横に広げ「え」に近い『イッ』
made は、次の me と合わせ
『メイッミー』と発音します。

smile は L の音で終わっています。
前述のように、舌の先を、
前歯の裏側につけて発音します。

ただ語尾に来るL の音は
ごく弱い「ゆ」に、似た音になるので 
『スマーイュ』と聞こえます。

カレンの歌い方を、まとめて書くと

ウェイディン フォー 
マイ フェイヴリッ ソーン

ウェン ゼイ プレイ アイ 
スィンガローン
イッ メイッミー スマーイュ

となります。

巻き戻しと再生を、何度も繰り返し
一語一語チェックするのは、
正直、かなり面倒ですね。

でも、こうやって
頭と身体に、叩きこんだ発音は
一生モノの宝になり得ます。

やってみる価値は
おおいにあると思いますよ。

最後に

実はこれ、
私自身が、失敗と練習を重ねて
体得した事なんです。

他にも、ビートルズ
セリーヌ・ディオンなど
良い曲がありますよ。

私は、映画『タイタニック』のテーマ
My Heart Will Go On
よく歌います。

よく知られた曲ですし、
歌詞も、わかりやすいので、
Yesterday Once More 同様、お奨めの一曲です。

今、練習しているのは
テイラー・スウィフトの
Teardrops On My Guitar です。

彼女の歌い方に、慣れて来たら
Shake It Off とかにも
是非、挑戦してみたいです。

英語の歌を、うまく歌うコツは
ひたすら、耳で覚える事。
これに尽きると思います。

46eefe10a16d38a2abfe35135353ada6


スポンサードリンク




あわせて読みたい

おすすめカテゴリー記事

倉庫

RETURN TOP