読んドコ!

モッシュ ダイブ はバンドで必須!これさえ知れば盛り上がる!

スポンサードリンク


今度友達に誘われて、
ヘヴィメタルのライブ会場に、
行くことになりました。

友達「モッシュダイブするかもしれない。

  今から燃えちゃう。」

私「はぁ?モッシュダイブ

 何それ?聞いたことないけど?」

友達「あきれた。

  あなたモッシュダイブも知らないで、
  よくへヴィメタのライブに行くわね。

  詳しく教えてあげるから、
  良く聞いてなさい!」

  というわけで、
  友達はモッシュダイブについて、
  説明し始めました。


スポンサードリンク



これがモッシュだ!

ステージ最前線で、暴れまくっている観客を
見たことがありませんか?

モッシュは熱狂的な人たちでおこる、
激しいおしくらまんじゅうです。

パンクロック系の激しい曲のバンドに、
多いようです。

モッシュは主に最前列中央付近から、
中間に掛けて発生しやすいといわれています。

巻き込まれると危険なこともあるので、
できれば避けた方が無難です。

次の動画を見て下さい。

30秒あたりから突然モッシュがはじまり、
巻き込まれていく様子がよくわかります。


モッシュの避け方

モッシュは最初に述べたように、
最前列中央付近に多いので、
場所を取るときは気を付けましょう。

中央より後方なら、
比較的モッシュに巻き込まれずに、
ライブを見ることができます。

ライブが始まると、熱狂的な人が一気に
前の方に集まります。

そのときにつられて、
前方に行かないようにしましょう。

ここで動揺して一緒に行ってしまうと、
モッシュに巻き込まれてしまうことがあります。

後ろなら絶対安全というわけでは、
ありません。

特に高校生~大学生くらいの、
男子が集まっていると、
モッシュが起きやすいです。

脇にいる人の動向にも、
十分注意しましょう。

o06360358140626_mosh-300x168

モッシュでのふるまい方

せっかくライブに行くのだから、
モッシュって怖いけど、
参加してみたいと思うかもしれません。

そういう場合は貴重な経験として、
思い切って参加してみるのも、
悪くありません。

モッシュは基本的には生身の人間同士の、
ぶつかり合いになります。

もみくちゃになって、
エルボーされたり足を踏まれたり、
上から人が降ってくるかもしれません。

時には顔やお腹をを蹴られたり
汗だらけの体がくっつくこともあります。

それもこれも人間同士のふれあいだと思って、
楽しめるのなら参加するのもありです。

もし怖いと思ってみているうちに、
モッシュに巻き込まれてしまったら、
どうしましょう?

その場合はとりあえず、
無理に抜け出そうとしないことです。

周りと同調して身を動かしつつ、
少しずつ外側へはねながら
脱出していきましょう。

ダイブってすごい

もう一つ、バンドのライブでおきるのが
ダイブです。

ダイブは人の頭の上に乗り
コロコロと横に転がっていくことです。

観客が他の観客の頭上に抱えられて、
ステージに上がった後、
客席に飛び込むのもダイブです。

ダイブするときは、
土台になってくれそうな人の肩を叩いて
乗ってもいいか合図します。

オーケーが出たらその人の肩に乗り、
前方へジャンプします。

横に体勢を変えてコロコロ転がって、
終点で受け取ってもらいます。

次の動画を見て下さい。

55秒あたりから観客がダイブしているのが、
分かると思います。



ダイブにはマナーがあります。

マナーを守らなければ危険があります。

ダイバーのマナー

  • 乱暴な上がり方はしない。
  • 上で足をじたばたするのは危険です。

  • 万が一落ちて助けてもらったら、
    感謝しましょう。
  • ダイブは助け合いです。

    次は自分が土台になるかもしれません。

  • ダイブ禁止のライブ会場では、
    ダイブはしない。
  • 人が少ない会場ではダイブしない
  • 重すぎる人はダイブしない。

まとめ

友人のおかげで、
モッシュやダイブについて詳しくなったので、
当日が楽しみになってきました。

何よりもライブを楽しむことが、
第一ですね。

マナーを守り楽しく参加してきたいと、
思います。

とはいえ熱狂しやすいタイプなので、
もしかしてダイブしてしまうかも。

なんだかわくわくです。


スポンサードリンク




あわせて読みたい

おすすめカテゴリー記事

倉庫

RETURN TOP