読んドコ!

救急車を呼ぶ前に!相談ダイヤルを知っておこう!!

スポンサードリンク


普段生活していて、救急車を呼ぶ機会って、
ほとんどありませんよね。

だからこそ、救急車呼んだほうが
いいのではないか、と悩んでしまう事も、
あるのではないでしょうか?

私も、お正月に、親戚で集まった時、
鼻血が止まらなくなった、子供がいたんです。

親戚「救急車呼んだほうが、いいんじゃないかしら?」

私 「相談ダイヤルが、いいと思うわよ?」
親戚「それ、聞いた事あるわ!
   さっそく電話してみましょう」

a0002_000462-300x224

そして、応急処置の方法と、いざという時に、
お正月でも診てもらえる、緊急外来を
教えてもらったんです。

おかげで、安心して過ごすことができました。

小さなお子様がいるご家庭や、
お年寄りと一緒に、生活している場合は、
病気や怪我の、心配事も、多くなると思います。

そんな時のために、知っておきたい、
相談ダイヤルについて、お教えします!


スポンサードリンク



救急相談ダイヤル

救急車を呼ぶ時の番号は、全国
どこからでも、同じ「119番」です。

けれど、相談ダイヤルは、地域ごとに違うんです。

東京都、大阪府、愛知県、奈良県、北海道の
5つの都市では、「♯7119」で、
救急相談センターに、繋がります。

そうすると、救急車が必要かどうか、
どこの病院で診てもらったらいいのか、
詳しく教えてもらえます。

ですが、それ以外の地域には、
対応していないので、どの病院なら
診てもらえるかなど、教えてもらえません!

対応してない地域は、諦めるしかないの?
対応するまで、待つしかないの?

a0002_007480-300x199

実は、地域ごとに、それぞれ独立した、
案内サービスが、あるんです。

たいていは、住んでいる市町村
公式ホームページに、その地域の相談ダイヤルの、
電話番号が記載されています。

24時間対応ではなかったり、休日
設けられている場合もあるので、電話番号と一緒に、
メモしておく事を、オススメします。

小児救急電話相談ダイヤル

大人と違い、子供はよく鼻血を出したり、
熱を出したりしますよね。

そんな、子供専用相談ダイヤルも、あるんです!

これは、全国どこでも、同じ番号なので、
お子様がいるのなら、覚えておいて損はありません。

短縮ダイヤル♯8000」で、
小児救急電話相談に、つながります。

「♯8000」から、住んでいる地域
専門窓口に、転送される仕組みなんですよ。

しかも、救急車が必要かどうかだけでなく、
小児科の先生や、看護師さんたちが、
対処方法のアドバイスも、してくれます。

子育てに不安を抱える、どのご家庭にも
対応してくれるので、新米ママさん、パパさんは、
覚えておくことを、オススメします。

ですが、これも地域によって、対応外の時間や、
休日があるので、それも一緒に
メモしておいた方がいいでしょう。

最後に

いざ相談ダイヤルにかけたけれど、繋がらない、
そんな事も、あるかと思います。

インターネットを介するIP電話や、
緊急には使えないとされる、番号からは、
繋がらないんですよ。

webで無料通話ができる、Skype
LINE通話などが、代表例ですね。

携帯電話の、一般的な通話サービスを、
使ったほうが確実です。

a0001_004014-300x198

また「119番」でも、救急車が
必要かどうか、教えてくれるんです。

おじいちゃんが倒れたから、慌てて119番に
電話したけれど、意識ははっきりしてる!

そんな場合でも、どういう状況で倒れたのか、
今はフラフラしていないか、詳しく説明すると、
危ないと判断して、駆けつけてくれる事もあります。

タクシー代わりに、救急車を使うという、
良くない話を、耳にする事もあります。

ですが、本当に困った場合は、
迷わずに、相談ダイヤルなどに、
連絡することをオススメします。


スポンサードリンク




あわせて読みたい

おすすめカテゴリー記事

倉庫

RETURN TOP