読んドコ!

万年筆のおすすめメーカー!一本は欲しい厳選ベスト5!!

スポンサードリンク


万年筆というとどんなイメージがありますか?

私がとても小さな頃、私の母は、
万年筆で家計簿をつけていました。

それからしばらく、
万年筆を目にすることはありませんでしたが、

社会人になってから、
私の所属する部署の部長
いつも万年筆を胸のポケットに入れていて、

会議中にちょっと取り出してメモを取るところが
とてもスマートで素敵でした。

それもあってか、私にとって万年筆は
高級紳士の持ち物
そして、どこかノスタルジックなイメージです。

bad430bb7092b86d7d8a4e6f963f52db-300x210

高級手が出ないイメージがある万年筆ですが、
ドイツでは子供の頃から万年筆を使用しているそうですし、

最近では1000円程度で手に入る、
低価格の万年筆も販売されています。

そんな万年筆、買うならどこのメーカーがおすすめか
ご紹介します。


スポンサードリンク



モンブラン

1906年にドイツで生まれた、
万年筆の最高峰モンブラン。

万年筆に詳しくない人でも
一度は耳にしたことがある名前だと思います。

モンブランの標高「4810」が
シンボルとしてペン先に刻印されています。

価格帯は高めですが、どれも一生使える逸品です。
手にしっくりと馴染み、

「万年筆は書きにくい」というイメージを払しょくするくらい
抜群の書き味です。

価格帯は50,000円~350,000円

代表的な商品は
マイスターシュテック
スターウォーカー
ボエム

ba2ced1c193bc1032df49eb811531266-300x200

ペリカン

1832年、ドイツのインクメーカーだったペリカン社が
筆記具の製造を開始しました。

実用性を重視した商品が多く、
価格帯も幅広いため、大人から子どもまで
ユーザーの幅も広いのが特徴です。

価格帯は1,620円~70,000円

代表的な商品は
スーベレーン
ペリカーノ
トレド

00eec2c010ce7f493ea7dbaaa95a627d-300x200

パイロット

1918年創業、世界的にも有名な国内メーカーです。

品質が安定していてはずれがなく、
商品の種類が豊富です。

基本的に国内産の万年筆は、
画数の多い文字を書くことを前提としているため
日本人に使いやすく設計されています

日本の文字の特徴である「とめ」、「はね」、「はらい」
もきれいに表現できます。

価格帯は1,080円~200,000円

代表的な商品は
プレラ
エラボー
エリート

パーカー

パーカーは1889年創業の老舗で、技術力が高く
斬新な商品が多いことで知られています。

また、デザインも独特なものが多いです。

今は万年筆でもボールペンでもない、
まったく新しい第5世代のペン「5th Parker シリーズ」
が高い評価を得ています。

価格帯は5,000円~80,000円

代表的な商品は
インジュニュイティ
ソネット
IMプレミアム

nib-1066858_640-300x196

ウォーターマン

ウオーターマンは世界で初めて万年筆を作った会社です。
もともとアメリカで生まれた会社ですが、
倒産しフランスの会社に買収されました。

ウオーターマンの万年筆の特徴は、
ペン先が硬く、軸が他メーカーの商品よりも
重いため、万年筆初心者に向いています。

万年筆に使い慣れていない人は
ペンを立てて使うことが多く、
また、筆圧も強いためです。

価格帯は10,000円~100,000円

代表的な商品は
カレン
エキスパート
パースペクティブ

796938a8120322c70a19aa8050ed6534

まとめ

お気に入りのメーカー、見つけることは出来ましたか?

ちなみに私はパイロットグランセを使用しています。
デザインがシンプルかつスマートで、
何より書き味が滑らかなのが気に入っています。

使わないときはデスクのトレーに載せて
インテリアとしても使っています。

パソコンやスマートフォンを使用する機会が多く、
ほとんど手書きの機会がなくなった今こそ、
一本持っていたい万年筆

ここぞという所で使えたらいいですよね。


スポンサードリンク




あわせて読みたい

おすすめカテゴリー記事

倉庫

RETURN TOP